格差社会の恐ろしさが分かる、「人生ゲーム極辛」遊んでみました日々是遊戯

「百年に一度の大不況」と呼ばれる世相を反映し、あの「人生ゲーム」が「極辛」になって登場! ということで、さっそく遊んでみましたよ。

» 2009年04月24日 20時14分 公開
[池谷勇人,ITmedia]
※本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

まさしく人生の縮図

「人生ゲーム極辛」のパッケージ。価格は3990円(税込)

 4月23日にタカラトミーより発売となった、おなじみ「人生ゲーム」シリーズの最新バージョン「人生ゲーム極辛」。“百年に一度の大不況”と言われる昨今の世相を反映し、就職難やリストラ、株価暴落といった世知辛いイベントを多数盛り込んだ、まさに「極辛」仕様な人生が体験できてしまう今作。さっそくメンバーを集めて遊んでみました。

 今回「極辛」な人生に挑んだのは筆者と、日々是担当編集のK氏、そして「家が近所」という理由だけで呼び出された、某ライバル媒体のM氏の3人。ちょっとした媒体対抗戦みたいな感じになっていますが、とにかく今回はこのメンバーで行くことに。それぞれ自分が乗る車の色を決め、銀行から8000ドルを受け取ったら、いよいよ長く過酷な人生のはじまりです。

 まずは序盤、職業を決めるルート選択では、筆者とK氏が「ビジネスコース」を、M氏が「専門職コース」を選択。“シリーズ史上もっとも就職が難しい”と言われる本作ですが、筆者とK氏は手堅くビジネスマンに、M氏も運良くホテルマンに就職することに成功し、まずは3人ともホッと一安心。ちなみにここでもし就職できないと、もれなくフリーター街道まっしぐらとなりますが、今回は残念ながら犠牲者なし。

 しかしもちろん、そう簡単にはいかないのが「極辛」の「極辛」たるゆえん。無事に就職できて喜んだのもつかの間、今度は「カレーうどんの汁がネクタイにはねる」「終日届く迷惑メールに疲労困ぱい」といった「ストレスマス」に止まりまくってしまい、とうとう筆者のストレスが大爆発。今作では新たに“ストレスが溜まりすぎると罰金2万+1回休み”というルールが加わっていて、これがけっこうシビア。手持ちのお金では罰金に足りず、まずは筆者がいきなりの借金生活に突入。さらに続いてK氏もストレスの餌食となり、ITmediaコンビは二人そろって借金地獄に陥るハメに。トホホ……。一方、なぜか奇跡的な出目運でストレスマスを回避し続けたM氏は、早々にホテルマンからホテル王へとランクアップ。一気に上流階級の仲間入りを果たし、ITmediaコンビを引き離しにかかります。

 そして中盤、結婚&家購入という一大イベントも終え、いよいよ「極辛」最大のヤマ場とも言える「スパイラルゾーン」へと突入。ここは突入時のストレスによって「ハードコース」と「ノーマルコース」のどちらかに分岐する恐ろしいエリアで、相変わらずストレスフルなITmediaコンビはめでたくハードコース送りが決定。ノーマルコースをのんびり進んでいくM氏を横目に、ひいひい言いながらハードコースを進んでいきます。ル、ルーレットを回すたびにお金が飛んでいく……。ちくしょう、これが格差社会というやつか!!

 結局、なんとかスパイラルゾーンは抜けたものの、ITmediaコンビはここで貴重な資金をさらに消耗。一方、ノーマルコースを進んだM氏は、給料はハネ上がるわボーナスは出るわでウハウハ状態に。その後もなんとか追いつこうと奮闘したものの力及ばず、最終的には1位M氏、2位K氏、そして筆者がビリという結果でゲーム終了となったのでした。ちなみに総資産は、M氏が約120万ドル、K氏が約40万ドル、そして筆者が約25万ドルといったところ。ITmediaコンビ、二人合わせてもM氏に勝てませんでした……。というかM氏、聞くところによれば実は「人生ゲーム」初体験だったとか。な、なんという屈辱……。

 さすがに「極辛」というだけあって、ドツボにハマった時のやるせなさは相当なもの。それでも今回は全員、かろうじて職にはありついていたためまだマシだった方。これでもし筆者やK氏がフリーターだったらと思うとぞっとします。

 また一方で、M氏のようにいったん「勝ち組」の波に乗ってしまいさえすれば、正反対の「極甘」な人生が送れたりもするあたり、現在の「格差社会」を如実に表しているよう。同様に、「勝ち組」「負け組」がはっきり分かれる「スパイラルゾーン」も、突入前後の盛り上がりは相当なもの。人生の縮図をリアルに感じられるという意味で、まさしく「人生ゲーム」の名にふさわしい作品と言えるかもしれません。

「その場の空気が読めず大失敗」「落書きされた世界遺産の修復に寄付」など、時事ネタをうまく織り込みつつ、マイナス効果なのについつい笑ってしまうマス目の文言も秀逸。大人も子供も楽しめるパーティーゲームとして、たまには家族や友達と遊んでみてはいかがですか?

8000ドルを持ってゲームスタート!
ストレスを溜めすぎると大変なことに……
一発逆転のギャンブル要素も

人生最大のヤマ場とも言えるスパイラルゾーン
なかなか終わらない悪夢のスパイラル……悲惨
ようやくゴール! 3人でプレイ時間は1時間強

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2404/23/news011.jpg 祖母から継いだ築80年の古家で「謎の箱」を発見→開けてみると…… 驚きの中身に「うわー!スゴッ」「かなり高価だと思いますよ!」
  2. /nl/articles/2404/21/news011.jpg 小1娘、ペンギンの卵を楽しみに育ててみたら…… 期待を裏切る生き物の爆誕に「声出して笑ってしまったw」「反応がめちゃくちゃ可愛い」
  3. /nl/articles/2404/22/news167.jpg トリンドル玲奈の結婚相手は誰? 2024年に2歳年下俳優と結婚発表、ラブラブ2ショットを公開
  4. /nl/articles/2404/22/news019.jpg 柴犬が仮設住宅に入ると、布団に隠れた大好きなお姉ちゃんが! 被災した柴犬が見せた最高の笑顔に「こちらまで幸せな気持ちになります」
  5. /nl/articles/2404/23/news029.jpg パパがヒゲをそって大ショックな息子の反応が3600万再生 予想外な落ち込みように両親苦笑い【海外】
  6. /nl/articles/2404/22/news016.jpg 【今日の計算】「2+13×2−6」を計算せよ
  7. /nl/articles/2404/22/news142.jpg 「人生で一度は見てほしい」「息をのむ美しさ」 この世のものと思えない幻想的な“一本桜”に15万いいねの大反響
  8. /nl/articles/2404/23/news010.jpg 元パティシエ直伝、スライスチーズを使う激ウマ蒸しパンが209万再生! あまりのおいしさに「秒でなくなった笑」の声も
  9. /nl/articles/2404/23/news033.jpg 赤ちゃん、寝起きの儀式が全てむちむちかわいい 4部作のポーズに「至高です」「しあわせやぁ〜」
  10. /nl/articles/2404/11/news023.jpg 5歳と4歳の兄弟が“子どもしか入れないパン屋”に挑戦 緊張して待つ母に見せた誇らしげな表情が370万再生「子どもも親もワクワクドキドキ」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 小1娘、ペンギンの卵を楽しみに育ててみたら…… 期待を裏切る生き物の爆誕に「声出して笑ってしまったw」「反応がめちゃくちゃ可愛い」
  2. 富山県警のX投稿に登場の女性白バイ隊員に過去一注目集まる「可愛い過ぎて、取締り情報が入ってこない」
  3. 2カ月赤ちゃん、おばあちゃんに少々強引な寝かしつけをされると…… コントのようなオチに「爆笑!」「可愛すぎて無事昇天」
  4. 異世界転生したローソン出現 ラスボスに挑む前のショップみたいで「合成かと思った」「日本にあるんだ」
  5. 【今日の計算】「8+9÷3−5」を計算せよ
  6. 21歳の無名アイドル、ビジュアル拡散で「あの頃の橋本環奈すぎる」とSNS騒然 「実物の方が可愛い」「見つかっちゃったなー」の声も
  7. 1歳赤ちゃん、寝る時間に現れないと思ったら…… 思わぬお仲間連れとご紹介が「めっちゃくちゃ可愛い」と220万再生
  8. 業務スーパーで買ったアサリに豆乳を与えて育てたら…… 数日後の摩訶不思議な変化に「面白い」「ちゃんと豆乳を食べてた?」
  9. 祖母から継いだ築80年の古家で「謎の箱」を発見→開けてみると…… 驚きの中身に「うわー!スゴッ」「かなり高価だと思いますよ!」
  10. 「ゆるキャン△」のイメージビジュアルそのまま? 工事の看板イラストが登場キャラにしか見えない 工事担当者「狙いました」
先月の総合アクセスTOP10
  1. フワちゃん、弟の結婚式で卑劣な行為に「席次見て名前覚えたからな」 めでたい場でのひんしゅく行為に「プライベート守ろうよ!」の声
  2. 親が「絶対たぬき」「賭けてもいい」と言い張る動物を、保護して育ててみた結果…… 驚愕の正体が230万表示「こんなん噴くわ!」
  3. 水道検針員から直筆の手紙、驚き確認すると…… メーターボックスで起きた珍事が300万再生「これはびっくり」「生命の逞しさ」
  4. フワちゃん、収録中に見えてはいけない“部位”が映る まさかの露出に「拡大しちゃったじゃん」「またか」の声
  5. スーパーで売れ残っていた半額のカニを水槽に入れてみたら…… 220万再生された涙の結末に「切なくなった」「凄く感動」
  6. 桐朋高等学校、78期卒業生の答辞に賛辞やまず 「只者ではない」「感動のあまり泣いて10回読み直した」
  7. 「これは悲劇」 ヤマザキ“春のパンまつり”シールを集めていたはずなのに…… 途中で気づいたまさかの現実
  8. 「ふざけんな」 宿泊施設に「キャンセル料金を払わなくする方法」が物議 宿泊施設「大目に見てきたが厳格化する」
  9. がん闘病中の見栄晴、20回以上の放射線治療を受け変化が…… 「痛がゆくなって来ました」
  10. 食べ終わったパイナップルの葉を土に植えたら…… 3年半後、目を疑う結果に「もう、ただただ感動です」「ちょっと泣きそう」