銀河戦士VSエイリアン!「ギャラクシアン」「ギャラガ」ゲイムマンの「レトロゲームが大好きだ」(1/4 ページ)

連載第76回は「ギャラクシアン」と「ギャラガ」(ナムコ)です。インベーダーブームが去った後のゲーム業界に、革命をもたらしたシューティングゲーム。後のファミコンなどでも使われた“スプライト”を、初めて使ったゲームでもあるのです。

» 2009年07月08日 16時25分 公開
[ゲイムマン,ITmedia]

色とりエイリアン

つくば市にあるH-IIロケットの前で撮影。ギャラクシアンの自機「ギャラクシップ」に似てなくもない

 1979年、アーケードに登場した「ギャラクシアン」(ナムコ)。このゲームは、「スペースインベーダー」(タイトー)に端を発する固定画面シューティングゲームを、新たな段階へと導いた。

 まず、自機やエイリアンに色がついている。

 ブロックくずしやスペースインベーダーの頃は、モニターにセロハンを貼って色をつけていた。インベーダーでは後にカラー版も登場したが、キャラクターごとではなく、高さによって色が変わっていた。

 しかし「ギャラクシアン」では、自機もエイリアンも3色に塗り分けられている。ゲームスタート時には、カラフルなエイリアンがずらりと列を成し、華やかだった。

 そんな色とりどりのエイリアンが、編隊を離れて襲ってくる! グリーンのエイリアンは自機まで斜めに突っ込んでくるし、パープルはカーブを描いて飛んでくる。あげくの果てには宙返りまで!

 エイリアンがこのように滑らかに動くのは、背景と各キャラクターを別々に動かせる機能を搭載したから。「ギャラクシアン」はスプライト(背景を描き直さなくても表示でき、動かせるキャラクター)を、初めて使ったゲームなのだ。

 スプライトを使うと、コンピュータの処理速度が遅くても、キャラクターを滑らかに動かすことができる。スプライトは後に、ファミコンなどの家庭用ゲーム機にも欠かせない存在となった。

ゲームを始めると現れる、色とりどりのエイリアンたち。この画面は1984年に発売されたファミコン版
エイリアンたちは、弾を撃ちながら自機めがけて飛んでくる

 現代のシューティングゲームとは違って、自機の弾は1発ずつしか出ない。前に撃った弾が敵に当たるか画面上から消えるかしない限り、次の弾を撃てないのだ。これは「スペースインベーダー」でも同じだが、「ギャラクシアン」では敵が動き回る分、より狙いを定めて撃つ必要がある。

 「スペースインベーダー」ではUFOを撃って高得点を獲得できたが、「ギャラクシアン」にも高得点フィーチャーがある。編隊の最上段に陣取っている、エイリアンの旗艦だ。

 編隊にいるときに撃つと60点、飛んできたときに撃つと150点。これでも十分な得点なのだが、護衛のレッドエイリアンを1匹連れた旗艦を撃つと200点、2匹連れた旗艦だと300点が得られる。

 さらに、2匹の護衛を倒した後に旗艦を倒すと、旗艦の得点は800点! 格段に高い得点なのだが、テクニックが要求される。高得点は、そのテクニックに見合った報酬といえよう。

 なお、旗艦を終盤まで逃すと、次のラウンドの編隊に加わる。レッドエイリアンを倒してしまった後なら、旗艦をわざと残して、次のラウンドで高得点を狙った方がいいかもしれない。

護衛を2匹連れた旗艦(ギャルボス)が飛来。護衛を撃った後に旗艦を倒そう
見事800点獲得! しかし、この800点を狙って失敗し、衝突して自機を1機失うことも多い
旗艦を2機逃がして次のラウンドへ行くと、旗艦4機の状態からスタートする

覆面をつけた総理大臣

 当時コロコロコミックで連載されていた漫画「ゲームセンターあらし」に、「ギャラクシアン」は登場している。スペースインベーダー、ギャラクシーウォーズに続いての登場となったが、メインの対戦ゲームとなったのは意外にもたった2回だけ。1回めは、あらしのライバル・大文字さとるの誕生パーティーの会場にて。あらしはエキスパンダーのバネで宙吊りとなり、エイリアンの攻撃に合わせて揺れることで、このゲームを攻略している。

 もう1つの話では、あらしは謎の洞窟へ連れ去られ、“総統ギャラクシアン”と名乗る覆面の男が操るエイリアンと戦う。総統ギャラクシアンの正体は明確には描かれていないものの、口調や顔の一部、「日本一えらい人」という説明から、どう考えても当時の総理大臣・大平正芳氏。

 総理大臣が覆面をつけて、ゲームチャンピオンの少年をさらって勝負を挑む。すげえ荒唐無稽な話である。……いや、これがもし麻生さんだったら、意外と違和感なかったかも。

ファミコン版独自のゲームオーバー画面。「GAME OVER」の文字が、いろんな方向から飛んでくる

 この時代、「ギャラクシアン」をモチーフにしたLSIゲームが、いくつか発売されている。特にエポック社の「スーパーギャラクシアン」が、オリジナルの雰囲気をよく再現していて、当時人気があったように記憶している。なぜか「ムーンクレスタ」のような自機合体が、ボーナスゲームとして取り入れられていた。

 「ギャラクシアン」は1984年、ファミコンに移植された。ナムコのファミコン参入第1弾ソフトだった。

 アーケード版との違いは、テレビに合わせて横長の画面になった点や、パープルエイリアンがかなりしつこく自機を追ってくる点、旗艦を倒した直後にも敵が攻撃してくる点(弾は撃たなくなるようだが、突っこんでくる)など。しかし、それまで他機種で発売されていた移植作品よりも完成度は高く、ファミコンの性能の高さを感じさせた。

 2P側コントローラーのABボタンを押したまま、リセットボタンを連打すると、某有名シャンソン曲や、このゲームが発売される半年前に公開された、某有名アニメ映画の挿入曲が流れるという裏技もあった。

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2405/23/news213.jpg YUKI、大胆なスリット入った近影に驚きの声 「52歳なの意味わからんな」「ここまで変わらないって本当凄い」
  2. /nl/articles/2405/23/news036.jpg 【今日の計算】「9−9×9+9」を計算せよ
  3. /nl/articles/2405/24/news017.jpg 猫の見た事ない姿に「未だかつてこれ以上の2度見は見た事がありません」「可愛すぎて10回見た」 爆笑の瞬間が640万再生
  4. /nl/articles/2405/23/news204.jpg 「天才現る」 “富士山ローソン”を迷惑かけず撮影できる!? “持ち運べるローソン”が「商品化して」と話題
  5. /nl/articles/2405/24/news143.jpg 清原翔、約4年ぶりの“顔出しショット”が雰囲気変わりすぎて「別人みたい」 脳出血&3回手術後初のヒゲ解禁姿に「ポニテかわいい」「いい感じにダンディ」
  6. /nl/articles/2405/24/news135.jpg “元めちゃイケ”三中元克、卒業後8年で見た目もスキルも「別人レベル」になっていた “クビ体験”披露する貫録たっぷりの姿に共演者「元力士」「迫力ある」
  7. /nl/articles/2405/24/news128.jpg hitomi、48歳を迎え“急激な変化”に驚き 「少ないと思っていたんだけど」「48歳だもんね〜」
  8. /nl/articles/2405/24/news020.jpg 1歳妹の「いってらったぁい」に小学生兄がもん絶して…… かわいいが連鎖する朝の光景に「かぁぁぁって声でた」「朝からホンワカ」
  9. /nl/articles/2405/24/news026.jpg 「そんなバカな」 喫茶店で“ウインナー・コーヒー”を注文→出てきた予想外の商品に驚がく「ちょっと動揺」
  10. /nl/articles/2405/22/news098.jpg 「最高過ぎる」「すげー!」 ChatGPTに“手書きメモ”をアップすると…… 仕事がはかどる“衝撃の機能”に歓喜の声
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「現場を知らなすぎ」 政府広報が投稿「令和の給食」写真に批判続出…… 識者が指摘した“学校給食の問題点”
  2. 「二度と酒飲まん」 酔った勢いで通販で購入 → 後日届いた“予想外”の商品に「これ売ってるんだwww」
  3. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  4. 「なぜ今になって……」 TikTokで“15年前”の曲が大流行 すでに解散の人気バンド…… ファン驚き 「戸惑いが隠せない」
  5. どういう意味……? 高橋一生&飯豊まりえの結婚発表文、“まさかのタイトル”に「ジワる」「笑ってしまう」
  6. サーティワンが“よくばりフェス”の「カップの品切れ」謝罪…… 連日大人気で「予想を大幅に上回る販売」
  7. “世界一美しいザリガニ”を入手→開封して見ると…… 絶句を避けられない姿と異変に「びっくり」「草間彌生作のザリガニみたい」
  8. 「誰かと思った」 楽天・田中将大の“激変した風貌”にファン驚き…… 「一瞬わからなかった」
  9. 複数逮捕&服役の小向美奈子、“クスリ”に手を出した理由が壮絶すぎ……交際相手の暴力で逃亡も命の危機 「バレてバルコニー伝って入られて」
  10. 耐火金庫に“溶岩”を垂らしてみたら…… “衝撃の結果”に実験者も思わず「なんだって!!!」と驚愕【海外】
先月の総合アクセスTOP10
  1. 庭に植えて大後悔した“悪魔の木”を自称ポンコツ主婦が伐採したら…… 恐怖のラストに「ゾッとした」「驚愕すぎて笑っちゃいましたw」
  2. 小1娘、ペンギンの卵を楽しみに育ててみたら…… 期待を裏切る生き物の爆誕に「声出して笑ってしまったw」「反応がめちゃくちゃ可愛い」
  3. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  4. 「歩行も困難…言動もままならず」黒沢年雄、妻・街田リーヌの病状明かす 介護施設入所も「急激に壊れていく…」
  5. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 釣りに行こうとしたら、海岸に子猫が打ち上げられていて…… 保護後、予想だにしない展開に「神様降臨」「涙が止まりません」
  8. 身長174センチの女性アイドルに「ここは女性専用車両です!!!」 電車内で突如怒られ「声か、、、」と嘆き 「理不尽すぎる」と反響の声
  9. 築152年の古民家にある、ジャングル化した水路を掃除したら…… 現れた驚きの光景に「腰が抜けました」「ビックリ!」「先代の方々が」
  10. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評