偉大なる「キング・オブ・ポップ」、マイケル・ジャクソンがゲーム業界に残した足跡を振り返る日々是遊戯

偉大なミュージシャンであると同時に、実は熱烈なゲームファンのひとりでもあったマイケル・ジャクソン。彼は音楽シーンのみならず、ゲーム業界にも多くの足跡を残していきました。

» 2009年06月30日 18時50分 公開
[池谷勇人,ITmedia]

本当にゲーム好きだったマイケル

 去る6月25日、50歳という若さでこの世を去ったポップの王様、マイケル・ジャクソン。大のゲーム好きで、中でも特にセガのゲームがお気に入りだったというマイケルは、ゲームにも多くの出演歴を持ち、音楽ファンのみならずゲームファンからも愛される存在でした。

 今回はそんなマイケルへの追悼の意を込めて、彼がゲーム業界に残した足跡を動画で振り返ってみたいと思います。

マイケル・ジャクソンズ・ムーンウォーカー(セガ/1990年/メガドライブ)

 誘拐された子供たちを助けるため、マイケルが自慢のダンスマジックを武器に誘拐組織と戦っていく横スクロールアクションゲーム。バラエティ番組の「トリビアの泉」でも紹介されていたが、当時セガのアミューズメントセンターを訪れたマイケルがアミューズメントセンターを非常に気に入ったことから、自らセガに制作を提案した作品として有名。マイケル本人による「ポォォウ!」などのボイスサンプリングはもちろん、「今夜はビート・イット」や「バッド」といったマイケルの名曲がBGMとしてふんだんに使われているのもファンには嬉しい。ちなみにゲーム中、ある条件を満たすとマイケル自身がロボットに変身するという驚きの演出でも話題となった。

(C)Notice of Copyright and Trrademark "MICHAEL JACKSON'S MOOMWALKER TM "video game program developed by Sega Enterprises,Ltd."MICHAEL JACKSON'S MOOMWALKER TM " video game program codes (C)1990 Sega Enterprises,Ltd.All rights reserved.This game is based on the motion picture "MOOMWALKER" (C)1988 Ultimate productions.

マイケル・ジャクソンズ・ムーンウォーカー(セガ/1990年/アーケード)

 ストーリーは上記メガドライブ版と同じだが、こちらは3人まで同時プレイ可能なクォータービュー型のアクションゲームとなっていて、ゲーム内容的にはまったくの別モノ。ムーンウォークやダンスによる攻撃など、マイケルらしいアクションがしっかり再現されていて、こちらもファンの評価はかなり高かった。

(C)Notice of Copyright and Trrademark "MICHAEL JACKSON'S MOOMWALKER TM "video game program developed by Sega Enterprises,Ltd."MICHAEL JACKSON'S MOOMWALKER TM " video game program codes (C)1990 Sega Enterprises,Ltd.All rights reserved.This game is based on the motion picture "MOOMWALKER" (C)1988 Ultimate productions.

スペースチャンネル5(セガ/1999年/ドリームキャスト)

 ゲーム終盤、モロ星人によって踊らされてしまった地球人の一人「スペースマイケル」として友情出演。「フォーゥ!」「サンキュー、ウラーラ」といったセリフの数々はもちろんマイケル本人によるもので、これは当時プロデューサーが渡米した際、たまたま持って行った試作版を見せたところマイケルがその内容をいたく気に入り、映像に合わせて吹き込んだ音声を後日セガ本社に送ってきたためだそう。後にPS2にも移植。

(C)SEGA CORPORATION,1999

スペースチャンネル5 part2(セガ/2002年/ドリームキャスト・プレイステーション2)

 前作はマスターアップ直前の「飛び入り」出演だったこともあり、登場シーンは終盤の一箇所のみだったが、今回は「チャンネル5局長」というポジションに昇格。終盤ではうららとともに戦う主要メンバーの一人として活躍するなど、ストーリー内でもかなり重要な位置を占める存在となった。

(C)SEGA,2002

Ready 2 Rumble Boxing Round 2(Midway Gamez/2002年/プレイステーション2)

 日本ではコーエーより発売。クリントン元大統領やシャキール・オニールなど実在の有名人も登場するコミカルタッチのボクシングゲームで、隠しキャラクターの一人としてマイケルも登場。RUMBLEパワーが溜まると、ダンス演出とともにグローブが光をまとい、必殺のパンチを放つことができるようになる。登場シーンや勝利ポーズではもちろん得意のダンスを披露してくれる。

READY 2 RUMBLE BOXING ROUND 2 (C) 2001 Midway Home Entertainment Inc. All Rights Reserved. Likeness of Michael Buffer and the READY TO RUMBLE trademark used under license from Buffer Partnership (www.letsrumble.com). Likeness of Shaquille O'Neal used under license. Likeness of Michael Jackson depicted pursuant to a license agreement with Triumph International, Inc. Certain political figures are parodied in this game. Neither William Jefferson Clinton nor Hillary Rodham Clinton endorse this game. All other character names are trademarks of Midway Home Entertainment Inc. MIDWAY and the Midway logo are trademarks of Midway Amusement Games, LLC. Used by permission Copyright (C) 2001 KOEI NET Co., Ltd. All Rights Reserved

 ほかにもWikipediaによると、セガがアミューズメント施設用に展開してい8人乗りシミュレーションライド筐体「AS-1」用のコンテンツとして「マイケル・ジャクソン・イン・スクランブルトレーニング」というものがあったらしいのですが、こちらは設置台数がかなり限られており詳細は不明。またここでは紹介しませんでしたが、マスターシステム版「ムーンウォーカー」など、海外でしか発売されていないタイトルも若干存在するため、ハード違いなども含めた「のべ出演作品数」はおそらく10作品以上にのぼったと思われます。

 また普通、こうした有名人がゲームに出演する場合、メーカー側がその人に出演を依頼するのが通例ですが、マイケルの場合はまったく逆。自らゲームの企画を持ち込んだり、出演を志願したりしているあたり、彼が本当にゲームを好きだったことがうかがえます。

 みずからもゲームを愛し、またそれと同じくらいゲームファンからも愛されたマイケル。同じゲームファンの一人として、心から彼のご冥福をお祈りします。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2403/03/news009.jpg 田舎道を車で走っていたら、白鳥がのんびりと…… 見送ったあとのまさかの出来事が100万再生「えっ?って声に出た」「なんて平和なんだ」
  2. /nl/articles/2403/03/news012.jpg 築56年の小さな平屋→扉を開けると…… “予想もつかない内装”のレトロ物件に仰天「ギャップがすごい」
  3. /nl/articles/2403/03/news007.jpg 泣き出した1歳妹、理由を察した5歳兄が近づいて…… スマートなサポートに「優しくて良い子」「ホンマに素敵な兄妹やなー!」
  4. /nl/articles/2403/01/news052.jpg スーパーで売れ残っていた半額のカニを水槽に入れてみたら…… 220万再生された涙の結末に「切なくなった」「凄く感動」
  5. /nl/articles/2403/02/news025.jpg イケメンを自覚しているインコの登場シーンに「歩き方がww」「10回はリピート」 笑いをこらえきれない姿がSNSで話題
  6. /nl/articles/2403/03/news019.jpg 犬「あやしいやつだ」→キツネに吠えてみようとした結果…… まさかの先制“口撃”に柴犬タジタジ「キツネの鳴き声初めてきいた」
  7. /nl/articles/2403/03/news010.jpg わらべうたで遊んでいた兄妹、次の瞬間まさかの展開に……! 240万再生の入れ替わりに「大爆笑した」「めっちゃ可愛いイリュージョン」
  8. /nl/articles/2403/02/news028.jpg □に入る漢字はなんでしょう 空欄を埋めて熟語を作る“漢字パズル”に挑戦しよう
  9. /nl/articles/2402/29/news183.jpg 少女がメンズカットにした結果……! 劇的なイメチェンに「イケメンすぎる!」「絶対モテる」と大絶賛
  10. /nl/articles/2403/01/news159.jpg 薬剤師は「医者憧れ」「そいつが見たって薬変わらへん」 バラエティー出演芸人の発言に批判殺到 かまいたち濱家らが相次ぎ謝罪
先週の総合アクセスTOP10
  1. 小泉進次郎、生後3カ月の長女を抱く姿に「貴重なパパの顔」 2023年末には小泉元首相の“幸せじいじ姿”も話題に
  2. 庭にアジサイがあるなら知っておくべき!? 春になる前に急いでやりたい“大きな花を咲かせる”お手入れ術に反響続々
  3. 生まれたばかりの孫に会いに来た両親、赤ちゃんを見た瞬間号泣し…… 幸せあふれる光景に「一緒に泣いちゃいました」
  4. つんく♂、「僕の大好きな妻」と元モデル妻の貴重ショット公開 「めちゃくちゃお綺麗」と反響
  5. 小泉純一郎元首相、進次郎&滝クリの第2子“孫抱っこ”でデレデレ笑顔 幸せじいじ姿に「顔が優しすぎ」「お孫さんにメロメロ」
  6. 「ずっと手を触って」「強烈な口説きが」 グラドル、元K-1王者のセクハラ行為を“告発”→反論しバトルに 「引っ込んどけよロバは」謎の容姿罵倒で流れ弾も
  7. 2歳娘、帝王切開で入院するママの前では強がっていたが…… 離れてから号泣する姿に「いじらしくて可愛くて朝から泣いた」
  8. 業務スーパーの“高コスパ”人気冷凍商品に「基準値超え添加物」 約1万5000個販売……自主回収を実施
  9. 長女と赤ちゃんの夜のルーティンが「可愛いしか言えん」 愛が強すぎな姉から逃げる姿に「嫌いじゃないのねw」「素敵な姉妹」
  10. 「ほんと愛でしかない」「心から尊敬します」 “6男7女の大家族”うるしやま家のスーパーママ、“15人分のお弁当作り”が神業レベルで称賛の声
先月の総合アクセスTOP10
  1. 釣れたキジハタを1年飼ってみると…… 飼い主も驚きの姿に「もはや、魚じゃない」「もう家族やね」と反響
  2. パーカーをガバッとまくり上げて…… 女性インフルエンサー、台湾でボディーライン晒す 上半身露出で物議 「羞恥心どこに置いてきたん?」
  3. “TikTokはエロの宝庫だ” 女性インフルエンサー、水着姿晒した雑誌表紙に苦言 「なんですか? これ?」
  4. 1歳妹を溺愛する18歳兄、しかし妹のひと言に表情が一変「ちがうなぁ!?」 ママも笑っちゃうオチに「かわいいし天才笑」「何度も見ちゃう」
  5. 8歳兄が0歳赤ちゃんを寝かしつけ→2年後の現在は…… 尊く涙が出そうな光景に「可愛すぎる兄妹」「本当に優しい」
  6. 1人遊びに夢中な0歳赤ちゃん、ママの視線に気付いた瞬間…… 100点満点のリアクションにキュン「かわいすぎて鼻血出そう!」
  7. 67歳マダムの「ユニクロ・緑のヒートテック重ね着術」に「色の合わせ方が神すぎる」と称賛 センス抜群の着こなしが参考になる
  8. “双子モデル”りんか&あんな、成長した姿に驚きの声 近影に「こんなにおっきくなって」「ちょっと見ないうちに」
  9. 犬が同じ場所で2年間、トイレをし続けた結果…… 笑っちゃうほど様変わりした光景が379万表示「そこだけボッ!ってw」
  10. 新幹線で「高級ウイスキー」を注文→“予想外のサイズ”に仰天 「むしろすげえ」「家に飾りたい」