ニュース
» 2009年04月15日 16時40分 公開

シリアスゲーム売上の一部が、先日のイタリア中部地震の義援金に日々是遊戯

先日のイタリア中部地震を受け、シリアスゲームの開発を専門に行うPCゲームメーカー・SGラボは、地震災害を題材としたシリアスゲーム「D-Moment巨大地震編」の売上の一部を、義援金として寄付すると発表した。

[池谷勇人,ITmedia]

もしもの備えに、シリアスゲーム

「D-Moment巨大地震編」の公式サイト

 去る4月6日、イタリア中部地方を突如襲ったマグニチュード6.3の大地震。これを受け、スクウェア・エニックスと学研の合弁会社「SGラボ」は、同社のWindows用シリアスゲームD-Moment巨大地震編」の売上金額の一部を同地震の義援金にあてることを発表した。

 4月10日から5月31日までの期間中、Amazon.co.jpにて同ソフトを購入すると、その販売金額の20%が義援金として寄付される仕組み。シリアスゲームの開発を専門に行う同社らしい、ユニークな試みとして注目を集めそうだ。

 ところでこの「シリアスゲーム」という言葉、もしかすると今回のニュースではじめて耳にした――という人も多いのでは。元々は北米発祥の言葉で、一言で言うなら「娯楽目的ではなく、教育や医療などの分野に役立てる目的で開発されたゲーム」といったところ。北米ではシリアスゲーム専門の開発会社がすでに百社以上あり、すでに娯楽以外のさまざまな分野で、ゲームが活用されはじめていると言う。最近では日本でも、ニンテンドーDSを英語教育に取り入れるなどの動きが広がってきているが、これも一種のシリアスゲームと言えるだろう。ちなみにもっと詳しく知りたい人は、「ゲームとアカデミーの素敵なカンケイ(第3回)」を参考にしていただきたい。

 今回取り上げた「D-Moment巨大地震編」は、その名のとおり地震災害時における心構えや、対策方法を身につけることを目的に作られたシリアスゲーム。ゲームはテキストアドベンチャー形式で進行していき、それぞれ立場の異なる5人の主人公を通じて、大地震発生から12時間のサバイバルを描いていく。ゲーム中には、随所にプレイヤーの決断を迫るシーンや、地震発生時に役立つTIPSなどが挿入され、すべてのエンディングを見終わるころには地震に関する正しい知識が蓄積されているという流れ。

 価格も1575円(税込)と安く、もしもの時の備えとして、一度遊んでおいても損はないかもしれない。ブラウザ上でそのままプレイ可能な無料体験版も用意されているので、興味がある人はお試しを。

公式サイトでは、ゲーム序盤を収録した無料体験版もプレイ可能
エレベーターでの移動中、突然の大地震がプレイヤーを襲う
随所に挿入されるTIPSにもしっかり目を通しておこう
(C) 2009 SG lab Inc. All Rights Reserved.


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2106/12/news047.jpg 冨永愛、タクシー乗車中の事故でムチウチに 痛々しい写真公開「もし、シートベルトをしていなかったら…もっとひどい事に」
  2. /nl/articles/2106/11/news125.jpg オーブンレンジが大量に吐血!? “事件現場”にシャープも反応「ご愛用ありがとうございますが自首してください」
  3. /nl/articles/2106/10/news102.jpg 岡田義徳、0歳次男がRSウイルス感染で緊急入院 涙を流した妻・田畑智子に「一番しんどいだろうな」
  4. /nl/articles/1809/17/news031.jpg 「お前ホットケーキなんだよな?」 フライパンにしか見えないホットケーキが生成され戸惑うTwitter民
  5. /nl/articles/2106/12/news013.jpg 先輩犬に怒られた柴犬さんの表情とポーズに爆笑! 「犬ってこんな顔できるの?」「アニメみたいw」の声
  6. /nl/articles/2106/11/news143.jpg 「新垣結衣さんとランチ」 小籔千豊、突然の報告にファンのツッコミが響き渡る「そっちかーーい!」「ガッキーなのは事実やけど」
  7. /nl/articles/2106/06/news003.jpg 透明標本を作るために2カ月カニの甲羅を煮込んでいたら包丁が完成 「ゾッとする」「やっぱり狂ってる」と大人気に
  8. /nl/articles/2106/11/news136.jpg 壇蜜、五輪聖火ランナー姿に“随分やつれてる”と心配の声 祖母逝去の精神的ダメージを告白「目まい結構ひどくって」
  9. /nl/articles/2106/12/news007.jpg 「なんだその髪色は」 → 「疑ってすまなかった(涙)」 怖そうでみんなに好かれる体育教師の漫画がギャップ萌え
  10. /nl/articles/2105/25/news027.jpg 髪の長い女子生徒をその場で散髪……と思ったら? “厳しすぎる生徒指導”の漫画が予想外に良い話

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  2. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」
  3. 熊田曜子、“離婚決意”後初の動画で銀座ホステスに 「極妻」の不用意発言に苦言も
  4. 「お」「ま」「ち」「こ」「う」「ん」の文字が書かれたダイスを振って役を作る神ゲー「んこダイス」登場 → 「ドラクエ」を抜いてSteam売上1位に
  5. 注射前は“無”の表情だったワンコ、帰りの車では…… 無敵になったワンコの表情ビフォーアフターが面白い
  6. めちゃくちゃ煽ってくる「GR スープラ」を捉えた1枚の写真が話題に モニターに映し出される「ようこそ、親の脛かじりさん」イタズラ 仕掛け人は父親
  7. 美術館に侵入する黒猫と警備員の攻防戦、4年の時を経て…… 「また来たニャ」な猫ちゃんと優しいスタッフのやりとりがあたたかい
  8. 子猫「おねがい、おねがい!」 ごはんの前でおねだりをする子猫ちゃんがかわいい!
  9. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  10. 「1万曲入りiPodをオークションに出したら飛ぶように売れた」 宮下崇『連続起業家のTHEORY』が物議、会社側は「事実確認中」

先月の総合アクセスTOP10