ひたすら走るだけ――なのに人体の神秘を再発見できるゲーム「QWOP」日々是遊戯

海外サイト「foddy.net」にて公開中のFLASHゲーム「QWOP」がちょっと面白い。キーボードを叩いて、100メートルを完走するだけのゲームなのだが……。

» 2009年05月25日 15時39分 公開
[池谷勇人,ITmedia]

人間ってすばらしいと思えるゲーム

転んでも転んでもひたすら立ち上がるアスリートのひたむきな姿に我々も涙を禁じ得ません

 世にあまた存在する生き物の中でも、二本の足でしっかりと立って歩くことができるのは、我々人間とごく一部の動物だけ。普段は特に意識することもなく、息をするように行っている「二足歩行」ですが、実はこれってかなりスゴいことなのかもしれません。

 そんなことをあらためて実感させてくれるのが、こちらの「QWOP」というFLASHゲーム。陸上選手となって100メートルを完走するだけのシンプルなゲームですが、「なんだ簡単そうじゃん」などとはゆめゆめ思うなかれ。とにかく一度遊んでみれば、その難しさが分かるはず。

 タイトルが示しているとおり、操作には「Q」「W」「O」「P」の4キーを使用。「Q」「W」が左右の太もも、「O」「P」が左右のふくらはぎの動きをそれぞれ担当していて、これらをうまく組み合わせて押していくことで「走る」ことができる仕組みになっています。途中でバランスを崩し、上半身が地面についてしまったらアウト。

 ――と、口で説明するのは簡単なんですが、たぶん多くの人は最初の一歩を踏み出すのにさえ相当な苦労を強いられるはず。適当に押しているだけでは、もちろん前に進むなど夢のまた夢。つま先をピンと伸ばしながら、サマーソルトキックのような体制で後ろにひっくり返って後頭部からグシャリ。かと思えば今度は前のめりに倒れて顔面からグシャリ。ええと、走るってそんなに難しいことでしたっけ……。

 ようやく一歩を踏み出せるようになっても、次の一歩はもっと難しい。なぜなら、今度は後ろ足を前に出しながら、重心を前足から後ろ足へと移し替えるという作業が加わるから。両足がクロスする瞬間、どうしても体が地面からふわっと浮き上がるタイミングがあって、そこで少しでもバランスが崩れていると、体はたちまち前か後ろに倒れてしまうことになる。かといって、ひたすらゆっくり、慎重に体重を運べばいいかというとそうでもなくて、きれいに走るためには常に前のめりになりながら、倒れそうになるのを両足で交互に支えていくくらいの方がよかったり。普段は無音なのに、スピードに乗ってくると徐々にBGMがフェードインしてくる演出も絶妙で、キレイに足運びが決まった時には、ちょっと一言では言い表せないような達成感があります。ああ、走るだけなのに説明が長い……。

二足歩行って難しいんですね……

 詳しい攻略方法、走り方のコツなどについてはあえて伏せておきます。みなさんもぜひこの「走れないもどかしさ」と「走れた時のうれしさ」を味わい、人体の奇跡をあらためて発見してみてはいかがでしょうか。あと、どうしても自力でクリアできない人のために、PEROLINNさんによるクリア動画も併せて紹介しておきます。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10
  1. 小1娘、ペンギンの卵を楽しみに育ててみたら…… 期待を裏切る生き物の爆誕に「声出して笑ってしまったw」「反応がめちゃくちゃ可愛い」
  2. 富山県警のX投稿に登場の女性白バイ隊員に過去一注目集まる「可愛い過ぎて、取締り情報が入ってこない」
  3. 2カ月赤ちゃん、おばあちゃんに少々強引な寝かしつけをされると…… コントのようなオチに「爆笑!」「可愛すぎて無事昇天」
  4. 異世界転生したローソン出現 ラスボスに挑む前のショップみたいで「合成かと思った」「日本にあるんだ」
  5. 【今日の計算】「8+9÷3−5」を計算せよ
  6. 21歳の無名アイドル、ビジュアル拡散で「あの頃の橋本環奈すぎる」とSNS騒然 「実物の方が可愛い」「見つかっちゃったなー」の声も
  7. 1歳赤ちゃん、寝る時間に現れないと思ったら…… 思わぬお仲間連れとご紹介が「めっちゃくちゃ可愛い」と220万再生
  8. 業務スーパーで買ったアサリに豆乳を与えて育てたら…… 数日後の摩訶不思議な変化に「面白い」「ちゃんと豆乳を食べてた?」
  9. 祖母から継いだ築80年の古家で「謎の箱」を発見→開けてみると…… 驚きの中身に「うわー!スゴッ」「かなり高価だと思いますよ!」
  10. 「妹が入学式に着るワンピース作ってみた!」 こだわり満載のクラシカルな一着に「すごすぎて意味わからない」「涙が出ました」
先月の総合アクセスTOP10
  1. フワちゃん、弟の結婚式で卑劣な行為に「席次見て名前覚えたからな」 めでたい場でのひんしゅく行為に「プライベート守ろうよ!」の声
  2. 親が「絶対たぬき」「賭けてもいい」と言い張る動物を、保護して育ててみた結果…… 驚愕の正体が230万表示「こんなん噴くわ!」
  3. 水道検針員から直筆の手紙、驚き確認すると…… メーターボックスで起きた珍事が300万再生「これはびっくり」「生命の逞しさ」
  4. フワちゃん、収録中に見えてはいけない“部位”が映る まさかの露出に「拡大しちゃったじゃん」「またか」の声
  5. スーパーで売れ残っていた半額のカニを水槽に入れてみたら…… 220万再生された涙の結末に「切なくなった」「凄く感動」
  6. 桐朋高等学校、78期卒業生の答辞に賛辞やまず 「只者ではない」「感動のあまり泣いて10回読み直した」
  7. 「これは悲劇」 ヤマザキ“春のパンまつり”シールを集めていたはずなのに…… 途中で気づいたまさかの現実
  8. 「ふざけんな」 宿泊施設に「キャンセル料金を払わなくする方法」が物議 宿泊施設「大目に見てきたが厳格化する」
  9. がん闘病中の見栄晴、20回以上の放射線治療を受け変化が…… 「痛がゆくなって来ました」
  10. 食べ終わったパイナップルの葉を土に植えたら…… 3年半後、目を疑う結果に「もう、ただただ感動です」「ちょっと泣きそう」