ニュース
» 2009年06月19日 19時34分 公開

日々是遊戯:イギリスの研究チームが「においの出るゲーム」を本気で開発中!?

英バーミンガム大学のある研究チームによって、現在「ゲームににおいを組み込む技術」が本気で研究されているそうです。もしかすると未来のゲームでは、「におい」まで体感できるようになるかも……?

[池谷勇人,ITmedia]

いずれは五感すべてを疑似体験できる日がくる!?

 いわゆる人間の五感のうち、現時点でゲームがカバーできているのは視覚、聴覚、触覚の3つ。しかし、もしかするとそう遠くない未来、これに第4の感覚「嗅覚」が加わることになるかもしれません。

MailOnlineの記事

 イギリスのニュースサイト「MailOnline」が伝えるところによると、英バーミンガム大学の研究チームが先日、ゲームに「におい」を取り入れる技術について「うまくいけば5年以内に商業利用可能である」と発表したそうです。

 彼らが提案する「におい配送システム(Scent Delivery System)」は、「においの元」となる特殊薬品と、薬品のにおいを外へ送り出すための4つのファンによって構成され、ゲーム内の状況に応じてファンが回転、においをプレイヤーに疑似体験させる仕組みとなっています。現在は主に軍事訓練への応用を念頭に開発が進められていて、すでに火薬や硝煙などのにおいをはじめ、港や病院、さらには下水に漂う悪臭なども再現することに成功しているとか。まだテスト段階ではあるものの、大学内ではすでに、オリジナルのFPSゲームと組み合わせてリアルな戦場のにおいを体感できるシステムが動いているそうです。

 研究チームのリーダーであるBob Stone教授によれば、これらの「におい」はシミュレーションのリアリティを飛躍的に向上させるのみならず、周囲のにおいから事前に危険や敵の存在を察知するなど、実際の兵士の訓練にも役立つだろうとのこと。

 もちろんゲームへの応用も比較的容易だそうで、もしかすると未来のゲームでは「風上から漂ってくる火薬臭を手がかりに、相手の居場所を察知する」とか「相手に場所を悟られないために風下から接近する」なんてプレイが当たり前になっているかもしれません。ホラーゲームなんかで採用されたらものすごく怖そうですが、果たして実現される日は来るのでしょうか……。

FPSへの導入イメージ
さまざまなにおいを再現した薬品類

関連キーワード

イギリス | 大学・大学院 | 日々是遊戯


(C)Nick Wilkinson/newsteam.co.uk


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 嫌がらせ急ブレーキで追突 トラクターの進路を妨害した「あおり運転」ベンツ、ぶつけられたと運転手がブチギレ
  3. 猫「雪なんてへっちゃらニャー!」 雪の中を豪快に突き進む猫ちゃんに「ラッセル車みたい」「ワイルドかわいい」の声
  4. 「Lチキひとつ」 → 買った物をよくみると? コンビニで犯したありがちな間違いを描いた4コマに「あるある」「逆もある」
  5. 柴犬「きゃほほーーい!!」 初めての雪に“喜びが限界突破した”ワンコの駆け回る姿がかわいい
  6. 「ホント太るのって簡単!」「あっという間に70キロ」 内山信二の妻、夫に生活リズムを合わせた“ふとっちょ時代”公開
  7. ルーフから赤色灯がひょっこり 埼玉県警、スバル「WRX S4」覆面パトカー3台を追加導入!? Twitterにアップされた目撃情報が話題に
  8. 益若つばさ、YouTubeで12歳息子と共演 礼儀正しい振る舞いに「教育がちゃんとされてる」
  9. トップの座を奪われ……美大生が天才の編入生を刺し“殺す”漫画に「泣きそう」「同じ経験した」の声
  10. タイからバズーカ砲をかかかえたようなミニバイク「GUNNER50」が日本上陸 思わずキュンと来ちゃうやばいデザイン