すーすっとすぺすぺ「スペランカー」ゲイムマンの「レトロゲームが大好きだ」(2/3 ページ)

» 2009年06月01日 12時34分 公開
[ゲイムマン,ITmedia]

 しかし注意すべき点が1つ。幽霊が撃たれてから、完全に消滅するまで、タイムラグがある。撃たれた後の幽霊の残骸が、スペランカーに当たってもミスになるのだ。スペランカーは銃を撃つと、一定時間歩けなくなるので、ある程度離れた所から幽霊を撃たなければならない。

 こうした銃の特性が、マニュアルに書かれていなかったので、わたしは幽霊がスペランカーの真横に来るまで待ってしまい、残骸に当たってミスになることが多かった。

 一方のフラッシュは、投げると真上に飛んで行き、コウモリを倒すことができる。銃と同様、コウモリからやや離れた場所に撃っても効果がある。

 フラッシュはその名のとおり、光を発してコウモリをやっつけるようだが、この光はまっすぐ下へ落ちてくる。そしてこれにスペランカーが接触すると、ミスになってしまうのだ。スペランカーは光にも弱いのか。

 フラッシュの光が地面に落ちると、コウモリが復活してしまう。使い勝手も威力も微妙な武器である。

ガスを出す岩と、コウモリが、上下から攻撃を仕掛けてくるこの地点は難関中の難関
ゲームオーバー画面。急いで再プレイしようと思ってスタートボタンを押すと、ポーズがかかってうっとうしい

近年ますます高まる評価

 以上のような難しさゆえ、ゲーム序盤で行き詰まるプレイヤーが続出。「スペランカー」は、ファミコンきってのクソゲーという、ありがたくない評価を受けることになってしまった。

 ところが一方で、このゲームを絶賛するプレイヤーもかなり存在した。

 ミスしてもミスしても根気良くプレイし続けて、段差に十分気をつけ、幽霊が出たら早めに攻撃し、鍵のある位置を覚えるようになると、だんだん先へ進めるようになり、だんだんおもしろくなってくるのだ。

 難しいゲームだけに、うまく操作できるようになると、喜びもひとしおだ。難関を越えるときの緊張感がたまらない。

 先のステージでは、ボートや、噴水で上下する床など、新たな仕掛けも登場する。ステージは4面までしかないが、その割には変化に富んでいて、多彩なアクションを楽しめるようになっている。

 ただ、おもしろいと感じられるようになるまで、果たしてプレイヤーのモチベーションが続くかどうか? そこがこのゲームに対する評価を分ける、分岐点といえるだろう。

ステージ1に出てくるトロッコ。上から噴き出す何かに当たらないように進んでいこう
ステージをクリアすると足場が現れ、先へ進めるようになる。油断してると乗り損ねてミスになるけど
ナイスな形のボートに乗って地底湖を渡ろう。滝が流れていて、見た目も楽しい

 最近は「スペランカー」も、“頑張れば何とかなるゲーム”ということが、以前より知られるようになってきた。だから、何度もゲームオーバーになっても粘り強くプレイし続け、ステージ4までクリアする人が増えて、そのおかげでより一層評価が上がってきたのかもしれない。

 事実、わたし自身がそういうタイプ。初めてプレイしたときは何度やっても全然前に進めず、そのまま何年間もほったらかしにしていたのだ。再びこのゲームにトライしたのは、Wiiのバーチャルコンソールでダウンロードしてから。そして1か月ほど前、遂にステージ4をクリアした。

 ステージ4をクリアすると、スペランカーは見事に財宝を手に入れる。そして次の洞窟への挑戦が始まる。次の洞窟は、色こそ変わっているが、マップは前の洞窟と一緒。ただ、鍵が見えなくなっている。

1周クリアするたびに、洞窟の色が変わっていく。4周め以降はアイテムを無駄使いしないようにしよう

 その次の洞窟では、鍵を取るときにある動作を行なわなければならない。さらに次の洞窟では、鍵を取る際に、ある意外なアイテムが必要となる。鍵は相変わらず見えないので、違う場所でアイテムを使うと、1個無駄に消費してしまう。アイテムがなくなると手詰まりなので、鍵のある位置はしっかり覚えておかなければならない。

 さらに次の洞窟では、幽霊が速くなっている。わたしは結局この洞窟の途中で、アイテムを切らして手詰まりとなってしまったが、それでもアクションゲームの苦手なわたしが5周めまで進めるのだから、「スペランカー」は決して、異常に難しいゲームというわけではない。

 「スペランカー」について語る上で、「スペランカー先生」に触れないわけにはいかないだろう。

 アイレムの開発部門を継承した、アイレムソフトウェアエンジニアリングの公式サイト。エイプリルフールネタのクオリティが異様に高いことで知られているが、毎週更新されている4コママンガコーナー「ふる里4コマ小唄」も人気が高い。その第1回から登場し、現在まで10年以上にわたって描かれ続けている人気キャラクターが「スペランカー先生」だ。

 リアルな頭身で描かれたスペランカーが、学校の先生になって活躍(?)する。ちょっとしたことですぐ死ぬが、残機がある限り生き返る。そんな自らの運命を受け入れて行動するスペランカー先生が、ちょっとさわやかでかっこいい。

 近年「スペランカー」の知名度と評価が高まっているのは、この「スペランカー先生」のおかげかもしれない。

スペランカーの住みやすい街

 ちょっとした段差も下りられないことで有名なスペランカー。これでは日常生活にも何かと支障をきたすのでは……と他人事ながら心配になってしまうが、そんなスペランカーにぴったりの乗り物を見つけた。

 段差が小さい未来の乗り物、アルナ車両の“リトルダンサー”!

 段差が小さい“リトルダンサー”!

 ……本当にこういう名前である。

 渋滞解消や環境問題、市街地活性化などの観点から、欧米で路面電車の価値が見直されてきた昨今、日本でもいくつかの地域で、ドイツで設計された超低床路面電車が導入されていた。そんな状況の中、アルナ工機(現・アルナ車両)は2001年、国産初の超低床路面電車の開発に成功した。それがリトルダンサーシリーズである。

 現在では全国6社局の路面電車で運行されているが、わたしは最初に導入された3社局のうちの1社、土佐電気鉄道を走るリトルダンサーに乗るために、高知市までやってきた。

 土佐電鉄のリトルダンサー、100形電車。愛称は“ハートラム”。3両固定編成で、真ん中1両の車輪に車軸を設けず、ほかの2両では台車をできるだけ端に寄せたことで超低床化を実現。床の高さは3.5〜4.8センチしかない。

 これだけ段差の小さい車両であれば、スペランカーが乗ってもだいじょうぶだろう。

高知のリトルダンサー、ハートラム。最近、広告車両となって、赤地に白のハートが描かれたデザインになった
このとおり、停留所の地面とハートラムの床面との段差はほとんどない

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2406/13/news123.jpg 「最初から最後まで全ての瞬間がアウト」 Mrs. GREEN APPLE、コカ・コーラとのタイアップ曲に物議 「誰かこれを止める人いなかったのか」
  2. /nl/articles/2406/13/news046.jpg 飼い主のことが好きすぎる超大型犬、最後は勢い余って…… 直視できないレベルの一撃に「何回見ても笑っちゃう」「襲われてる人がいます!!」
  3. /nl/articles/2406/13/news014.jpg これは知らなかった! 現役清掃員が教える“タバスコのびんの捨て方” 意外な盲点に「そうだったんだ」「タメになる」
  4. /nl/articles/2406/13/news151.jpg 「全ての瞬間がアウト」と物議 Mrs. GREEN APPLEが“差別的”と炎上のMVを削除&事務所謝罪…… 「深くお詫び」
  5. /nl/articles/2406/12/news050.jpg 「俺溶接うまいからな!」と調子に乗ったら…… “きれいな溶接”が続々集結し、Xが「うまい溶接博覧会」状態に
  6. /nl/articles/2406/12/news126.jpg 185センチ木村沙織、生放送で櫻坂46メンバーの横に立つと……朝8時51分に驚きの光景 「あれ? 子供が混じってる?」「親子すぎる」
  7. /nl/articles/2406/12/news033.jpg 「その手があったか!」 「シャア専用ズゴック」にモデラーが仕込んだ“まさかの仕掛け”に驚きの声
  8. /nl/articles/2406/11/news164.jpg 道路で死にかけていた巨大カメを保護、好物をあげると……? さらされていた危機的状況に「良かった〜!」「危なかった」
  9. /nl/articles/1611/04/news117.jpg 「ヒルナンデス!」で道を教えてくれた男性が「丁(てい)字路」と発言 出演者が笑う一幕にネットで批判続出
  10. /nl/articles/2406/12/news176.jpg 「分かっててこんなに産んだ」にハァ〜? 8児の母・美奈子、弱音許さない“声”にイライラ 愚痴解禁で即号泣「こんだけ育児してきてるはずなのに」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「虎に翼」、共演俳優がプライベートで旅行へ “決別中”の2人に「ドラマではあまり見ることが出来ない全力笑顔」
  2. 「ハードオフには何でもある」 → 4万4000円で売られていた“とんでもないモノ”に「これは草www」「見てるだけでワクワクする」
  3. 釣りから帰宅、持ち帰った謎の“ニュルニュル”を水槽に入れてたら…… いつの間にか誕生した意外な生き物に「すごおー」「どこまで育つかな!?」
  4. 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  5. 「さざれ石に苔のむすまで」何日かかる? 毎日欠かさず水やりし続けてまもなく1年、チャレンジの結果に「わびさび」「継続は力」
  6. 朝ドラとは雰囲気違う! 「虎に翼」留学生演じた俳優、おなかの脇がチラ見えな夏らしいショットに反響「とてもきれい」
  7. フードコートでふざけたパパ、1歳娘に怒られる→8年後の“再現”が1185万再生 笑えるのに涙が出る光景に「大きくなった!」「泣ける」
  8. 1歳妹「ん」だけで19歳兄をこきつかい…… 「あれで分かるにいに凄い」「ツンデレ可愛い」マイペースな妹にほんろうされる姿が280万再生
  9. 「ベランダは不要」の考えを激変させた“神建築”が200万表示 夢のような光景に「こんな家に帰りたい」「うっとり」
  10. 三重県沖であがった“巨大マンボウ”に漁港騒然…… 人間とサイズ比較した驚愕の光景に「でっか!!」「口から何か出てますね」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「今までなんで使わなかったのか」 ワークマンの「アルミ帽子」が暑さ対策に最強だった 「めっちゃ涼しー」
  2. 「現場を知らなすぎ」 政府広報が投稿「令和の給食」写真に批判続出…… 識者が指摘した“学校給食の問題点”
  3. 市役所で手続き中、急に笑い出した職員→何かと思って横を見たら…… 同情せざるを得ない衝撃の光景に「私でも笑ってしまう」「こんなん見たら仕事できない」
  4. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「二度と酒飲まん」 酔った勢いで通販で購入 → 後日届いた“予想外”の商品に「これ売ってるんだwww」
  7. 幼稚園の「名札」を社会人が大量購入→その理由は…… 斜め上のキュートな活用術に「超ナイスアイデア」「こういうの大好きだ!」
  8. 釣れたキジハタを1年飼ってみると…… 飼い主も驚きの姿に「もはや、魚じゃない」「もう家族やね」と反響
  9. JR東のネット銀行「JRE BANK」、申し込み殺到でメール遅延、初日分の申込受付を終了
  10. サーティワンが“よくばりフェス”の「カップの品切れ」謝罪…… 連日大人気で「予想を大幅に上回る販売」