連載
» 2009年06月09日 13時57分 公開

zoome今週のpickup:「ゲーム動画ウォッチャー」(第8回)

世にも珍しい、対戦型シューティングゲーム。

[仲村名人,ITmedia]

 しかしまあ何ですねえ、生きていると、知らないうちに人様に迷惑をかけてしまうことなんかもあったりして、それに気付いた時に自己嫌悪に陥ってしまうこともありますよね。そういう時には、せめてもの罪滅ぼしに他人に優しくしたくなる今日この頃ですが、皆さんいかがお過ごしでしょうか?

 さて、今日も今日とて「なんか面白い動画はないかなあ……」と思いつつ、マウスポテトでネットサーフィンをしていたのですが、今回はいいネタが入りましたよ、お嬢さん!

 テレビゲームというものが発明されてから、今までに発売されたゲームソフトなんてものは星の数ほど存在するわけですが、このジャンルに属するものは数えるほどしかないのでは? というわけで、今回紹介するのは対戦型シューティングゲーム「ティンクルスタースプライツ」です。

 このゲームは、左右に分割された画面で、お互いのプレイヤーがそれぞれ別の敵を撃って倒すというシステムになっています。え、それのどこが対戦型なのかって? よくぞ聞いてくれました。倒した敵は対戦相手側の画面に送り込まれて、対戦相手に襲いかかります。つまり、敵を倒すことによって間接的に対戦相手を攻撃することができるのです。文章で説明してもいまいちピンと来ない人もいらっしゃると思うので、まずはAegisさんのプレイ動画をご覧下さい。


 ゲームのシステムとか関係なく、かわいらしい登場キャラクター達を見て「ティンクルスタースプライツ」に興味を持った方もいらっしゃるのでは? せっかくキャッチしたハートを簡単には放しませんよ〜、というわけで続いてはこれまたAegisさんの投稿による「SS版ティンクルスタースプライツ OP」をご覧下さい。

 いやー……、うーん……、何と申したらよろしいのでしょうか……。最初に聴いた時は「なんじゃこりゃ!?」と思いましたが、何度も聴くうちにくせになって、しまいには中毒になってしまいそうな曲ですね。というか、すでに中毒になりかけてるんですが、どうしたらいいですか? 心のベストテン、今週の第一位はこの曲になりそう。


 ちなみに「ティンクルスタースプライツ」の発売元であるADKという会社、倒産してしまったので現在は存在しません。セガサターン版はADKから発売されたのですが、ドリームキャスト版は版権を引き継いだSNKから発売されました。が、そのSNKも倒産してしまい、SNKの系列会社だった「プレイモア」が版権を引き継ぎ、プレイモアが社名を変更して「SNKプレイモア」となり、現在に至ります。諸行無常。

 なんて考えながら会社のサイトを見てびっくり。なんと本社が移転するそうです。しかも発表されたのは6月8日。何これ、ものすごいタイムリーな話題じゃん! 

 余談ですが、「ティンクルスタースプライツ」の開発スタッフの一部は再び集結して、現在「どきどき魔女神判」シリーズの開発を手掛けているんだそうです。伝説はまだ終わるどころか、現在進行形で続いていると思うと、なんだか感慨深いものがありますね。

 というわけで、お楽しみいただけましたでしょうか? 次回もおすすめの動画を紹介したいと思いますので、よろしくお願いします。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  3. 圧倒的疾走感ッ! 深田恭子、ドローン撮影のサーフィン動画が「うわぉ カッコいい!」「水を得た魚のよう」と反響
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. 印刷した紙がプリンタから次々消失 → 原因を突き止めた動画に爆笑 「紙隠し」「ピタゴラスイッチだ」
  6. 「イチャイチャ感半端ない」 ヒロミ、妻・松本伊代をヘアカットする動画が130万回再生超えの大反響
  7. 「パワポで作った」 離れると意味が分かる岐阜新聞の「Stay Home」広告が話題、制作したのはデザイン経験のない営業社員
  8. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  9. 「私も撮りたい、貸して!」と言われて娘にカメラを渡したら―― 26万いいねを集めた衝撃写真を御覧ください
  10. 「レターパックプラスがボロボロの状態で郵便受けに入ってた」 受領印必須のサービス、明らかな過失でも補償なし? 日本郵便に聞いた