ニュース
» 2009年05月20日 13時25分 公開

「百合ームコロッケ」の名曲たちに水原薫さんも感極まった「喰霊-零- THE LIVE」(1/2 ページ)

人気アニメ「喰霊-零-」のファンイベント、「喰霊-零- THE LIVE」が5月3日に開催された。チケットにプレミアもついたイベントの模様をリポートする。

[ふじたけ,ITmedia]

 人気アニメ「喰霊-零-」(がれい ぜろ)のファンイベント、「喰霊-零- THE LIVE」が5月3日、東京・渋谷のSHIBUYA-AXで開催された。喰霊-零-は「月刊少年エース」(角川書店)で連載されている、シリーズ累計200万部の瀬川はじめ氏による放課後対魔アクションコミック「喰霊」を原作としたスピンオフ作品。“零”と銘打つだけあって、時系列としてはコミックの過去にあたる物語が展開され、その素晴らしい出来栄えはアニメファンのみならず、全国の百合好きを悶えさせた。

 アニメは2008年10月から12月の放映だったため、半年近くの時間が空いたにもかかわらずチケットは即完売、プレミアがつくほどに。当日は約2千人ものファンが駆け付け、会場は超満員となった。

照明が落ちていきなり鳴り響く“みのるコール”

ラジオのパーソナリティでお馴染みの3人。左から白石さん、茅原さん、水原さん

 開演時間となり照明が落ちると客席から“みのるコール”の大合唱が湧き上がり、それに対して桜庭一騎、弐村剣輔役(※2役)の白石稔さんが「タイトルにいけないから!」と突っ込む。観客はイベントの開始を待ちきれないようだ。

 イベントはまず、Lantis web radioにて絶賛放送中のWebラジオ、「喰霊-零- 超自然災害ラジオ対策室」の公開録音からスタート。諫山黄泉役の水原薫さん、土宮神楽役の茅原実里さん、白石さんが登場すると、会場が割れんばかりの大歓声が巻き起こる。

 冒頭、すでにお馴染みとなった近況トーク中、白石さんが水原さんに「額に何か付いてますよね?」と聞くと水原さんが突然苦しみだす。水原さんが前髪を上げるとそこには殺生石(のようなもの)が! 続けて水原さんは「さっきからおでこ痛いなって思ったら殺生石が出てました。この殺生石よく見たら『平安』って書いてある(笑)」と、コントのようなやり取りで観客全員を笑わせる。さらに、イベントでは肌身離さず持ち歩いている黄泉のお面を披露。水原さんが「化粧の跡とかでぼろぼろになっちゃってます」とコメントすると、白石さんも「額と鼻のあたりの化粧の跡がすごいね(笑)」と笑わずにはいられない。

 十分すぎるほどつかみの笑いを獲得した後はゲストのあおきえい監督と、シリーズ構成を担当した高山カツヒコさんがステージに上がる。ゲストが登場し、さあこれから始まるという時に、「あ、殺生石落ちた……」(水原さん)。意外すぎるこのアクシデントに監督と高山さんも驚きながらも大笑い。落ちた殺生石は黄泉のお面に張り付けられた。イベント当日、普段ならばラジオに登場する伊藤敦プロデューサーは参加できず、代わりに「一期一会」というトークテーマを提供してくれた。

ゲストとして駆け付けた2人。右から高山さん、あおきさん。5人のトークに会場の温度が上がっていく

暴走気味なほどしまむらについて熱弁する水原さん

しまむらについて熱弁する水原さん

 一期一会に関するコメントとして水原さんは「今、私といえばしまむら(※ファッションセンターしまむらのこと)ではないでしょうか。今日は全身しまむらなんですけど、全部で5千円いってません(笑)。私としまむらの出会いについて――私、しまむらと出会ってなかったらこんなにおしゃれになってなかったかも!? とか言ってみる。世間一般はしまむらの服を着ているとしまラーって呼ぶでしょう? でも私はしまむラーなの。しまラーとしまむラーは違って、インディーズ時代から応援していた人はしまむラーなの」と熱弁。難しいカテゴライズがあるようだ。

 続けて水原さんは「でも、まさかこれだけしまむらを伝道師のように伝えることになるとは思わなかったです。違う現場でも『水原さんってしまむら好きなんですよね』とか話しかけられて、仕事のことよりもアットホームにお話しできるので、本当にしまむらに感謝したいです」と語る。その間、出演者も観客も笑いっぱなしで、白石さんが「もう芸名をしまむら薫にすればいいじゃん!」と突っ込んでしまったのも無理はないだろう。他の出演者たちのコメントはぜひWebラジオ本編にてチェックしてもらいたい。

 トークが一息ついたところで、今やラジオの準レギュラーともいえる、築地日本海 アトレ信濃町店の大将が豪華な握り寿司を携えて登場。ネタは当日入荷したばかりのヒラメやブリに中トロ、そして茅原さんの好物であるサーモンなどを持ってきたという。しかもバランを、喰霊-零-と関わりの深い、蝶々の形に切って添えるという凝りようだ。このお店は大将自身が喰霊のファンであるだけではなく、頻繁にオフ会の開催される一つの聖地となっている。おいしいお寿司に舌鼓を打ったところであおき監督と高山さんはステージから引き下がる。

本当にお寿司をもって登場した大将。おいしそうだ……

飯綱紀之役の高橋伸也さんが暴れまわるが……

水原さんに気押され、土下座する高橋さん(右)

 入れ替わるようにして飯綱紀之役の高橋伸也さんがステージへ。茶色のロン毛かつらに加えて首にはフェレットのぬいぐるみ(※作中に登場する管狐をイメージ)という奇抜な格好で登場し、ポケットから半端に折ったポッキーを取り出して水原さんにポッキーゲームを仕掛ける。だが水原さんの「紀之、できるっていうの!?」という気迫あふれる言葉に返り討ちに合い、即土下座……。水原さんから「いくじなし」と罵倒される。本編を少しだけ和やかにしたようなこの展開に、観客からも“いくじなしコール”が湧き上がった。

 しかし高橋さんは挫けず、ステージ上のカメラマンにポッキーゲームを仕掛けたりとやりたい放題。案の定、白石さんに首根っこをつかまれて座席へと連行される。そんなコントを繰り広げているうちにラジオのエンディングを告げるBGMが流れ、みんなで「おつ喰霊〜!」と締めて公開録音は終幕へ。

やりたい放題の高橋さんを白石さんが身体をもって止める。最後は4人できちんとあいさつ。終わりよければすべてよし!

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2205/18/news184.jpg 「コアラのマーチを振り続けると巨大チョコボールになる」衝撃の豆知識が話題に → 実際やってみたら想像以上にハードだった
  2. /nl/articles/2205/19/news007.jpg 井戸に2日間閉じ込められた子猫を救助 そばで待っていた母猫との再会に感動する【インド】
  3. /nl/articles/2205/19/news044.jpg 味の素のレシピ“豚ひき肉かたまり焼き”あまりのシンプルさで突如人気に 「助かる」「時短、簡単が超ありがたい」
  4. /nl/articles/2205/17/news099.jpg 「志摩スペイン村」微塵も人がいないのに突如トレンド入り 「にじさんじ」周央サンゴの“正直すぎるレポ”で話題に
  5. /nl/articles/2205/19/news128.jpg リトル長友佑都!? 平愛梨、不機嫌な長男が“パパ似”だと話題 「試合中の眼差しにそっくり」「話し方もそっくりでビックリ!!」
  6. /nl/articles/2205/08/news007.jpg 上履きを学校に忘れ続ける息子→「そこで母は考えた」 簡単にできる対策アイデアに「天才だわ」と1万9000いいね
  7. /nl/articles/2205/19/news135.jpg 「米津玄師に負けた!」ウルトラマンファンが“強火歌詞”にもん絶 解釈強度に「悔し泣き」「映画見てから聞いて感動」の声続出
  8. /nl/articles/2205/18/news018.jpg お姉ちゃんの新居に行けないと分かった柴犬、落ち込んで…… お尻で語るいじけ方が切ないけどかわいい
  9. /nl/articles/2205/19/news178.jpg 杉浦太陽、俳優の弟たちと旧自宅のバルコニーを大改装 劇的リフォームも「なんか見た事あるなこの光景…」
  10. /nl/articles/2205/19/news076.jpg 知人やママ友に「これ作ってくれる?」と言われたハンドメイド作家→商品の値段を伝えると…… 切ない“作家あるある”に共感と応援の声

先週の総合アクセスTOP10

  1. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  2. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  3. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  4. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の代理人が謝罪 「皆様に愛されている商標であることを存じておらず」「爆破予告については直ちに通報致しました」
  5. YOSHIKI、最愛の母が永眠 受けた喪失感の大きさに「まだ心の整理ができず」「涙が枯れるまで泣かせて」
  6. 「ディ、ディープすぎません?」「北斗担、間違いなく命日」 “恋マジ”広瀬アリス&松村北斗、ラストの“濃厚キスシーン”に視聴者あ然
  7. 有吉弘行、上島竜兵さんへ「本当にありがとうございますしかなかった」 涙ながらの追悼に「有吉さんが声を詰まらせるとは」
  8. 岩隈久志、高校卒業式でドレスをまとった長女との2ショットが美男美女すぎた 「恋人みたい」「親子には見えません」
  9. キンコン西野、勝手に婚姻届を出される 「絶対コイツなんすよ」“妻になりかけた女性”の目星も
  10. 子猫のときは白かったのに→「思った3倍柄と色出た」 猫のビフォーアフターに「どっちもかわいい!」の声