ニュース
» 2009年04月24日 20時14分 公開

日々是遊戯:格差社会の恐ろしさが分かる、「人生ゲーム極辛」遊んでみました

「百年に一度の大不況」と呼ばれる世相を反映し、あの「人生ゲーム」が「極辛」になって登場! ということで、さっそく遊んでみましたよ。

[池谷勇人,ITmedia]

まさしく人生の縮図

「人生ゲーム極辛」のパッケージ。価格は3990円(税込)

 4月23日にタカラトミーより発売となった、おなじみ「人生ゲーム」シリーズの最新バージョン「人生ゲーム極辛」。“百年に一度の大不況”と言われる昨今の世相を反映し、就職難やリストラ、株価暴落といった世知辛いイベントを多数盛り込んだ、まさに「極辛」仕様な人生が体験できてしまう今作。さっそくメンバーを集めて遊んでみました。

 今回「極辛」な人生に挑んだのは筆者と、日々是担当編集のK氏、そして「家が近所」という理由だけで呼び出された、某ライバル媒体のM氏の3人。ちょっとした媒体対抗戦みたいな感じになっていますが、とにかく今回はこのメンバーで行くことに。それぞれ自分が乗る車の色を決め、銀行から8000ドルを受け取ったら、いよいよ長く過酷な人生のはじまりです。

 まずは序盤、職業を決めるルート選択では、筆者とK氏が「ビジネスコース」を、M氏が「専門職コース」を選択。“シリーズ史上もっとも就職が難しい”と言われる本作ですが、筆者とK氏は手堅くビジネスマンに、M氏も運良くホテルマンに就職することに成功し、まずは3人ともホッと一安心。ちなみにここでもし就職できないと、もれなくフリーター街道まっしぐらとなりますが、今回は残念ながら犠牲者なし。

 しかしもちろん、そう簡単にはいかないのが「極辛」の「極辛」たるゆえん。無事に就職できて喜んだのもつかの間、今度は「カレーうどんの汁がネクタイにはねる」「終日届く迷惑メールに疲労困ぱい」といった「ストレスマス」に止まりまくってしまい、とうとう筆者のストレスが大爆発。今作では新たに“ストレスが溜まりすぎると罰金2万+1回休み”というルールが加わっていて、これがけっこうシビア。手持ちのお金では罰金に足りず、まずは筆者がいきなりの借金生活に突入。さらに続いてK氏もストレスの餌食となり、ITmediaコンビは二人そろって借金地獄に陥るハメに。トホホ……。一方、なぜか奇跡的な出目運でストレスマスを回避し続けたM氏は、早々にホテルマンからホテル王へとランクアップ。一気に上流階級の仲間入りを果たし、ITmediaコンビを引き離しにかかります。

 そして中盤、結婚&家購入という一大イベントも終え、いよいよ「極辛」最大のヤマ場とも言える「スパイラルゾーン」へと突入。ここは突入時のストレスによって「ハードコース」と「ノーマルコース」のどちらかに分岐する恐ろしいエリアで、相変わらずストレスフルなITmediaコンビはめでたくハードコース送りが決定。ノーマルコースをのんびり進んでいくM氏を横目に、ひいひい言いながらハードコースを進んでいきます。ル、ルーレットを回すたびにお金が飛んでいく……。ちくしょう、これが格差社会というやつか!!

 結局、なんとかスパイラルゾーンは抜けたものの、ITmediaコンビはここで貴重な資金をさらに消耗。一方、ノーマルコースを進んだM氏は、給料はハネ上がるわボーナスは出るわでウハウハ状態に。その後もなんとか追いつこうと奮闘したものの力及ばず、最終的には1位M氏、2位K氏、そして筆者がビリという結果でゲーム終了となったのでした。ちなみに総資産は、M氏が約120万ドル、K氏が約40万ドル、そして筆者が約25万ドルといったところ。ITmediaコンビ、二人合わせてもM氏に勝てませんでした……。というかM氏、聞くところによれば実は「人生ゲーム」初体験だったとか。な、なんという屈辱……。

 さすがに「極辛」というだけあって、ドツボにハマった時のやるせなさは相当なもの。それでも今回は全員、かろうじて職にはありついていたためまだマシだった方。これでもし筆者やK氏がフリーターだったらと思うとぞっとします。

 また一方で、M氏のようにいったん「勝ち組」の波に乗ってしまいさえすれば、正反対の「極甘」な人生が送れたりもするあたり、現在の「格差社会」を如実に表しているよう。同様に、「勝ち組」「負け組」がはっきり分かれる「スパイラルゾーン」も、突入前後の盛り上がりは相当なもの。人生の縮図をリアルに感じられるという意味で、まさしく「人生ゲーム」の名にふさわしい作品と言えるかもしれません。

「その場の空気が読めず大失敗」「落書きされた世界遺産の修復に寄付」など、時事ネタをうまく織り込みつつ、マイナス効果なのについつい笑ってしまうマス目の文言も秀逸。大人も子供も楽しめるパーティーゲームとして、たまには家族や友達と遊んでみてはいかがですか?

8000ドルを持ってゲームスタート!
ストレスを溜めすぎると大変なことに……
一発逆転のギャンブル要素も

人生最大のヤマ場とも言えるスパイラルゾーン
なかなか終わらない悪夢のスパイラル……悲惨
ようやくゴール! 3人でプレイ時間は1時間強

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2007/13/news009.jpg 犬「わーい!」飼い主「あああああ!!!」 全力で泥水に突っ込むゴールデンレトリバーに絶叫する飼い主が面白い
  2. /nl/articles/1808/22/news101.jpg 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  3. /nl/articles/2007/11/news038.jpg 「これは神の料理ですか!?」 レンジで作る「豚肉と大葉の茄子サンド」がうますぎて無限ビール案件
  4. /nl/articles/1809/03/news057.jpg 「稟議=りんぎ」「消耗=しょうもう」ではない? 現代人には分からない“漢字の本来の読み方”
  5. /nl/articles/2007/12/news005.jpg 子猫におっぱいをあげるオス猫さん……! 子猫がやってきて母性が目覚めた猫ちゃんのエピソードにほっこり
  6. /nl/articles/2007/12/news038.jpg 査読時に「ポンコツ博士でごめんね」と泣く 論文が受理されるまでの苦悩描いたパネル「ろんぶんができるまで」が学者あるあるで泣けて笑える
  7. /nl/articles/2007/12/news028.jpg 総額いったい何十億円だこれ!? 米クルマ好きおじさんが公開したガレージがドリームすぎる 億超えスーパーカーずらり
  8. /nl/articles/2007/13/news127.jpg 「お前を消す方法」でおなじみの“Excelイルカ”、最新版でも予想外の場所で生存が確認される 「なつかしい」「再雇用枠か」
  9. /nl/articles/2007/13/news002.jpg 子どもにジュース買おうとしたら「わたしたち無課金勢なので」と断られる 善意が理不尽となって返ってくる「耐え子の日常」ー子ども&動物編ー
  10. /nl/articles/2007/12/news007.jpg 愛猫と「何かが通じた…!」と感じる瞬間 猫との会話を楽しむ飼い主の漫画に共感の嵐