ニュース
» 2009年07月09日 12時14分 公開

マルチプレイで広がる大冒険――「ドラゴンクエストIX 星空の守り人」

いよいよ今週土曜日(7月11日)に発売が迫った「ドラゴンクエストIX」は、シリーズで初めてマルチプレイに対応している。DSワイヤレス通信で友達と冒険の旅へ!

[ITmedia]

 7月11日(土)に発売される「ドラゴンクエストIX 星空の守り人」は、ワイヤレス通信を使って最大4人までの同時プレイが可能となっている。

 マルチプレイは、リッカの宿屋にいるキャラクター「ラヴィエル」に話しかけることで可能となる。1人が「ホスト」となり他のプレイヤーを「ゲスト」として招き入れると、同じ世界を冒険できる。

ドラクエで協力プレイが実現!

こちらはゲスト3人のスクリーンショット。ゲストとしてやって来たプレイヤーは、ホストが体験している物語をいっしょに楽しむもよし、勝手気ままにどこかに行ってしまうもよし。ホストの世界で自由に行動できる

ホストのスクリーンショット。ホストの世界に心強い友達3人がやってきた!

ホストの世界でイロイロ探索

 「ドラゴンクエストIX」では、フィールド上がピカピカ光り、錬金に役立つアイテムが落ちていることがある。しかも、プレイヤーごとに手に入りやすいアイテムが違っているとのこと。自分の世界でなかなか見つからないアイテムも、友達の世界で簡単に拾えるかもしれない?



冒険の仲間は常に受付中

 ホストが行う「外の世界の仲間をぼしゅうする」は、いわば仲間募集の“待ち受け状態”を意味している。ホストやほかの仲間がリッカの宿屋から遠く離れた地で冒険していても、ホストがずっとこの「募集」状態で、人数に空きさえあれば、ほかの人が自由に“乱入”することができる。つまり、冒険に遅刻してきても大丈夫なのだ!

 しかも、マルチプレイの時に、ホストだけが使えるコマンドとして「なかまをあつめる」を使えば、どんなところにいる仲間でも自分のところに呼び寄せることができる。急に訪れたゲストとも、すぐ一緒に冒険できる。

ホストたちが、町から遠く離れた荒野を冒険しているようなときでも、ゲストがホストの「リッカの宿屋」にやってくることができる

遠く離れた場所にいるゲストも、すぐにホストの元に呼び出せることができる。リッカの宿屋にいたゲストも、ホストのところまでひとっ飛び。また、自分のキャラクターには、「しぐさ」を設定していろいろなアクションをさせることができ、中にはこうしてフキダシの出る「しぐさ」もある

仲間とともに「宝の地図」に挑戦できる

 以前紹介した、入手する度に新しいダンジョンに挑戦できる「宝の地図」。もちろん、マルチプレイでも仲間と一緒に攻略することができる。「宝の地図」のダンジョンは自動生成で、どんなダンジョンなのかは、入ってみるまで分からないのだ。

 そんな不安と希望が入り交じるダンジョンであっても、マルチプレイで仲間と手分けすれば、ダンジョンの隅々まで探索して宝箱をゲットすることだってできるだろう。宝の地図ダンジョンの奥底で待つ、驚異的な強さを誇るボスを、みんなと協力して倒そう。



コンボ攻撃を活用せよ

 直接攻撃や呪文攻撃に関わらず、同じ種類の攻撃を続けて成功させていくと、どんどんダメージ倍率が上がるのが、コンボ攻撃。マルチプレイでもみんなで息をあわせて効果的なコンボ攻撃を狙っていこう。

みんなの「おうえん」が力になる!

 本作には、主人公だけが使える特別な特技が存在する。それが「おうえん」だ。パーティ内の自分以外のだれか1人を応援して、そのキャラクターのテンションを上げることができるのだが、テンションが上がると、さまざまな攻撃の威力が高くなる。これを利用して、マルチプレイ中にだれかひとりを集中的に「おうえん」して、一気にテンションを上げさせることもできる。

みんなで1人を「おうえん」すると……

さらに、「おうえん」してもらっている1人が、スキルの特技「ためる」を使えば、さらにテンションアップ! スーパーハイテンション状態になり、驚異的な攻撃力を手にすることができる

配信クエストをお持ち帰り?

 おでかけしたホストの世界からゲストが自分の世界に戻って来る時、ホストが自分がダウンロードしていない配信クエストを持っていると、そのクエストを“お持ち帰り”することができる。

 ニンテンドーWi-Fiコネクションにつなげなくても、こうして配信クエストを手に入れるチャンスもあるのだ。



「ドラゴンクエストIX 星空の守り人」
対応機種ニンテンドーDS
ジャンルRPG
発売予定日2009年7月11日(土)
価格(税込)5980円
プレイ人数1人
CEROA(全年齢)
(C)2009 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/LEVEL-5/SQUARE ENIX All Rights Reserved.
※画面はすべて開発中のものです。内容・仕様は実際の製品とは異なる場合があります。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 勝手に「サービス終了ゲーム総選挙」をやったら6700票も集まってしまったので結果を発表します 2位の「ディバインゲート」を抑えて1位に輝いたのは……
  2. ママとの散歩中、田んぼにポチャンした柴犬さんが帰宅後…… パパに一生懸命アクシデントを報告する姿がいとおしい
  3. “26歳年の差婚”の菊池瑠々、第4子妊娠を発表「もう、とにかくうれしいです!」 年上の夫も満面の笑み
  4. 桐谷美玲、隠し撮りに「絶対ヤバい顔」 “ほぼ半目”な不意打ち写真に「100点満点に可愛い」と全力フォローの声
  5. 村田充、3匹目の愛犬の存在明かす 神田沙也加さんから引き取ったブルーザーとは「数日で仲良くなりまして」
  6. 三浦孝太、母・りさ子誕生日に“家族4ショット”でお祝い キングカズも笑顔の写真に「家族が1番!」
  7. バレー日本代表の清水邦広の再婚に盟友・福澤達哉さん「相手は私ではございません」 元妻は中島美嘉
  8. 「駅の待合室をバケモンが占領している」→“謎の生き物”の正体について大分県立美術館に話を聞いた
  9. 滝沢カレン、倖田來未の“バックダンサー”になりすまし 感極まって「人一人洗えるくらい泣きました」
  10. 宮崎駿愛用の「電動消しゴム」が故障 → サクラクレパス公式が倉庫の奥から発掘 Twitterが繋いだ温かな展開が話題に

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」