ニュース
» 2009年06月26日 00時00分 公開

KORG DS-10強化版「DS-10 PLUS」 DSiなら2倍のパワフルシンセに

「DS-10」の強化版「DS-10 PLUS」はライブ演奏での幅を広げるSONGモードを強化。DSiを使えば従来の2倍の音数が使える。

[ITmedia]

 ニンテンドーDSをシンセサイザーに変身させる「KORG DS-10」は、昨年7月の発売以来大ヒットとなり、プロミュージシャンも巻き込んだ大きなムーブメントとなった。発売元のAQインタラクティブは6月26日、その強化版「KORG DS-10 PLUS」を9月17日に発売すると発表した。DSiに装着すれば2倍の音源を使えるという「Dual DS-10モード」も備える。

 シーケンサーに打ち込んだフレーズを小節単位で再生する「SONGモード」は、ライブ演奏で多用されるものだが、新製品では演奏中にパラメータ変更が可能になり、即興で音色やメロディーを変えながらプレイしていくことが容易になった。特定のトラックをミュートにするコントロールもプログラム可能になったため、プレイヤーが意図するパフォーマンスにより近づける。

 DS-10は基本的に2VCOのアナログシンセサイザーが2台分、独立して使える仕様だが、DSiを使えば従来の2倍の音数が使える。つまり、4台分のアナログシンセをコントロールできるのだ。音数だけでいけば「MS-10」や「MS-20」というよりも、往年の名機である「Mono/Poly」並み。Mono/Polyが1VCOだったことを考えればそれを超えるものだ。これはシンセパートだけではなくドラムパートにも適用されるため、ドラムは8パート。合計で12トラックのシーケンサーを備えたシンセサイザーへと進化する。

 価格は3990円。従来のニンテンドーDSでも使えるが、DSiにスイッチしたくなる。

 AQインタラクティブは、神奈川県の子どもたちにシンセサイザー音楽の楽しさを教える「神奈川県子ども会DS-10キャラバン」を6月27日に、DS-10発売1周年を記念したクラブイベント「KORG DS-10 1st Aniversary Part」を7月25日に開く予定。イベントではDS-10 PLUSの初披露を予定している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  3. 圧倒的疾走感ッ! 深田恭子、ドローン撮影のサーフィン動画が「うわぉ カッコいい!」「水を得た魚のよう」と反響
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. 印刷した紙がプリンタから次々消失 → 原因を突き止めた動画に爆笑 「紙隠し」「ピタゴラスイッチだ」
  6. 「イチャイチャ感半端ない」 ヒロミ、妻・松本伊代をヘアカットする動画が130万回再生超えの大反響
  7. 「パワポで作った」 離れると意味が分かる岐阜新聞の「Stay Home」広告が話題、制作したのはデザイン経験のない営業社員
  8. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  9. 「私も撮りたい、貸して!」と言われて娘にカメラを渡したら―― 26万いいねを集めた衝撃写真を御覧ください
  10. 「レターパックプラスがボロボロの状態で郵便受けに入ってた」 受領印必須のサービス、明らかな過失でも補償なし? 日本郵便に聞いた