ニュース
» 2009年06月04日 16時13分 公開

“世界一広いマップを持つゲーム”として、コードマスターズの「FUEL」がギネス認定日々是遊戯

日本でも秋に発売が予定されている、PS3/Xbox 360用レースゲーム「FUEL」が、“世界でもっとも広いプレイ環境を持つ家庭用ゲーム”としてギネス世界記録に認定されたとのこと。

[池谷勇人,ITmedia]

関東4県の総面積よりも広大なマップ

 コードマスターズが先日発表した、PS3/Xbox 360用レースゲーム「FUEL(フューエル)」が、このたび“世界でもっとも広いプレイ環境を持つ家庭用ゲーム”として、ギネス世界記録に認定されたそうです。

 一体、ギネスに認定されるほどのマップとはどれくらいの広さなのか? 発表資料によると「FUEL」で描かれるレースワールドは、総面積なんと1万4400平方キロメートル以上。これは東京・神奈川・千葉・埼玉の4県を足した面積をさらに上回り、マップの端から端まで移動するだけでもゆうに3時間はかかるというトンでもないものだそう。プレイヤーはこの広大なマップの中を、バギーやジープ、バイクといった様々な乗り物で駆け抜けながら、あちこちで行われる過酷なレースイベントに参加していくことになります。

 以下は本作のプロデューサーを務める、コードマスターズ・Phil Wright氏のコメント。

「『FUEL』がギネス世界記録に認定されることにより、私たちが目指してきたものが正しかったと裏付けられ、大変嬉しく思います。バラエティに富んだ環境や種類の豊富なマシン、そして絶大なスケールは、他のゲームでは成し得ない、『FUEL』だからこそ提供できるものであり、同タイトルは史上最も革新的なレースゲームの一つです。空前の魅力的な家庭用ゲームとして認定されたことを非常に光栄に思います」(Phil Wright氏)

 最近ではこうしたオープンワールド型のレースゲームもさほど珍しくはなくなってきましたが、総マップ面積1万平方キロメートル以上というのはさすがに前代未聞。コードマスターズに問い合わせてみたところ、本作の舞台は環境汚染が進んだ近未来、マップは北アメリカの荒野をモチーフとしつつも、グランドキャニオンやユタの塩平原、イエローストーン国立公園やレーニア山といった、北米大陸のさまざまな地域や観光名所などを随所に盛り込んだ、言わば「ベストセレクション」的なものとなっているそうです。

 また、これらのマップはすべて衛星データを元にデザインされており、レーニア山の標高からグランドキャニオンの深度に至るまで、実在の地形を限りなく忠実に再現。どんな有名スポットが収録されているかについてはまだ「これから順を追って公開していく予定」とのことですが、グランドキャニオンなどの、誰もが知っている有名スポットをバイクやATVで爆走するのはかなり楽しそう。箱庭好きにとってはたまらないタイトルとなりそうです。

 なおPhil Wright氏によれば、これだけの規模のマップを従来の方法で開発した場合、おそらく「レースワールドだけで数枚のブルーレイ・ディスクが必要になるでしょう」とのこと。これをたった1枚のDVDに納めることができたのも、衛星データに基づきマップを生成するという、本作独自のエンジンによるところが大きいとのことでした。

「開発者でさえ到達していないエリアもあり、それが『FUEL』の楽しみなのです。次の山に何があるか、どんな発見がこの先に待ち受けているのか、またどんなレース、解除可能なカラーリングやマシンが手に入るのか、といったワクワク感が本作の醍醐味です」(同氏)

 本作「FUEL」は、北米地域では6月2日に発売済み、日本では今秋発売予定となっています。またギネス認定の記録は、次号の「Guinness World Records Gamer's Edition」に収録されるとのことです。


(C)2008 The Codemasters Software Company Limited (“Codemasters”). All rights reserved. “Codemasters”(R) is a registered trademark owned by Codemasters. “Fuel”(TM) and the Codemasters logo are trademarks of Codemasters. GameSpy and the “Powered by GameSpy” design are trademarks of GameSpy Industries, Inc. All rights reserved. All other copyrights or trademarks are the property of their respective owners and are being used under license. Developed by Asobo Studios S.a.r.l. and published by Codemasters.


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2107/23/news003.jpg ぬいぐるみを抱いて眠る保護子猫、寂しくなって……? 飼い主さんのもとへ行く姿がもん絶級にかわいい
  2. /nl/articles/2107/22/news018.jpg 【漫画】夫の買い置きを勝手に食べ、謝る妻だったが…… 思いがけない夫の愛ある言葉に「前世は仏様か?」の声
  3. /nl/articles/2107/23/news050.jpg 小学生に読書感想文の書き方教えるテンプレが最高にわかりやすい 学生時代に「欲しかった」と2万“いいね”
  4. /nl/articles/2107/22/news009.jpg 「私たち、どうして終わったんだっけ」―― 元カレと再会して本当の“別れの理由”に気付く漫画が切なくも心に刺さる
  5. /nl/articles/2107/22/news011.jpg リモートワークになったので田舎に移住してみたら…… ワケありなメイドさんと暮らすことになった漫画に「かわいい」「うちにも来てほしい」の声
  6. /nl/articles/2107/23/news014.jpg 「目がおかしくなりそうなぐらいアザラシの最中作っています」 まんまるでコロコロな「アザラシ最中」がずっと眺めていたくなるかわいさ
  7. /nl/articles/2107/23/news006.jpg シリアスなの? ギャグなの? 漫画「エスパー少女が花嫁を奪いにくる話」にツッコミが追いつかない
  8. /nl/articles/2107/22/news039.jpg 「ベンツが似合いすぎる」 矢沢永吉、28歳・ソロデビュー間もないころに買った愛車を披露 「やっぱ最高にセンスがイイ」の声
  9. /nl/articles/2107/23/news002.jpg 【なんて読む?】今日の難読漢字「蕩ける」
  10. /nl/articles/2107/22/news005.jpg 赤ちゃんウサギの世話をするハト 大きくなってもあたため続ける姿に愛があふれている

先週の総合アクセスTOP10

  1. 上野樹里、“娘”の誕生日に愛情たっぷり手作りオムライス公開 「がんばろうね ママより」と祝福メッセージ
  2. 石橋貴明&鈴木保奈美が離婚報告 今後は“事務所社長と所属俳優”として「新たなパートナーシップ」構築
  3. 元ブルゾンちえみ・藤原史織、最新ショットに反響 「更に痩せた?? 可愛すぎる」「素敵です!! 足細いですね」
  4. 「美容師人生の集大成を見せる」 タンザニアハーフ女子を縮毛矯正したら「美容師ナメてた」「人生変わるレベル」と360万再生
  5. 出勤時、妻にいつになく強く抱きしめられた夫→妻が家に帰ってくると…… 何気ない日常を描いた漫画にツッコミつつもジーンとする
  6. 怒られたシェパード、柴犬の後ろに隠れたけど…… でっかくて丸見えなしょんぼりワンコが応援したくなる
  7. 塚本高史、中2長女&小6長男の背の高さに驚き 「なんじゃこいつらの成長の早さは!」「俺身長抜かれるんか?」
  8. 「声出して笑った」「狂人度高くて好き」 自転車泥棒を防ごうと不吉そうな箱を自作→まさかの結末迎える漫画が話題に
  9. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  10. 基地で生まれ育った子猫、兵士が足踏みすると…… まねをして一緒に行進する姿がかわいい

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」