連載
» 2009年06月01日 12時34分 公開

ゲイムマンの「レトロゲームが大好きだ」:すーすっとすぺすぺ「スペランカー」 (3/3)

[ゲイムマン,ITmedia]
前のページへ 1|2|3       

 もちろんこういう超低床型車両は、スペランカーを乗せるために造られたものではない。バリアフリーの観点からだ。交通バリアフリー法などの法律が施行された現在、多くの駅や公共建築物に、エレベーターやエスカレーターが新たに設けられ、階段や段差を通ることなく利用できるようになった。

 そういう意味でも、「時代がスペランカーに追いついた」といえるのではないかと……。

桂浜に建つ坂本龍馬像。像高5.3メートル、台座を含めると13.5メートルに達する
2つの岬の間に砂浜がある桂浜。月の名所として、よさこい節にも歌われた
高知城は全国でも数少ない、江戸時代からの天守が残る城。本丸御殿も当時のものが残っている

すっかり変わったスペランカーII

 1987年、ファミコンで「スペランカー」の続編、「スペランカーII 勇者への挑戦」が発売された。

 スペランカーが洞窟で手に入れた宝物には、古文書が含まれていた。そこに書かれていたのは、邪悪の神ゲイラの影響で所在が分からなくなっていた“フェアリーランド”について。閉じ込められた3人の妖精を1000年以内に助けることができれば、荒れ果てた人間の世界に、フェアリーランドの光が再び降り注ぐという。

 この「スペランカーII」、1作めとは何から何まで違うゲームになっている。まず主人公を、探検家、エスパー、聖職者の中から選ぶことができる。エスパーは超能力攻撃と、マークを置いた場所へのテレポートが可能。聖職者は魔術で敵を足止めできる。探検家は、弾数に制限のあるピストルが使えて、あとは、……最初に持てるアイテムの数がちょっとだけ多い。

 主人公を選ぶと、いきなり野外からスタートする。基本は横スクロールアクションだが、マップのつながりが複雑で、しかも広い。敵の種類が多くて、しかも強い。謎や隠し通路が多く、気づかないと先へ進めない。

はじめに主人公を選択する。ご覧のとおり、残機制だった前作とは違い、ライフ制になっている
スペランカーなのに屋外。ここで鹿を助ける方法を見つけることが、最初の難関だった

 このゲームの大きな特徴が、「徳」というパラメータ(能力値)。敵を倒すと増えるが、鹿を倒すと大幅に減る。また、洞窟内に落ちてる食料と遺書(ヒント)を手に入れてもなぜかちょっと減る。死んだ冒険者から奪ったという解釈なんだろうか?

 徳の数値は、穴に落ちてしまったときに重要となる。閻魔大王が現れて、主人公の徳を査定。高いとゲームに復帰できるが、低いと即ゲームオーバーになってしまう。

 ただ、それだけのために徳というパラメータがあるわけではない。徳の高さによって、どうやらエンディングが変わるらしいのだ。

 「らしい」と書いたのは、わたしがステージ2の途中で行き詰まって、とうとうクリアできなかったから。「スペランカーII」には、“マップが広く、プレイ時間がすごく長いのに、途中でのデータセーブが一切できない”という、この時代のアクションゲームにおける悪い傾向がもろに現れている(コンティニューは、ステージ2に出てくる“コンティニューじいさん”に会えば可能)。

 さっき改めてネットをチェックし直して知ったが、実はこのゲーム、ステージ3までしかないらしい。だったらもうちょっと頑張れば、クリアできるかもしれない。……とはいえ、セーブもパスワードもなく、電源切ったらまた初めからやり直し、というのはやっぱりきついんだけど。

フィールドから落ちると閻魔大王出現。いったいどこの国が舞台なのか、よく分からなくなる
ロープからのジャンプ、ガスの出る岩、爆弾など、前作をほうふつとさせる場面もある
各ステージにはボスも登場。ステージ1のボスはそれほど強くない。ただここに来るまでが大変

 ちなみに徳というパラメータがあるのは、もしかしたら「ウルティマIV」の影響かもしれない。国産PC版が発売されたのは「スペランカーII」とほぼ同じ時期だが、アメリカで発売されたのは1985年。なお、「ウルティマ 聖者への道」というタイトルで1989年、ファミコンにも移植されている。

 「ハイドライド3」の方がシステム的に近いような気もするが、「ハイドライド3」のPC版は1987年11月発売で、「スペランカーII」より少しだけ遅かった(ファミコン版は1989年)。

 それから、「スペランカーII」というタイトルのゲームは、アーケード版にもある(「スペランカーII 23の鍵」)。アーケード版はIもIIもファミコン版とは別物らしいが、残念ながらプレイしたことはない。

エイプリルフールネタが現実に!

 「スペランカー」は現在、Wiiのバーチャルコンソールで配信されており、ずいぶん入手しやすくなった。今プレイしてもおもしろいゲームなので、ぜひダウンロードすることをおすすめする。

 また、MSX版がプロジェクトEGGで配信されている。わたしもプレイしてみた。マップなどはかなり忠実に移植されているが、操作感覚やスピード感がかなり違う。こういう別バージョンが今またプレイできるようになったことも、「スペランカー」の人気を物語っているといえよう。

 2008年にはスペランカーのソフトビニールフィギュアや、ゲームBGMが聴けるサウンドボトルキャップが発売された。わたしも「日々是遊戯」の記事を見て、「スペランカー」の人気はそこまで高まっているのかと驚いた。

 もし、手に持ってるのが銃じゃなくて、卓球のラケットだったら、ファミコン4超人のクッパ河島さんみたい。……って、何人の方がこのネタ分かるんだろう?

 そして2009年、「みんなでスペランカー」がリリースされた。

 もともとは前年、アイレムソフトウェアエンジニアリングの通販サイト「アイレム横丁」に掲載された、エイプリルフールネタだった。

 最新ゲーム機用のダウンロード専用タイトルで、「スペランカー」25周年ということで、ステージ数は第1作の4ステージ×25の全100ステージ。ファミコン版そのままのグラフィックと、リニューアルされたハイクオリティなグラフィックを選択可能。巨大な幽霊が登場。6人までのオンラインマルチプレイが可能。

 ……と、エイプリルフールネタで書かれた仕様が、ほぼ盛り込まれて商品化されている。

 ちなみにエイプリルフールネタでは、ハードはEXIDNA(過去のエイプリルフールネタに出てきたアイレムの次世代ゲーム機)、販売価格は200兆円となっていたが、それはさすがに現実化せず、ハードはプレイステーション 3で、価格は税込2400円となった。

 ところで、配信を半月後に控えた3月13日、銀座のEIZO ガレリア銀座にて、「みんなでスペランカー」の発売記念イベント「SPELUNKER LOUNGE」が開催された。ゲーム業界の各方面から、13人の方々がゲストとして招待されていたが、そのゲストの中に、わたしのマイミクさんが3人もいた。

 でもわたし自身はゲストじゃなかった……。

 後日、各社のニュースサイトで、ゲストの皆さんの集合写真を見て、自分もこの中に加わりたいなあと改めて感じた。でも、杏野はるなさんみたいに、初代「スペランカー」で何十周もクリアできるようにならないと、こういう場のゲストには呼ばれないんだろうなあ。

(C)Tim Martin
(C)1985,2008 IREM SOFTWARE ENGINEERING INC.
Licensed by Tozai, Inc.


前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  3. 圧倒的疾走感ッ! 深田恭子、ドローン撮影のサーフィン動画が「うわぉ カッコいい!」「水を得た魚のよう」と反響
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. 印刷した紙がプリンタから次々消失 → 原因を突き止めた動画に爆笑 「紙隠し」「ピタゴラスイッチだ」
  6. 「イチャイチャ感半端ない」 ヒロミ、妻・松本伊代をヘアカットする動画が130万回再生超えの大反響
  7. 「パワポで作った」 離れると意味が分かる岐阜新聞の「Stay Home」広告が話題、制作したのはデザイン経験のない営業社員
  8. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  9. 「私も撮りたい、貸して!」と言われて娘にカメラを渡したら―― 26万いいねを集めた衝撃写真を御覧ください
  10. 「レターパックプラスがボロボロの状態で郵便受けに入ってた」 受領印必須のサービス、明らかな過失でも補償なし? 日本郵便に聞いた