ニュース
» 2009年06月10日 19時09分 公開

“そこにないもの”を映し出す「拡張現実ゲーム」の世界が間もなくやってくる?日々是遊戯

「電脳コイル」に出てくる“電脳メガネ”のような、「拡張現実」の世界が、もうすぐゲームでも体験できるようになるかもしれません。

[池谷勇人,ITmedia]

実用化は意外に近い?

 「拡張現実(AR/Augmented Reality)」という言葉をご存じでしょうか。

 簡単に言えば、現実空間上にCGなどの映像を重ねて、本来そこにはないはずのモノや情報を、まるで本当に実在しているかのように見せる技術のこと。そんな「拡張現実」の世界が、もうすぐゲームでも体験できるようになるかもしれません。

DSiのカメラで幽霊を探せ――「Ghostwire」(DSi)

あなたの部屋にも幽霊が潜んでいるかも……

 ひとつは、スウェーデンの開発会社A Different Gameが先日発表した、「Ghostwire」というゲーム。プレイヤーはゴーストハンターとなって、現実空間のあちこちに潜む「幽霊」たちを探して捕まえていくわけですが、DSiのカメラ越しに浮かび上がる幽霊たちの姿はちょっと衝撃的。“見えないものが見える”という「拡張現実」の特徴を、うまく生かしたゲームと言えそうです。

 ちなみにDSi専用で、残念ながら日本での発売については未定。動画はDS版ではなく、すでに配信中の携帯電話版(日本未配信)のものですが、おおよそのゲーム内容は掴んでいただけるかと思います。



Ghostwire (C) A Different Game.

机の上でモンスターたちがバトル!――「Invisimals」(PSP)

 もうひとつは、先日開催された「E3 2009」でSCEAが出展していた、「Invisimals」というゲーム。こちらはPSP用カメラを使った一種のモンスター育成ゲームで、さまざまな姿を持った“Invisimals”たちを捕まえ、育てて戦わせていくのがゲームの目的。カメラで現実空間を映して隠れたモンスターを捕まえたり、机やテーブルの上に専用のマーカーを設置することで、モンスターたちが本当に現実空間上で戦っているように見せたりと、ふんだんに盛り込まれた「拡張現実」要素が特徴となっています。

 他にも動画では、指でつつくとモンスターたちが反応したり、見つけたモンスターを手で叩いて捕獲したりといった要素も見られ、上記「Ghostwire」よりもさらに一歩進んだ「拡張現実」感が味わえそうです。ただしこちらも日本での発売予定などについては不明。

専用のマーカーをカメラで映すと、そこにモンスターが出現
カメラで映した場所がそのままバトルフィールドに
Invisimalsたちは現実世界のあちこちに隠れている


(C)2009 Sony Computer Entertainment Inc. Trademarks are properties of their respective owners.

バーチャルペットはここまで来た――「EyePet」(PS3)

 また、すでに発表済みのタイトルですが、同じSCEAの「EyePet」も一種の「拡張現実ゲーム」。こちらはPS3用のカメラで部屋を映すと、そこにかわいい小猿のような“EyePet”が現れ、なでたりつついたりして一緒に遊ぶことができるというもの。携帯ゲーム機のようにカメラそのものを外へ持ち出すことはできませんが、まるで生きているかのような毛並みのふさふさ感や、しぐさの細やかさなどはさすがPS3といったところ。もともとSCEは「EyeToy:Play」(PS2)や「THE EYE OF JUDGMENT」(PS3)など、早くからカメラを使ったゲームに積極的で、この「EyePet」も発売が楽しみなタイトルと言えそうです。

画面の中で、かわいいEyePetと遊ぶことができる
別のオモチャを出して遊ばせることも可能
手に入れた洋服でEyePetを着飾ることもできる

(C)2009 Sony Computer Entertainment Inc. Trademarks are properties of their respective owners.

 こうして見ると、さすがに「電脳コイル」の世界にはまだ遠いものの、「拡張現実」という技術自体は、かなり身近なものになりつつあることが分かると思います。今はまだ数は少ないですが、ゲームの可能性を大きく広げ得る革新的技術として、今後の動きにぜひ注目したいところです。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2112/03/news106.jpg 45キロ減のゆりやんレトリィバァ、劇的変化の“割れたおなか”に驚きの声 「努力の賜物」「昔を思い出せない」
  2. /nl/articles/2112/03/news085.jpg 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  3. /nl/articles/2112/03/news088.jpg ダレノガレ明美、“痩せすぎ”指摘する声に「体絞っていました」 現在は4キロの増量 「ご安心ください」
  4. /nl/articles/2112/02/news159.jpg 骨折で入院のLiLiCo、小田井涼平との密着夫婦ショットで退院報告 「大きな男が迎えに来てくれた」
  5. /nl/articles/2112/03/news006.jpg 「楽しくないでしょひとりじゃ」→「楽しいですが」 バイト先のおひとりさま女子を描いた漫画に共感の嵐
  6. /nl/articles/2112/02/news156.jpg お台場のガンダムが撮影ミスでめちゃくちゃ発光 奇跡のショットが「自爆寸前」「トランザム付いてたっけ?」と話題
  7. /nl/articles/2110/12/news157.jpg 「身長もすっかり抜かれてしまった」 新山千春、15歳娘との長身2ショットで成長をひしひしと実感する
  8. /nl/articles/2112/02/news121.jpg 「俺、死ぬな」 はじめしゃちょー、5日続いた39度の熱で救急病院へ 4キロ減した“意外な原因”に「みなさんも気をつけて!」
  9. /nl/articles/2112/02/news133.jpg 岡田義徳、家族4人での初集合ショットが「愛あふれる写真!」と反響 妻・田畑智子は約8カ月ぶりのインスタ登場
  10. /nl/articles/2103/19/news141.jpg 鈴木光、美しい和服ショットで東大卒業を報告「先生と友人に感謝です!」 お別れ近づき“涙の祝福”メッセージ殺到

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」