すーすっとすぺすぺ「スペランカー」ゲイムマンの「レトロゲームが大好きだ」(3/3 ページ)

» 2009年06月01日 12時34分 公開
[ゲイムマン,ITmedia]
前のページへ 1|2|3       

 もちろんこういう超低床型車両は、スペランカーを乗せるために造られたものではない。バリアフリーの観点からだ。交通バリアフリー法などの法律が施行された現在、多くの駅や公共建築物に、エレベーターやエスカレーターが新たに設けられ、階段や段差を通ることなく利用できるようになった。

 そういう意味でも、「時代がスペランカーに追いついた」といえるのではないかと……。

桂浜に建つ坂本龍馬像。像高5.3メートル、台座を含めると13.5メートルに達する
2つの岬の間に砂浜がある桂浜。月の名所として、よさこい節にも歌われた
高知城は全国でも数少ない、江戸時代からの天守が残る城。本丸御殿も当時のものが残っている

すっかり変わったスペランカーII

 1987年、ファミコンで「スペランカー」の続編、「スペランカーII 勇者への挑戦」が発売された。

 スペランカーが洞窟で手に入れた宝物には、古文書が含まれていた。そこに書かれていたのは、邪悪の神ゲイラの影響で所在が分からなくなっていた“フェアリーランド”について。閉じ込められた3人の妖精を1000年以内に助けることができれば、荒れ果てた人間の世界に、フェアリーランドの光が再び降り注ぐという。

 この「スペランカーII」、1作めとは何から何まで違うゲームになっている。まず主人公を、探検家、エスパー、聖職者の中から選ぶことができる。エスパーは超能力攻撃と、マークを置いた場所へのテレポートが可能。聖職者は魔術で敵を足止めできる。探検家は、弾数に制限のあるピストルが使えて、あとは、……最初に持てるアイテムの数がちょっとだけ多い。

 主人公を選ぶと、いきなり野外からスタートする。基本は横スクロールアクションだが、マップのつながりが複雑で、しかも広い。敵の種類が多くて、しかも強い。謎や隠し通路が多く、気づかないと先へ進めない。

はじめに主人公を選択する。ご覧のとおり、残機制だった前作とは違い、ライフ制になっている
スペランカーなのに屋外。ここで鹿を助ける方法を見つけることが、最初の難関だった

 このゲームの大きな特徴が、「徳」というパラメータ(能力値)。敵を倒すと増えるが、鹿を倒すと大幅に減る。また、洞窟内に落ちてる食料と遺書(ヒント)を手に入れてもなぜかちょっと減る。死んだ冒険者から奪ったという解釈なんだろうか?

 徳の数値は、穴に落ちてしまったときに重要となる。閻魔大王が現れて、主人公の徳を査定。高いとゲームに復帰できるが、低いと即ゲームオーバーになってしまう。

 ただ、それだけのために徳というパラメータがあるわけではない。徳の高さによって、どうやらエンディングが変わるらしいのだ。

 「らしい」と書いたのは、わたしがステージ2の途中で行き詰まって、とうとうクリアできなかったから。「スペランカーII」には、“マップが広く、プレイ時間がすごく長いのに、途中でのデータセーブが一切できない”という、この時代のアクションゲームにおける悪い傾向がもろに現れている(コンティニューは、ステージ2に出てくる“コンティニューじいさん”に会えば可能)。

 さっき改めてネットをチェックし直して知ったが、実はこのゲーム、ステージ3までしかないらしい。だったらもうちょっと頑張れば、クリアできるかもしれない。……とはいえ、セーブもパスワードもなく、電源切ったらまた初めからやり直し、というのはやっぱりきついんだけど。

フィールドから落ちると閻魔大王出現。いったいどこの国が舞台なのか、よく分からなくなる
ロープからのジャンプ、ガスの出る岩、爆弾など、前作をほうふつとさせる場面もある
各ステージにはボスも登場。ステージ1のボスはそれほど強くない。ただここに来るまでが大変

 ちなみに徳というパラメータがあるのは、もしかしたら「ウルティマIV」の影響かもしれない。国産PC版が発売されたのは「スペランカーII」とほぼ同じ時期だが、アメリカで発売されたのは1985年。なお、「ウルティマ 聖者への道」というタイトルで1989年、ファミコンにも移植されている。

 「ハイドライド3」の方がシステム的に近いような気もするが、「ハイドライド3」のPC版は1987年11月発売で、「スペランカーII」より少しだけ遅かった(ファミコン版は1989年)。

 それから、「スペランカーII」というタイトルのゲームは、アーケード版にもある(「スペランカーII 23の鍵」)。アーケード版はIもIIもファミコン版とは別物らしいが、残念ながらプレイしたことはない。

エイプリルフールネタが現実に!

 「スペランカー」は現在、Wiiのバーチャルコンソールで配信されており、ずいぶん入手しやすくなった。今プレイしてもおもしろいゲームなので、ぜひダウンロードすることをおすすめする。

 また、MSX版がプロジェクトEGGで配信されている。わたしもプレイしてみた。マップなどはかなり忠実に移植されているが、操作感覚やスピード感がかなり違う。こういう別バージョンが今またプレイできるようになったことも、「スペランカー」の人気を物語っているといえよう。

 2008年にはスペランカーのソフトビニールフィギュアや、ゲームBGMが聴けるサウンドボトルキャップが発売された。わたしも「日々是遊戯」の記事を見て、「スペランカー」の人気はそこまで高まっているのかと驚いた。

 もし、手に持ってるのが銃じゃなくて、卓球のラケットだったら、ファミコン4超人のクッパ河島さんみたい。……って、何人の方がこのネタ分かるんだろう?

 そして2009年、「みんなでスペランカー」がリリースされた。

 もともとは前年、アイレムソフトウェアエンジニアリングの通販サイト「アイレム横丁」に掲載された、エイプリルフールネタだった。

 最新ゲーム機用のダウンロード専用タイトルで、「スペランカー」25周年ということで、ステージ数は第1作の4ステージ×25の全100ステージ。ファミコン版そのままのグラフィックと、リニューアルされたハイクオリティなグラフィックを選択可能。巨大な幽霊が登場。6人までのオンラインマルチプレイが可能。

 ……と、エイプリルフールネタで書かれた仕様が、ほぼ盛り込まれて商品化されている。

 ちなみにエイプリルフールネタでは、ハードはEXIDNA(過去のエイプリルフールネタに出てきたアイレムの次世代ゲーム機)、販売価格は200兆円となっていたが、それはさすがに現実化せず、ハードはプレイステーション 3で、価格は税込2400円となった。

 ところで、配信を半月後に控えた3月13日、銀座のEIZO ガレリア銀座にて、「みんなでスペランカー」の発売記念イベント「SPELUNKER LOUNGE」が開催された。ゲーム業界の各方面から、13人の方々がゲストとして招待されていたが、そのゲストの中に、わたしのマイミクさんが3人もいた。

 でもわたし自身はゲストじゃなかった……。

 後日、各社のニュースサイトで、ゲストの皆さんの集合写真を見て、自分もこの中に加わりたいなあと改めて感じた。でも、杏野はるなさんみたいに、初代「スペランカー」で何十周もクリアできるようにならないと、こういう場のゲストには呼ばれないんだろうなあ。

(C)Tim Martin
(C)1985,2008 IREM SOFTWARE ENGINEERING INC.
Licensed by Tozai, Inc.


前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2406/24/news076.jpg 18÷0=? 小3の算数プリントが不可解な出題で物議「割れませんよね?」「“答えなし”では?」
  2. /nl/articles/2406/24/news018.jpg 定年退職の日、妻に感謝のライン→返ってきた“言葉”が193万表示 「不覚にもウルッとした」「自分も精進します」と反響多数
  3. /nl/articles/2406/23/news022.jpg あずきバーに砲弾を撃ち込む様子が“そんなわけなさ過ぎる結果”で爆笑 ツッコミが不可避の投稿はどのように生まれたのか聞いてみた
  4. /nl/articles/2406/21/news154.jpg 「死ぬほど笑ったw」 “ほろよい”限定デザイン → 人気ゲームの“例のロゴ”に見えると話題に まさかの公式も反応「ほろよい うま」
  5. /nl/articles/2406/23/news014.jpg 「やばすぎ」 ブックオフに10万円で売られていた“衝撃の商品”に仰天 「これもう文化財」「お宝すぎる」
  6. /nl/articles/2406/22/news028.jpg いつも遊びに来る野良猫がケガ→治療するもひどく威嚇され…… 「嫌われた」と思った翌日の光景に「涙が出ました」
  7. /nl/articles/2406/24/news020.jpg 「行政に連絡しやなあかんやろ」街頭で遭遇した“危険生物”が477万表示 “経験者”から「足速いから気を付けて」「近付かないほうが」
  8. /nl/articles/2406/22/news082.jpg “英語”で書かれた商品説明をよく見ると…… 「日本人にしか読めない」遊び心あふれるパッケージに9万いいね
  9. /nl/articles/2406/24/news038.jpg “大好きなチーズを離さないハムスター”に見えて、実は…… 目を疑う正体に「天才」「本物かと思った…」
  10. /nl/articles/2406/24/news041.jpg ご飯中に眠すぎる赤ちゃん、ぐでんぐでんになっていき…… 100万再生の“世界一かわいい寝落ち”に「この時期しか見られない」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「最初から最後まで全ての瞬間がアウト」 Mrs. GREEN APPLE、コカ・コーラとのタイアップ曲に物議 「誰かこれを止める人いなかったのか」
  2. 「値段を三度見くらいした」 ハードオフに38万5000円で売っていた“予想外の商品”に思わず目を疑う
  3. 「え?」 “ごみだらけの道”を掃除したら…… あらわになった“まさかの正体”に世界中が驚き 「信じられない」【海外】
  4. 185センチ木村沙織、生放送で櫻坂46メンバーの横に立つと……朝8時51分に驚きの光景 「あれ? 子供が混じってる?」「親子すぎる」
  5. 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  6. 【今日の計算】「8−8÷8+8」を計算せよ
  7. フジ「アンメット」、池脇千鶴のサプライス姿が激変しすぎて“最も衝撃” イメージ覆す“肉づきたるみ顔”に「わからんかった」「びっくりして夜中に声出た」
  8. 「これどうやって使うの?」→「考えた人マジ天才」 セリア新商品の便利な使い方に「これ100円でいいんですか!?」
  9. 「この子はきっと豆柴サイズ」と言われた子柴犬、4年たつと…… 衝撃のビフォーアフターに「愛情詰まりすぎてw」「爆笑しました」の声
  10. 飼い主のことが好きすぎる超大型犬、最後は勢い余って…… 直視できないレベルの一撃に「何回見ても笑っちゃう」「襲われてる人がいます!!」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「今までなんで使わなかったのか」 ワークマンの「アルミ帽子」が暑さ対策に最強だった 「めっちゃ涼しー」
  2. 「現場を知らなすぎ」 政府広報が投稿「令和の給食」写真に批判続出…… 識者が指摘した“学校給食の問題点”
  3. 市役所で手続き中、急に笑い出した職員→何かと思って横を見たら…… 同情せざるを得ない衝撃の光景に「私でも笑ってしまう」「こんなん見たら仕事できない」
  4. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「二度と酒飲まん」 酔った勢いで通販で購入 → 後日届いた“予想外”の商品に「これ売ってるんだwww」
  7. 幼稚園の「名札」を社会人が大量購入→その理由は…… 斜め上のキュートな活用術に「超ナイスアイデア」「こういうの大好きだ!」
  8. 釣れたキジハタを1年飼ってみると…… 飼い主も驚きの姿に「もはや、魚じゃない」「もう家族やね」と反響
  9. JR東のネット銀行「JRE BANK」、申し込み殺到でメール遅延、初日分の申込受付を終了
  10. サーティワンが“よくばりフェス”の「カップの品切れ」謝罪…… 連日大人気で「予想を大幅に上回る販売」