ニュース
» 2009年06月10日 19時09分 公開

“そこにないもの”を映し出す「拡張現実ゲーム」の世界が間もなくやってくる?日々是遊戯

「電脳コイル」に出てくる“電脳メガネ”のような、「拡張現実」の世界が、もうすぐゲームでも体験できるようになるかもしれません。

[池谷勇人,ITmedia]

実用化は意外に近い?

 「拡張現実(AR/Augmented Reality)」という言葉をご存じでしょうか。

 簡単に言えば、現実空間上にCGなどの映像を重ねて、本来そこにはないはずのモノや情報を、まるで本当に実在しているかのように見せる技術のこと。そんな「拡張現実」の世界が、もうすぐゲームでも体験できるようになるかもしれません。

DSiのカメラで幽霊を探せ――「Ghostwire」(DSi)

あなたの部屋にも幽霊が潜んでいるかも……

 ひとつは、スウェーデンの開発会社A Different Gameが先日発表した、「Ghostwire」というゲーム。プレイヤーはゴーストハンターとなって、現実空間のあちこちに潜む「幽霊」たちを探して捕まえていくわけですが、DSiのカメラ越しに浮かび上がる幽霊たちの姿はちょっと衝撃的。“見えないものが見える”という「拡張現実」の特徴を、うまく生かしたゲームと言えそうです。

 ちなみにDSi専用で、残念ながら日本での発売については未定。動画はDS版ではなく、すでに配信中の携帯電話版(日本未配信)のものですが、おおよそのゲーム内容は掴んでいただけるかと思います。



Ghostwire (C) A Different Game.

机の上でモンスターたちがバトル!――「Invisimals」(PSP)

 もうひとつは、先日開催された「E3 2009」でSCEAが出展していた、「Invisimals」というゲーム。こちらはPSP用カメラを使った一種のモンスター育成ゲームで、さまざまな姿を持った“Invisimals”たちを捕まえ、育てて戦わせていくのがゲームの目的。カメラで現実空間を映して隠れたモンスターを捕まえたり、机やテーブルの上に専用のマーカーを設置することで、モンスターたちが本当に現実空間上で戦っているように見せたりと、ふんだんに盛り込まれた「拡張現実」要素が特徴となっています。

 他にも動画では、指でつつくとモンスターたちが反応したり、見つけたモンスターを手で叩いて捕獲したりといった要素も見られ、上記「Ghostwire」よりもさらに一歩進んだ「拡張現実」感が味わえそうです。ただしこちらも日本での発売予定などについては不明。

専用のマーカーをカメラで映すと、そこにモンスターが出現
カメラで映した場所がそのままバトルフィールドに
Invisimalsたちは現実世界のあちこちに隠れている


(C)2009 Sony Computer Entertainment Inc. Trademarks are properties of their respective owners.

バーチャルペットはここまで来た――「EyePet」(PS3)

 また、すでに発表済みのタイトルですが、同じSCEAの「EyePet」も一種の「拡張現実ゲーム」。こちらはPS3用のカメラで部屋を映すと、そこにかわいい小猿のような“EyePet”が現れ、なでたりつついたりして一緒に遊ぶことができるというもの。携帯ゲーム機のようにカメラそのものを外へ持ち出すことはできませんが、まるで生きているかのような毛並みのふさふさ感や、しぐさの細やかさなどはさすがPS3といったところ。もともとSCEは「EyeToy:Play」(PS2)や「THE EYE OF JUDGMENT」(PS3)など、早くからカメラを使ったゲームに積極的で、この「EyePet」も発売が楽しみなタイトルと言えそうです。

画面の中で、かわいいEyePetと遊ぶことができる
別のオモチャを出して遊ばせることも可能
手に入れた洋服でEyePetを着飾ることもできる

(C)2009 Sony Computer Entertainment Inc. Trademarks are properties of their respective owners.

 こうして見ると、さすがに「電脳コイル」の世界にはまだ遠いものの、「拡張現実」という技術自体は、かなり身近なものになりつつあることが分かると思います。今はまだ数は少ないですが、ゲームの可能性を大きく広げ得る革新的技術として、今後の動きにぜひ注目したいところです。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  2. 「モンストのせいで彼氏と別れました」→ 運営からの回答が“神対応”と反響 思いやりに満ちた言葉に「強く生きようと思う」と前向きに
  3. 「この抜き型、何ですか……?」 家で見つけた“謎のディズニーグッズ”にさまざまな推察、そして意外な正体が判明
  4. 人間に助けを求めてきた母犬、外を探すと…… びしょ濡れになったうまれたての子犬たちを保護
  5. 幼なじみと5年ぶりに再会したら…… 陸上選手から人間ではない何かに変わっていく姿を見てしまう漫画が切ない
  6. ブルボンの“公式擬人化”ついにラスト「ホワイトロリータ」公開 イメージ通り過ぎて満点のデザイン
  7. 「幸せな風景すぎて涙出ました」 じいちゃんの台車に乗って散歩するワンコのほのぼのとした関係に癒やされる
  8. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  9. 猫「飼い主、大丈夫か……?」 毎日の“お風呂の見守り”を欠かさない3匹の猫ちゃんたちがかわいい
  10. 天才科学者2人が最強最高のロボを作成するが…… 高性能過ぎて2人の秘密がバラされちゃう漫画に頬が緩む

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響