ニュース
» 2009年07月15日 11時46分 公開

母なるアーケードの海からとれた、懐かしくも新鮮なピッチピチの名作をどうぞさんろく丸でゲームの海を大航海(第3回)(1/3 ページ)

この夏のXbox 360の魅力に触れる夏期集中連載は、第3回にして最終回。今回はXbox LIVE アーケードのタイトルにスポットをあててみた。

[仗桐安,ITmedia]

 やあ! オラ、さんろく丸っつう漁船で漁をやってる、三山六郎太(さんやま・ろくろうた)っつうもんだけどよぉ。今日は亜明江戸(ああけえど)沖でピッチピチの魚が獲れたもんでよ、みんなにもお裾分けしようかと思ってんのよ! ……という前置きで始めてみましょうか。

 Xbox 360の豊富にして豊潤なタイトルラインアップを海に見立てて、架空の船“さんろく丸”でゲームの海を冒険するってなコンセプトの本連載、早くも3回目、そして早くも最終回だ。最終回である今回は、Xbox LIVE アーケードで手に入るタイトルを紹介していこう。価格帯ごとに最近リリースされた注目作をピックアップしてみたので、予算に合わせて購入を検討してみてはいかがだろうか。

オラタン最終バージョン、Xbox 360に降臨!―― 1200MSポイント

「電脳戦機バーチャロン オラトリオ・タングラム ver.5.66」――バーチャロイドを操り、電脳世界で敵を殲滅せよ

  • 開発元:セガ
  • 価格:1200MSポイント

 「電脳戦機バーチャロン」はアーケードで好評を博し、今なお根強いファンを持つ3Dロボットアクション・シューティングゲームだ。そのシリーズ第2作「電脳戦機バーチャロン オラトリオ・タングラム」の最終進化バージョンにあたる「電脳戦機バーチャロン オラトリオ・タングラム ver.5.66」がXbox LIVE アーケードに登場した。

 プレイヤーはバーチャロイドと呼ばれるロボットを操縦し、敵対するバーチャロイドと対戦していく。全15体のバーチャロイドは、それぞれ個性的な技、クセのある挙動を持っている。そのシンプルかつ奥深い操作性、マッハなスピード感、敵対ロボットを倒す爽快感、達成感は、その後の3D対戦アクションに大きな影響を与えたと言っても過言ではないだろう。

 Xbox LIVEと言えば、やはりオンラインプレイ! というわけで本作も例外ではなく、充実のオンライン対戦が実現している。階級やランキングに燃える「ランクマッチ」、戦績は残らず自由に対戦ができる「プレイヤーマッチ」、本体2台を接続しての「システムリンク」による対戦などが可能だ。

 機体の色を自由に変えられるカスタマイズモードや、細かく設定を変えて練習できるトレーニングモード、セーブしたリプレイを鑑賞できるウォッチモードなど、さまざまなモードを搭載している。HD画質で作られているので、アーケードよりも鮮やかな画質を楽しむことができる。アーケードで対戦に熱くなったプレイヤーにも、本作で初めて“バーチャロン”の世界に触れる初心者にもオススメしたい珠玉の対戦アクションゲームだ。



アクション、パズル、シューティング、ズラリとそろった良作――800MSポイント

「ロックマンR9 野望の復活!!」――まるでファミコン、だけど新作 〜かなりハードな骨太2Dアクション

  • 開発元: インティ・クリエイツ
  • 価格:800MSポイント

 昨年、Wiiでダウンロード専売タイトルとして発売された「ロックマン9 野望の復活!!」が、Xbox LIVE アーケードのラインアップに追加された。

 本作はカプコンの人気アクション「ロックマン」シリーズの正統なる第9作。正統な続編は前作「8」以来約11年9カ月ぶりだ。長大なゲームの逆を行く、徹底的にファミコンライクなグラフィック、BGM、操作感を実現している。

 本編は8人の個性的なボスが控える8つのステージの他にワイリーステージ(4ステージ)があり、全12ステージが用意されている。鬼のように“ムズい”ゲームバランスは本作でも健在で、ステージマップや敵の配置は驚くほどに意地悪だ。失敗を繰り返し、少しずつ敵のパターンやマップのギミックを覚え、プレイヤー自身が確実にうまくなっていき、その蓄積の結果としてステージクリアに至る。この“トライアンドエラー”の感覚は、コアな2Dアクション好きにはたまらないだろう。

 追加コンテンツでさらなる楽しみ、やり込み要素が増えていくのも魅力的なところだ。「最近の生っちょろいアクションじゃあ物足りない!」「骨太なアクションでヒリヒリとした感覚を味わいたい!」「とにかくロックマンのファンだ!」そんな人たちにぜひプレイしてほしい。


「THE KING OF FIGHTERS'98 ULTIMATE MATCH」――傑作のほまれ高い98年のKOFが、究極の進化を遂げて帰ってきた!

 SNKプレイモアの人気格闘ゲーム「KOF」シリーズにおいて、歴代最高傑作との呼び声が高いのが「THE KING OF FIGHTERS'98」だ。「THE KING OF FIGHTERS'98 ULTIMATE MATCH」は、その「KOF'98」の内容を大幅にパワーアップ、リニューアルし好評を博したタイトルだ。

 プレイヤーは40人以上の個性的なキャラの中から好きなキャラを3人選びチームを作成する。そして、攻め中心のADVANCE、守り中心のEXTRA、攻守バランスのとれたハイブリッドなULTIMATEという3タイプの戦闘スタイルから選ぶことができる。

 通常のARCADE PLAY、1対1のSINGLE PLAYの他に、ENDLESS、PRACTICE、CHALLENGEなど多彩なモードを用意している。また、Xbox LIVEを通じたオンライン対戦も搭載しており、世界中の強豪と戦うことができるようになっているのがうれしい。98年当時はゲームセンターに通っていたという兄さんたちも、その頃はまだ生まれていなかったという若者たちも、蘇った「KOF」シリーズ屈指の名作に触れて、熱き格闘の血をたぎらせよう!


       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2109/16/news095.jpg 中国版「FGO」で中国系キャラクターの名前・イラストが突然変更に 虞美人(アサシン)は「暗匿者230」、始皇帝は「裁定者229」に
  2. /nl/articles/2109/16/news101.jpg 光浦靖子、初めての“カナダ留学レポ”に反響 ナイアガラの滝観光ショットに「お元気そうでよかった」
  3. /nl/articles/2109/15/news022.jpg 豆柴の赤ちゃんから手を離すと…… “秒で寝た笑”かわいすぎる寝落ちに「心が浄化される」「母性が目覚める」
  4. /nl/articles/2109/16/news027.jpg 張り切って“アゴ乗せ”に挑戦したハスキー、しかし…… おちゃめに間違えたワンコの「てへぺろ」がかわいい
  5. /nl/articles/2109/15/news169.jpg オンライン麻雀ゲーム「姫雀鬼」、サービス開始と同時にサービス終了発表で話題に Twitterではバグ報告多数
  6. /nl/articles/2109/16/news126.jpg ダレノガレ明美、元保護犬リッツの早い旅立ちを報告 がんを何年も放置したブリーダーへ「本当に許せない」
  7. /nl/articles/2109/12/news041.jpg 小学生のころのトラウマ漫画がつらい 美術館の撮影OKゾーンで撮っていたら「常識ないのか」「全部消しなさい」
  8. /nl/articles/2109/16/news093.jpg あびる優「私の気持ちは私の中にしまっておきます」 核心に触れず、周囲から多くの声が届いていること明かす
  9. /nl/articles/2105/13/news011.jpg 夜にキッチンの窓から見た人影 振り返ってみると恐ろしかった出来事を描いた漫画がゾクッとする
  10. /nl/articles/2109/15/news175.jpg 「デンジャラス」ノッチの次女、完治困難な異汗性湿疹で“電流療法” 1年ごしの成果に妻も満足 「痛みの方が耐えられる」

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」