ニュース
» 2009年06月11日 19時52分 公開

合成音声でミサトさんがニュースを読み上げる「葛城ミサト報道計画」の実力やいかに?日々是遊戯

6月6日よりスタートした、PS用報道番組「葛城ミサト報道計画」。最新の音声合成技術で再現されたという「三石ボイス」とはいかほどのものなのか?

[池谷勇人,ITmedia]

ミサトさんが報道番組のキャスターに

CGで描かれたミサトさんが、合成音声でニュースをお届けしてくれます

 既報の通り、バンダイナムコゲームスは6月6日、アニメ「ヱヴァンゲリヲン」の登場人物・葛城ミサトがニュースキャスターとなって、様々なニュースを読み上げてくれるPS3向け報道番組「葛城ミサト報道計画」をリリースしました。詳しくはこちらのニュース(「ミサトさんはニュースキャスター――『葛城ミサト報道計画』」)をどうぞ。

 ニュースを読み上げてくれるミサトさんの声は、日立超LSIシステムズの最新音声合成技術「Ruby Talk」により自動生成される仕組み。ミサトさんファンとしては、生の「三石ボイス」でないのがちょっと残念ですが、“最新音声合成技術”とPS3の力でどこまで「ミサトさん」を再現できるのかもちょっと気になるところ。百聞は一見にしかず――というわけで実際に購入して確かめてみました(ソフト自体は無料ですが、番組の視聴には30日800円のライセンス購入が必要)。

1番組あたりのボリュームは25〜50分となかなか

 ニュースの内容は社会・経済から芸能、スポーツ、サブカル(ゲーム含む)まで幅広く、1回の配信で大体25本程度のニュースをチョイスして取り上げてくれます。1本のニュースを読み上げるのに大体1〜2分かかるので、番組全体では25〜50分程度となかなかのボリューム。もちろん、興味のないニュースは飛ばすことも可能です。

 番組は最初にタイトルロゴが表示され、ミサトさんの挨拶に続いてその日のヘッドライン表示、その後個別のニュース読み上げへ――といった流れで進行していきます。番組の編成や画面レイアウトなどは実際のニュース番組にかなり忠実で、例えるならバラエティ色の薄い、朝5時台の「めざましテレビ」といった感じ。前半は比較的マジメなニュースを中心に扱い、後半ではサブカル・ゲーム系の話題がメインとなっています。

番組は「NERV NEWS 24」のタイトルロゴからスタート
ミサトさんのキャスターっぷりもなかなか板についてます
「エヴァ」っぽさ満点の画面レイアウトに思わずニヤリ

まだまだ「ミサトさん」には遠い音声合成

 ただ残念だったのが、期待していた「ニュース読み上げ」がイマイチだったこと。確かに、人の手による調整なしでこれだけ喋れるのはスゴいと思いますが、これが「ミサトさん」かと問われると、あくまで個人的な感想ですが、正直「うーん……?」といった感じ。やはりまだまだ「ロボット声」っぽさは強く残っており、長時間聞き続けるのはちょっとツラいかも、という印象を受けました。

 とは言え漢字や人名の読み方など、読み上げの精度はかなり高く、仮にこれが「ミサトさん」ではなく、無機質なロボットのようなキャラクターだったらきっと「おおっ、すげぇ!」となっていたはず(たまに「爆心地」を「ばくごこち」と読んだり、「原寸大ガンダム」を「げんすんおおがんだむ」と読んだりといったお茶目なミスもやらかしますが)。なまじグラフィックのデキがいいだけに、余計に違和感が際立つ結果になってしまっているのがつくづく残念です。

ニュースの読み上げについては、まだまだ不自然な部分も
さまざまにアングルを変えて見ることも可能です
「ほっしゃん。」の読み方にちょっと苦労の跡がうかがえました

30日800円は高い? 安い?

 そのほか、気分を変えたい時にはオプションでミサトさんの衣装や髪型、背景を変更することも可能。初期状態では、衣装はいつものドライブルック1種類のみ、髪型はロングとポニーテールの2種類、背景は司令室・マンション・教室の3種類からそれぞれ選択することができます。現時点で選択できない衣装などについては、今後追加コンテンツなどの形で配信されていく模様。

衣装は今のところ1種類しか選択できない模様
髪型にポニーテールがあるのが嬉しいところ
マンションでニュース番組というのも不思議な感じですが……

 ニュース番組としての作りは意外にしっかりしており、また文字を目で追わなくても声でニュースを読み上げてくれるため、「なにか別のことをしながら、とりあえず立ち上げておく」といった使い方ができるのはちょっと便利。字幕に頼らなくても、耳だけで十分にニュース内容を理解できるのは「Ruby Talk」さまさまです。

 ただ「まいにちいっしょ」や「Life with PlayStation」、Wiiの「ニュースチャンネル」といった同種のニュース配信サービス(いずれも無料)に比べて、本作のライセンス料は30日で800円とかなり強気の設定。ニュース配信サービスとしては十分な機能・クオリティを持っていますので、あとは「ミサトさんがニュースを読んでくれる」という付加要素に、それだけの価値を見いだせるかどうかがポイントでしょうか。

背景をマンションに変えるとこんな感じに
ミサトさん、イスの上であぐらはどうかと……
スクリーンセーバー機能も付いています

(C)カラー (C)2008 Cellius, Inc.


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 勝手に「サービス終了ゲーム総選挙」をやったら6700票も集まってしまったので結果を発表します 2位の「ディバインゲート」を抑えて1位に輝いたのは……
  2. ママとの散歩中、田んぼにポチャンした柴犬さんが帰宅後…… パパに一生懸命アクシデントを報告する姿がいとおしい
  3. “26歳年の差婚”の菊池瑠々、第4子妊娠を発表「もう、とにかくうれしいです!」 年上の夫も満面の笑み
  4. 桐谷美玲、隠し撮りに「絶対ヤバい顔」 “ほぼ半目”な不意打ち写真に「100点満点に可愛い」と全力フォローの声
  5. 村田充、3匹目の愛犬の存在明かす 神田沙也加さんから引き取ったブルーザーとは「数日で仲良くなりまして」
  6. 三浦孝太、母・りさ子誕生日に“家族4ショット”でお祝い キングカズも笑顔の写真に「家族が1番!」
  7. バレー日本代表の清水邦広の再婚に盟友・福澤達哉さん「相手は私ではございません」 元妻は中島美嘉
  8. 「駅の待合室をバケモンが占領している」→“謎の生き物”の正体について大分県立美術館に話を聞いた
  9. 滝沢カレン、倖田來未の“バックダンサー”になりすまし 感極まって「人一人洗えるくらい泣きました」
  10. 宮崎駿愛用の「電動消しゴム」が故障 → サクラクレパス公式が倉庫の奥から発掘 Twitterが繋いだ温かな展開が話題に

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」