「ITmedia Gamez」は2011年3月31日をもって終了しました。今後のゲーム情報については、「ITmedia ガジェット」をご活用頂ければ幸いです。



ゲイムマンの「レトロゲームが大好きだ」:「龍虎の拳」は100メガショックと言わざるを得ない (2/3)

「『覇王翔吼拳』を使わざるを得ない」

 「龍虎の拳」(SNK)は、1992年にネオジオで登場した対戦格闘ゲーム。SNKでは、ちょうど1年前に発売された「餓狼伝説」が人気となっていたが、「龍虎の拳」は「餓狼伝説」とはまた違った、数々の特徴を持っている。

 まずもっとも目立つ特徴は、キャラクター同士の距離が離れると、カメラが引くように遠くから見たグラフィックになり、近づくと、寄りの映像になること。ネオジオの性能の高さと、豊富なデータ量があってこその演出といえるだろう。

wk_090428rk07.jpg Wiiバーチャルコンソールで撮影。お互いの距離が離れると、キャラはこれだけ小さくなる
wk_090428rk08.jpg 近づくとこんなに大きくなって、迫力満点。ダメージを受けると顔がはれていくのも衝撃的だった

 ゲームシステム面では、各キャラクターに、体力のほかに気力というパラメータ(能力値)が設定されていることが特徴的。必殺技を使うごとに気力が減っていき、気力がなくなると必殺技が出せなくなったり、極端に弱くなったりする。いわば必殺技が、RPGの魔法のような存在になっているのだ。減った気力は、パンチかキックのボタンを押し続けると回復するが、当然その間は無防備になってしまう。

 こういうシステムなので、むやみやたらと必殺技を連発できない。そのかわり必殺技の威力は高く、当てると相手の体力をかなり減らせる。

 もう1つ特筆すべきは、“超必殺技”の存在。通常の必殺技より難しいコマンドと強い威力を持つ、超必殺技「覇王翔吼拳」が存在する。ただし、1人プレイでは最初から覇王翔吼拳を使うことはできず、ゲーム中のボーナスエリアで、ミニゲーム「超必殺技伝授」に成功してから使えるようになる。

 さらにその上に、「龍虎乱舞」という隠し超必殺技まであった。発売当初は、龍虎乱舞のコマンドを発見したプレイヤーに、オリジナルトランプをプレゼントするというキャンペーンがあった。

wk_090428rk09.jpg 体力ゲージの下にあるのが気力ゲージ。Dボタンを押すと相手を挑発し、相手の気力を減らすことができる
wk_090428rk10.jpg 超必殺技伝授では、覇王翔吼拳のコマンドを制限時間内に規定回数入力できれば成功となる

「くやしいけれど……私の負けよ……」

wk_090428rk11.jpg ストーリーモードでは1人倒すたびに、次の場所への移動シーンが挿入される。この写真のセリフは最近、パロディーに使われて話題となっている

 対戦格闘ゲームにしてはストーリー性が強いのも、「龍虎の拳」の特徴だ。特に1人プレイは「ストーリーモード」と名づけられており、登場する10人のキャラクターのうち、主人公格2人のどちらかしか選べない。“無敵の龍”リョウ・サカザキと、“最強の虎”ロバート・ガルシアだ。2人は、何者かにさらわれた、リョウの妹・ユリを探すことになる。

 情報を聞き出すには、相手と戦って勝たなくてはならない。リョウの必殺技は、飛び道具の虎煌拳と、相手にパンチを連打する暫烈拳。ロバートの方は飛び道具の龍撃拳と、キックを連打する幻影脚。さらに2人共通の必殺技として、飛び蹴りの飛燕疾風脚、対空パンチのビルドアッパー、そして前述の超必殺技、覇王翔吼拳と龍虎乱舞がある。

 ……“無敵の龍”の必殺技が“虎煌拳”で、“最強の虎”の必殺技が“龍撃拳”。逆じゃないのか? と当時よく言われた。一応、「虎をうやまう拳」「龍を撃つ拳」なんだそうだ。

 ストーリーモードではまず、古武術を使う日本人ストリートファイター、藤堂竜白(りゅうはく)と対決。必殺技は重ね当て1つだけだが、この時点ではリョウ、ロバートも覇王翔吼拳が使えないので意外ときつい。

 続いて、不良グループBLACK CATのボスで巨漢のジャック・ターナーを倒すと、ボーナスエリアに入る。ここで覇王翔吼拳を覚えられる。次は仮面の拳法家で漢方医のリー・パイロン。

 その次は、レストラン「ラ・モール」の用心棒でムエタイ使いのキング。キングが地上にいるときに必殺技でKOすると、キングの衣服が破れ、女性であることが明らかになる。

wk_090428rk12.jpg 重ね当てひと筋の藤堂竜白。この技に集中して鍛錬しているだけあって、重ね当てはけっこう強い
wk_090428rk13.jpg キングを必殺技でKOするとこうなる。“脱衣KO”と呼ばれた
wk_090428rk14.jpg 普通のKOと必殺技KOとでは、戦闘後のキングのグラフィックやセリフも変わる

 さらに、ボクサーのミッキー・ロジャース、海軍教官のジョン・クローリーに勝つと、遂に黒幕のMr.ビッグと戦うことになる。2本の棍棒を使う強敵だ。そしてMr.ビッグを倒すと、最後に、Mr.カラテと名乗る、天狗の面をつけた空手家との戦い。リョウやロバートとよく似た技を使うMr.カラテは強敵だけど、勝利すればユリを救出できる……はず。

wk_090428rk15.jpg リョウやロバートが各キャラクターと戦う前の会話、というか挑発合戦も見ものだった
wk_090428rk16.jpg Mr.ビッグはクロスダイビングなどの必殺技を持つが、「龍虎の拳」ではまだジャンプができなかった
wk_090428rk17.jpg Mr.カラテが、なぜリョウやロバートと似た技を使うのかは、「龍虎の拳2」などで明らかになる

「その人は……その人は、私たちの……」

 「龍虎の拳」は現在、Wiiのバーチャルコンソールで配信されている。わたしもダウンロードしてプレイしてみた。昔けっこうこのゲームが好きだったのだが、今やってみるとかなり難しくて、なかなか先のステージへ進めない。

 バーチャルコンソール版は、家庭用ネオジオ版を移植したものだから、コンティニューは3回までしかできない。難易度は4段階から選べるのだが、イージーレベルでプレイしても、Mr.ビッグあたりでコンティニュー回数が尽きてしまった。エンディングを見ていないから、さっき「勝利すればユリを救出できる……はず」と書いたのだ。

wk_090428rk18.jpg プレイステーション 2版の画面。Wiiバーチャルコンソール版にあった、残りクレジット数(コンティニューできる回数)の表示がない

 しかし何とかエンディングを見たいので、プレイステーション 2版を買ってきた。「龍虎の拳」のPS2版「龍虎の拳〜天・地・人〜」は、「ネオジオオンラインコレクション」の1作として、2006年にSNKプレイモアから発売された。「龍虎の拳」と、続編の「龍虎の拳2」「ART OF FIGHTING 龍虎の拳外伝」がセットになっている。

 こちらではコンティニュー回数に制限がない。何度も何度もやられてはコンティニューを繰り返し、遂にMr.カラテ戦にこぎつけた。……でも、何度やってもMr.カラテが倒せない。

 Mr.カラテの写真が撮れたからいいか、とも思ったが、何とかエンディングを見たいので、今度はスーパーファミコン版をプレイ(発売元:ケイ・アミューズメントリース)。人気の高かった「龍虎の拳」は、当時の家庭用ゲーム機に次々と移植された。スーパーファミコン版のほか、メガドライブ版、PCエンジン版もある。

 スーパーファミコン版の特徴は、すべてのキャラクターに隠し超必殺技があることと、Mr.ビッグとMr.カラテが無条件で使えるということ(ネオジオ版でこの2人を使うには、ある条件を満たすことが必要だった)。

 そしてもう1つ、ネオジオ版との大きな違いがある。エンディングだ。ネオジオ版では、リョウまたはロバートがMr.カラテにとどめを刺そうとしたところで、ユリが止めに入り、「その人は、私たちの……」と言いかけたところで終わってしまう。

 それに対しスーパーファミコン版では、Mr.カラテの正体が、リョウとユリの父・タクマであることが明かされ、タクマが「餓狼伝説」の最終ボス、ギース・ハワードに利用されていたことが分かる。スーパーファミコン版は、ネオジオで「龍虎の拳2」が登場する前に発売されたので、「龍虎の拳2」での設定とは、ほんの少し違いがある。

wk_090428rk19.jpg スーパーファミコン版の画面。16メガビットだが、一応ズームイン・ズームアウトも再現されている
wk_090428rk20.jpg エンディング画面。ここまではネオジオ版と共通だが……
wk_090428rk21.jpg スーパーファミコン版ではその後、Mr.カラテ(タクマ)の口から事件の全貌が語られる


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.