ニュース
» 2009年05月22日 09時30分 公開

物語が急展開する“ウォーズブレイク”とは?――「SDガンダム ジージェネレーション ウォーズ」

バンダイナムコゲームスが発売するPS2/Wii用「SDガンダム ジージェネレーション ウォーズ」では、特定の条件をクリアすることによって発動する未曾有の展開が待っている。

[ITmedia]

トリガーをひけ! ウォーズブレイクを発動させよ!

 バンダイナムコゲームスより、「ジージェネレーション」シリーズの最新作「SDガンダム ジージェネレーション ウォーズ」がプレイステーション 2/Wiiで発売されるのは既報(「すべてのガンダム世代へ贈る新世代のGジェネ――『SDガンダム ジージェネレーション ウォーズ』」)のとおり。

 戦争そのものを描く戦略シミュレーションではなく、あくまでもガンダムの歴代の作品を再現したシナリオに沿ってステージを進める戦術シミュレーションである本作では、ファーストからダブルオーまで、世代を超えたガンダムが集結するだけでなく、作品ごとにオリジナル設定のモビルスーツやモビルアーマーも登場する。参戦作品は30シリーズ以上、登場ユニットは700体以上、登場キャラは700人以上(一般兵含む)を数え、キャラクターのアビリティなど、新たな要素も加わり、やり込み要素も十分用意された幅広いガンダムユーザー層を意識した作品をとなっている。

 前作「スピリッツ」から追加された参戦作品としては、「機動戦士ガンダム00」をはじめ、「新機動戦記ガンダムW」、「新機動戦記ガンダムW Endless Waltz」「機動武闘伝Gガンダム」「機動新世紀ガンダムX」「ターンエーガンダム」「機動戦士ガンダムSEED」「機動戦士ガンダムSEED DESTINY」「機動戦士ガンダムSEED C.E.73-STARGAZER-」など。

 本作の特徴のひとつに新要素「ウォーズブレイク」が挙げられる。本作には、ステージごとに「ウォーズトリガー」(特定のユニットを特定の条件で倒せなどの条件)がそれぞれ設定されており、そのウォーズトリガーを満たすことで発動するのがウォーズブレイクだ。この新要素を採用したことで、通常進行する原作追体験型のステージ進行から一変し、作品を越えたキャラクターたちが介入してくる状況もありえるのだ。


プレイヤーは、任意に条件達成(トリガーを引くとここでは表現する)することなく、クリアを目指すことも可能。ファーストガンダムの「ジャブローに散る」というステージを例にすると、ファーストガンダムの世界を舞台に原作を再現した物語が展開されるのだが……

「アムロがシャアを撃破」という条件(ウォーズトリガー)を満たすと、ファーストガンダムの世界に、0080・08小隊のキャラたちが介入し始め、大戦化(ウォーズ化)する。これは、確かに予想だにしなかった状態だ

「機動新世紀ガンダムX」のシナリオでは、ガロードでオルバを攻撃すると、ウォーズブレイクが発生。シャギアが加勢しに出現する。プレイヤー側にも加勢が登場する

更にフロスト兄弟を倒すと今度は00のキャラクターが武力介入。ウォーズ化する

かゆいところに手が届く

 本作では、遊びやすさを追求したシステムに改良が施されている。

「フリーコマンド」
キー操作をカスタム化するフリーコマンドやマップ演出の簡略化オプションを実装
「会話ログ」
ステージ中での会話の履歴を確認できるようになった。聞き逃した名セリフなど再生可能

「クイックセーブ・ロード」
フリーコマンドによってクイックセーブ・クイックロードが可能
「部隊情報」
自軍全員の情報を一度に確認できる部隊情報の閲覧できる

戦闘シーン




「SDガンダム ジージェネレーション ウォーズ」
対応機種プレイステーション 2/Wii
ジャンルシミュレーション
発売予定日2009年夏
価格未定
プレイ人数1人
(C)創通・サンライズ
(C)創通・サンライズ・毎日放送
※画面はプレイステーション 2版の開発中のものです。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2201/28/news013.jpg 4コマ“全員医学部出てない”が大惨事の予感しかない 「大至急首にネギを巻くんだ! 生姜湯も飲ませろ!」
  2. /nl/articles/2201/27/news192.jpg ちっちゃすぎるのかでっかすぎるのか 大相撲・高安関と11カ月娘のスニーカー比較写真が「ガリバー旅行記」と反響
  3. /nl/articles/2201/27/news182.jpg ガンダムがスノボやってる!? ゲレンデをさっそうと滑るコスプレボーダーが「連邦の面白い悪魔」と人気
  4. /nl/articles/2201/27/news104.jpg 坂上忍、11歳“長男”・佐藤ツトムの旅立ちに涙 介護の日々経ての別れに「本当にありがとうございました」
  5. /nl/articles/2201/28/news085.jpg 「だれかわからなかった」 国生さゆり、今年初ソロショットで茶髪ボブへ大胆イメチェン 好評の声へ「可愛いと自覚致します」
  6. /nl/articles/2111/02/news016.jpg “重みのある一言”に「ゾクッとした」 登山中に「あなた危ないわよ」と注意された体験談漫画に反響集まる
  7. /nl/articles/2201/28/news141.jpg 米43歳の元人気子役、2年のドラッグ断ちですっかり別人に! 「歯がなくて座っていられなかった」過去から復活へ
  8. /nl/articles/2201/28/news081.jpg 水族館「オニカマス展示中です」→魚クラスタ「ヤシャカマスでは?」 野生の魚博士が間違いを発見、水族館に経緯を聞いた
  9. /nl/articles/2201/27/news165.jpg パパ、気を確かに! ベッカム「娘に好きな人がいるっていわれた」絶望フェースが世界中の父親に突き刺さる
  10. /nl/articles/2201/28/news050.jpg 「もう無理……」 虚無感漂う置物「いろいろむりになってきたカエル」がじわじわくるかわいさ

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」