ニュース
» 2009年06月15日 17時50分 公開

日々是遊戯:早すぎる続編にファン反発、3万人が「Left 4 Dead 2」不買を表明?

迫り来るゾンビたちの群れをなぎ倒しながら、閉鎖された街からの脱出を目指すホラーアクションゲーム「Left 4 Dead」。その続編発表のニュースを受け、一部のファンが購入ボイコット運動を起こしているとか。

[池谷勇人,ITmedia]

「続編」が必ずしも歓迎されるとは限らない?

STEAM内に立てられた「L4D2 Boycott (NO-L4D2)」のグループ

 先日ロサンゼルスにて行われた「Xbox 360 E309 Media Briefing」にて突如タイトルが発表され話題となった、PC/Xbox 360用ホラーアクションゲーム「Left 4 Dead 2」。前作のリリースからわずか半年強での続編発表ということで驚いた人も多かったと思いますが、海外では「早すぎる続編リリース」に一部ファンが反発、「Left 4 Dead 2」の購入をボイコットしよう――という運動に発展している模様です。

 ボイコット運動の中心となっているのは、オンラインゲーム配信サービス「STEAM」(「Left 4 Dead」の開発元であるValve Softwareが運営)内の「L4D2 Boycott (NO-L4D2)」というグループ。6月2日の続編発表からわずか2週間足らずで、グループの参加者は早くも3万人を突破、「Left 4 Dead 2」が発売される11月までに、まだまだ参加者は伸びそうな勢いです。

 普通に考えるなら、続編のリリースは早い方がいいように思えますが、「Left 4 Dead」はオンラインでの協力・対戦が最大の魅力と言ってもいいゲーム。もしも続編が発売されれば、当然大半のプレイヤーはそちらへ流れてしまい、オンラインプレイの魅力は半減。まだまだ多くのプレイヤーが熱中している名作を、たった1年で「時代遅れのタイトル」にしてしまう「Left 4 Dead 2」に、ファンが反発するのも無理はないかもしれません。これらを踏まえ、同グループではValve Softwareに対し「Left 4 Dead 2」を独立した単体の作品としてリリースするのではなく、前作の無料バージョンアップ、もしくは前作と完全な互換性のある“拡張版”としてリリースすることなどを望んでいるようです。

 こうした“続編への反発”は、実は海外に限ったことではなく、日本でも先日発表された「FINAL FANTASY XIV」に対し、「FINAL FANTASY XI」の一部ファンが反発するなど、似たような動きは起こっていたりします。一口に「続編発表」と言っても、オンライン・コミュニティ要素の強いゲームの場合、それが必ずしもすべてのユーザーに歓迎されるとは限らない――という、いい例かもしれません。

早ければいいというわけでもなく、遅ければいいものでもない……発売時期というのも実に難しいものです

(C)2009 Valve Corporation. All rights reserved. All trademarks are property of their respective owners in the US and other countries.


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  3. 圧倒的疾走感ッ! 深田恭子、ドローン撮影のサーフィン動画が「うわぉ カッコいい!」「水を得た魚のよう」と反響
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. 印刷した紙がプリンタから次々消失 → 原因を突き止めた動画に爆笑 「紙隠し」「ピタゴラスイッチだ」
  6. 「イチャイチャ感半端ない」 ヒロミ、妻・松本伊代をヘアカットする動画が130万回再生超えの大反響
  7. 「パワポで作った」 離れると意味が分かる岐阜新聞の「Stay Home」広告が話題、制作したのはデザイン経験のない営業社員
  8. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  9. 「私も撮りたい、貸して!」と言われて娘にカメラを渡したら―― 26万いいねを集めた衝撃写真を御覧ください
  10. 「レターパックプラスがボロボロの状態で郵便受けに入ってた」 受領印必須のサービス、明らかな過失でも補償なし? 日本郵便に聞いた