日本とアメリカにおける腐女子の違いとは? 日米腐女子座談会

DIGITAL MANGAとガンホー・オンライン・エンターテイメントは日本と海外の腐女子による座談会を開催した。国籍による様々な違いが浮き彫りになった当日のディスカッションをリポートする。

» 2009年06月05日 14時59分 公開
[ふじたけ,ITmedia]

 ボーイズラブの略語であるBLという単語を様々なところで目にするようになって久しい。BLを好む腐女子に、国籍による違いはあるのだろうか?

当日は15人のBL愛好家が集合

当日集まったみなさん。どなたもパワフルな方でした

 日本初の女性オタク層向け総合情報サイト「がる★パラ!」を運営するガンホー・オンライン・エンターテイメントは、北米のBLマーケットにおいて65%のシェアを持つDIGITAL MANGAと合同で日米腐女子座談会を開催した。この企画はDIGITAL MANGAが企画した、乙女ロードなど腐女子の聖地を巡礼する外国人向けツアーの参加者と日本に住む腐女子が対談形式で話し合うというもの。

 当日はアメリカやカナダ、オーストラリアから来日した10人の外国人腐女子と、日本の腐女子を代表してアニメ版「間の楔」のプロデューサーである鳥飼えいこさん、アニメ雑誌などでライターを務める株田馨さん、がる★パラ!編集長の杉浦郁代さん、同じくがる★パラ!編集部の赤松愛さん、BLを愛する男性、“腐男子”研究の第一人者である吉本たいまつさんによるディスカッションという形式で進められた。

アメリカで“BL”という表現が使われない理由

海外の腐女子の現状について熱心に聴く日本代表。左から赤松さん、鳥飼さん、株田さん

 まずはアメリカのBL文化について理解したい。腐女子歴10年を数えるTracyさんが「アメリカのBLマーケットはまだまだ小さいものです。アメリカで腐女子は“YAOI fan girls”と呼ばれています。なぜ日本のように“boys love”という表現が用いられないかというと、アメリカでboys loveというと少年嗜好(いわゆるショタ好き)を意味するからなのです。ノーマルな人がboys loveと聞くとそういったニュアンスで理解されてしまいますので、YAOIという表現が用いられているんです」と説明してくれた。ちなみにカナダもアメリカと近いということもあってか、似通った傾向であるようだ。


オーストラリアのBLについて説明するBethanyさん。左が妹のEmmaさん

 オーストラリアではどうだろうか。「オーストラリアは人口が少ないこともあって、アニメやマンガのファンというのもそれに比例して少ないです。けれどやおいファンはすごく自分を主張するし、みんなが家族のようなグループを形成していて、日本のカルチャーをすごく愛しています。アメリカで日本のBLコミックを購入すると12ドルくらいなのですが、オーストラリアでは輸送費が上乗せされるので30ドルくらいになってしまうんです。それでもみんなBLファンをやめようなんて気持ちは全くありません(笑)」今回、妹のEmmaさんと姉妹で参加しているBethanyさんがそう話す。

海外のBLファンは言葉の壁などものともしない

Wendyさんは自分が所持しているBLコミックを持参してくれた

 英語圏で暮らす人々が「日本語は難しい」とこぼすことは珍しくない。だが、海外に住む腐女子たちにとって言語の壁は問題ではないようだ。「コミックだけではなく、ドラマCDなども日本語版以外ありえないですね。日本の声優のレベルはアメリカの声優なんかと比べ物にならないくらい高いです。私は子安武人さんが大好きで、彼が出演している作品はほとんどチェックしています!」と、15歳のころから腐女子であるというJenniferさんが身振り手振りを交えながら熱く語ってくれた。

 議論が白熱してきて、収まりがつかなくなってくる。Bethanyさんが「日本はBLグッズが本当に入手しやすくてうらやましい! 私は『学園ヘブン』のフィギュアがすごく欲しかったのですが、オーストラリアでは入手する手段がなくて……。すごくジェラシーを感じます」と心底悔しそうに話す。これには赤松さんも、「私も仕事用デスクの周りにたくさん飾るほどフィギュアが大好きなので、その気持ちはすごく分かります!」と同調した。ここに、国籍を超えた友情が生まれた。


吉本たいまつさん

 続いて同人誌などのファン活動に関する話題へ。同人誌は(基本的には)アマチュアの作家が制作するものだ。当然、Amazonなどに流通することはない。BL系アイテムを取り扱う海外のお店で同人誌は販売されているのかと吉本たいまつさんが尋ねると、一堂は口を揃えて「No!!」と断言。基本的にイベントでのみの販売だそうで、Kathleenさんはサンフランシスコにて毎年開催されるYAOI Conventionで購入しているという。ちなみにBethanyさんと、カナダから来日したErinさんは今回のツアーでアニメイト、とらのあな、まんだらけなどをハシゴして大量の同人誌を買い込んだらしい……。

もっとも大きな差が出た日米の腐女子にとってのカップリングの考え方

ディスカッションの様子

 座談会は徐々にディープな方向に進む。日本の腐女子たちはカップリング(いわゆる誰が攻めで誰が受けなのかということ)について強いこだわりを持つ人が多い。しかし海外では違うようだ。10人中10人が、たとえ自分が好きなカップリングでなくとも抵抗なく受け入れられるという。その理由として、多数の人が「ゲイの友だちがたくさんいて、彼らは攻めになったり受けになったりするので私たちも攻めと受けを頭の中でスイッチできる」と答えた。これには赤松さんも驚き、「日本の現状からするとカップリングの逆転は受け入れづらいですね」と外国人腐女子たちに説明した。

 日本で“生もの”と呼ばれるような、実在する芸能人を基に妄想していくようなジャンルは海外では存在するのか。これについては意見が分かれた。ソフトなBL作品が好きだというDianaさんは「リアルな世界ではイマジネーションしない」と、BL作品のアートワークが好きだというTracyさんは「リアルな人たちのものは“slash”と呼ばれています。BLとは違うものですが、slashも好きです」と話した。日本でも2Dと3Dで好みがはっきり分かれる人がいるのと同様に、人それぞれのようだ。

座談会の途中で間の楔のプロモーションムービーが上映された。男性同士のキスシーンで黄色い声が飛び交うなど、日本と同じような光景が見られた(左)。上映会後はプロデューサーの鳥飼さんへの質問タイムも

オープンマインドな海外の腐女子たち

 座談会も時間切れとなる。最後に、日本では腐女子であることを隠す人が多いがみなさんの国ではどうかという質問が飛び出すと、みな一様に口をそろえて「Everyone knows.」と断言した。

 育った国や文化、周りにいる友人・知人の影響による差は確かに存在した。しかし作品やキャラクターを愛する気持ち、そしてそれらをエネルギーにして妄想していくところは恐ろしく似通っているものだった。一緒に楽しみを共有できる外国人の友人が欲しいというBLファンの方は、気軽に話しかけてみてはいかがだろうか。それは新しい世界に触れられる、素晴らしいきっかけとなるかもしれない。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2403/03/news009.jpg 田舎道を車で走っていたら、白鳥がのんびりと…… 見送ったあとのまさかの出来事が100万再生「えっ?って声に出た」「なんて平和なんだ」
  2. /nl/articles/2403/03/news007.jpg 泣き出した1歳妹、理由を察した5歳兄が近づいて…… スマートなサポートに「優しくて良い子」「ホンマに素敵な兄妹やなー!」
  3. /nl/articles/2403/01/news052.jpg スーパーで売れ残っていた半額のカニを水槽に入れてみたら…… 220万再生された涙の結末に「切なくなった」「凄く感動」
  4. /nl/articles/2403/02/news025.jpg イケメンを自覚しているインコの登場シーンに「歩き方がww」「10回はリピート」 笑いをこらえきれない姿がSNSで話題
  5. /nl/articles/2403/03/news012.jpg 築56年の小さな平屋→扉を開けると…… “予想もつかない内装”のレトロ物件に仰天「ギャップがすごい」
  6. /nl/articles/2403/03/news010.jpg わらべうたで遊んでいた兄妹、次の瞬間まさかの展開に……! 240万再生の入れ替わりに「大爆笑した」「めっちゃ可愛いイリュージョン」
  7. /nl/articles/2403/03/news019.jpg 犬「あやしいやつだ」→キツネに吠えてみようとした結果…… まさかの先制“口撃”に柴犬タジタジ「キツネの鳴き声初めてきいた」
  8. /nl/articles/2403/02/news028.jpg □に入る漢字はなんでしょう 空欄を埋めて熟語を作る“漢字パズル”に挑戦しよう
  9. /nl/articles/2402/29/news183.jpg 少女がメンズカットにした結果……! 劇的なイメチェンに「イケメンすぎる!」「絶対モテる」と大絶賛
  10. /nl/articles/2403/03/news014.jpg 双子の赤ちゃんが布をかぶって…… 世界一平和な“いないいないばあ”が100万再生「なんて幸せな世界」「笑い声に癒されます」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 小泉進次郎、生後3カ月の長女を抱く姿に「貴重なパパの顔」 2023年末には小泉元首相の“幸せじいじ姿”も話題に
  2. 庭にアジサイがあるなら知っておくべき!? 春になる前に急いでやりたい“大きな花を咲かせる”お手入れ術に反響続々
  3. 生まれたばかりの孫に会いに来た両親、赤ちゃんを見た瞬間号泣し…… 幸せあふれる光景に「一緒に泣いちゃいました」
  4. つんく♂、「僕の大好きな妻」と元モデル妻の貴重ショット公開 「めちゃくちゃお綺麗」と反響
  5. 小泉純一郎元首相、進次郎&滝クリの第2子“孫抱っこ”でデレデレ笑顔 幸せじいじ姿に「顔が優しすぎ」「お孫さんにメロメロ」
  6. 「ずっと手を触って」「強烈な口説きが」 グラドル、元K-1王者のセクハラ行為を“告発”→反論しバトルに 「引っ込んどけよロバは」謎の容姿罵倒で流れ弾も
  7. 2歳娘、帝王切開で入院するママの前では強がっていたが…… 離れてから号泣する姿に「いじらしくて可愛くて朝から泣いた」
  8. 業務スーパーの“高コスパ”人気冷凍商品に「基準値超え添加物」 約1万5000個販売……自主回収を実施
  9. 長女と赤ちゃんの夜のルーティンが「可愛いしか言えん」 愛が強すぎな姉から逃げる姿に「嫌いじゃないのねw」「素敵な姉妹」
  10. 「ほんと愛でしかない」「心から尊敬します」 “6男7女の大家族”うるしやま家のスーパーママ、“15人分のお弁当作り”が神業レベルで称賛の声
先月の総合アクセスTOP10
  1. 釣れたキジハタを1年飼ってみると…… 飼い主も驚きの姿に「もはや、魚じゃない」「もう家族やね」と反響
  2. パーカーをガバッとまくり上げて…… 女性インフルエンサー、台湾でボディーライン晒す 上半身露出で物議 「羞恥心どこに置いてきたん?」
  3. “TikTokはエロの宝庫だ” 女性インフルエンサー、水着姿晒した雑誌表紙に苦言 「なんですか? これ?」
  4. 1歳妹を溺愛する18歳兄、しかし妹のひと言に表情が一変「ちがうなぁ!?」 ママも笑っちゃうオチに「かわいいし天才笑」「何度も見ちゃう」
  5. 8歳兄が0歳赤ちゃんを寝かしつけ→2年後の現在は…… 尊く涙が出そうな光景に「可愛すぎる兄妹」「本当に優しい」
  6. 1人遊びに夢中な0歳赤ちゃん、ママの視線に気付いた瞬間…… 100点満点のリアクションにキュン「かわいすぎて鼻血出そう!」
  7. 67歳マダムの「ユニクロ・緑のヒートテック重ね着術」に「色の合わせ方が神すぎる」と称賛 センス抜群の着こなしが参考になる
  8. “双子モデル”りんか&あんな、成長した姿に驚きの声 近影に「こんなにおっきくなって」「ちょっと見ないうちに」
  9. 犬が同じ場所で2年間、トイレをし続けた結果…… 笑っちゃうほど様変わりした光景が379万表示「そこだけボッ!ってw」
  10. 新幹線で「高級ウイスキー」を注文→“予想外のサイズ”に仰天 「むしろすげえ」「家に飾りたい」