母なるアーケードの海からとれた、懐かしくも新鮮なピッチピチの名作をどうぞさんろく丸でゲームの海を大航海(第3回)(3/3 ページ)

» 2009年07月15日 11時46分 公開
[仗桐安,ITmedia]
前のページへ 1|2|3       

小粒だけど懐かしくも面白い、往年の名作――400MSポイント

「コミックスゾーン」――アメコミの中で繰り広げられる、独特の2Dアクション

  • 開発元:Backbone Entertainment
  • 価格:400MSポイント

 メガドライブの晩年に発売された2Dアクションゲーム「コミックスゾーン」が、Xbox LIVE アーケードでいよいよ登場だ。

 本作の主人公は、自らがデザインしたコミックの世界に迷い込んだ人気マンガ家「スケッチ・ターナー」。ターナーはコマからコマへと移動しつつ、手強いミュータントたちと戦うことになる。

 全編アメコミ調で貫かれた世界観は、そのテイストが好きな人にはたまらないだろう。敵キャラは、ミュータントの黒幕「モータス」の手で描かれることで登場する。クセのあるミュータントたちの動きを読んで、拳を叩き込んでいこう。迫り来るミュータントを、豊富なコンボでビシバシとなぎ倒していくさまは“快感”の一言。小気味よいアクションと絶妙な謎解きにドップリはまれば、あなたもコミックスの世界に入ってしまうかも?

 なお、ターナーが進むコマによって展開の分岐があるので、ご注意を。自分の書いたマンガの中のことだとはいえ、自分の思い通りにはならないのだ。果たしてターナーは無事にコミックの世界から抜け出せるのか? すべてはあなたの手にかかっている。


「ソニック・ザ・ヘッジホッグ3」――音速のハリネズミ、仲間のテイルスとともに3度目の冒険に旅立つ

  • 開発元:Backbone Entertainment
  • 価格:400MSポイント

 言わずと知れたセガの代表キャラ、音速のハリネズミ・ソニックが活躍するハイスピードアクションの第3作。1994年にメガドライブで発売されたタイトルの異色作だ。本作では、ソニックとテイルスが巨大要塞デスエッグの墜落した伝説の浮遊島・エンジェルアイランドを舞台に、大暴れする。

 カオスエメラルドを巡るドクター・エッグマンとの戦いに、ソニックのライバル、ナックルズ・ザ・エキドゥナも遂に参戦!物語の展開はヒートアップしていく。各ステージの高速コース、ルート分岐などのギミックもよりバリエーション豊かになり、ショートカットや隠し部屋を探すやり込みプレイもますます充実している。

 アイテムを取得することで得られるファイアバリア、アクアバリア、サンダーバリアという3つのバリアが特徴的。また、ソニックのダブル回転アタック、テイルスの空中飛行や泳ぎなど、前作までにはなかった新しいアクションも、ゲーム性を豊かにしていると言っていいだろう。スピード感溢れるアクションゲームの真髄を堪能できるタイトルだ。


「ファンタシースターII -還らざる時の終わりに-」――セガのRPGの原点にして、SFファンタジーRPGの古典的名作

  • 開発元:Backbone Entertainment
  • 価格:400MSポイント

 「ファンタシースターII」は、セガの人気RPG「ファンタシースター」シリーズの第2作だ。1989年にメガドライブで発売された本作は、その後、セガサターン、PS2、Wii、携帯アプリなどさまざまなハードに移植されている。そして今回、満を持してXbox LIVE アーケードでもプレイできるようになったのだ。

 「ファンタシースター」から約1000年の月日が流れた、AW1284年のアルゴルという架空世界が舞台。この世界には、政治・経済の主導権を握るニューエリート達が住む第1惑星パルマ、マザーブレインにより構築されたシステムでアルゴル全体に食糧を供給できる、緑豊かな星へと生まれ変わった第2惑星モタビア、荒涼とした氷の大地が広がる第3惑星デゾリスが存在する。

 モタビアの州政府エージェントである主人公のユーシスは、人々を襲うバイオモンスター発生の謎を解くため、妹のネイや仲間たちとともに調査に乗り出すことになる。物語は進むにつれドラマチックに展開していき、プレイヤーに衝撃を与えることだろう。シリーズおなじみの、武器や魔法を駆使したアニメーション戦闘が楽しい。レトロではあるがいまだ色褪せない、RPGの古典の1つだ。


さらば、さんろく丸! また逢う日まで 逢える時まで

 3回に渡って、この夏Xbox 360でプレイできるゲームを紹介してきた夏期集中連載、いかがだっただろうか。

 7月に入って、いよいよ夏本番到来。暑い日は外で遊ぶのもいいけども、クーラーの効いた部屋でゲームをやるってのもいいものだ。ド迫力な最先端のゲームを夜な夜なやるもよし、寝る前や起き抜けのふとした時間にカジュアルゲームで気分転換するもよし。ゲームは多様化した生活の隙間にスッと入ってくる。どうか楽しきゲームなサマーを。度を越した夜更かしにはご注意を。そして願わくば、また別の海で逢いましょう。

グッドラック!

前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2404/18/news134.jpg 21歳の無名アイドル、ビジュアル拡散で「あの頃の橋本環奈すぎる」とSNS騒然 「実物の方が可愛い」「見つかっちゃったなー」の声も
  2. /nl/articles/2404/18/news025.jpg 生後5日の赤ちゃん、7歳のお姉ちゃんから初めてミルクをもらうと…… 姉も驚きの反応がかわいい
  3. /nl/articles/2404/18/news057.jpg 9カ月の赤ちゃん、バスで外国人の女の子赤ちゃんと隣り合い…… 人生初のガールズトークに「これは通じあってますね!」「ベビ同士の会話、とろけます」
  4. /nl/articles/2404/17/news037.jpg 【今日の計算】「8+9÷3−5」を計算せよ
  5. /nl/articles/2404/17/news034.jpg 「妹が入学式に着るワンピース作ってみた!」 こだわり満載のクラシカルな一着に「すごすぎて意味わからない」「涙が出ました」
  6. /nl/articles/2404/18/news155.jpg 大谷翔平選手、ハワイに約26億円の別荘を購入 真美子夫人とデコピンとで過ごすかもしれないオフシーズンの拠点に「もうすぐ我が家となる場所」
  7. /nl/articles/2404/17/news179.jpg 「ケンタッキー」新アプリに不満殺到 「酷すぎる」「改悪」の声…… 運営元「大変ご迷惑をおかけした」と謝罪
  8. /nl/articles/2404/17/news129.jpg 「ハーゲンダッツ硬すぎ!」と力を入れたら……! “目を疑う事態”になった1枚がパワー過ぎて約8万いいね
  9. /nl/articles/2404/16/news192.jpg 「ゆるキャン△」のイメージビジュアルそのまま? 工事の看板イラストが登場キャラにしか見えない 工事担当者「狙いました」
  10. /nl/articles/2404/16/news175.jpg 「そうはならんやろ」をそのまま再現!? 「ガンダムSEED FREEDOM」のズゴックを完全再現したガンプラがすごすぎる
先週の総合アクセスTOP10
  1. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  2. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  3. 安達祐実、成人した娘とのレアな2ショット披露 「ママには見えない!」「とても似ててびっくり」と驚きの声
  4. 兄が10歳下の妹に無償の愛を注ぎ続けて2年後…… ママも驚きの光景に「尊すぎてコメントが浮かばねぇ」「最高のにいに」
  5. “これが普通だと思っていた柴犬のお風呂の入れ方が特殊すぎた” 予想外の体勢に「今まで観てきた入浴法で1番かわいい」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評
  8. お花見でも大活躍する「2杯のドリンクを片手で持つ方法」 目からウロコの裏技に「えぇーーすごーーい」「やってみます!」
  9. 弟から出産祝いをもらったら…… 爆笑の悲劇に「めっちゃおもろ可愛いんだけどw」「笑いこらえるの無理でした」
  10. 3カ月の赤ちゃん、パパに“しーっ”とされた反応が「可愛いぁぁぁぁ」と200万再生 無邪気なお返事としぐさから幸せがあふれ出す
先月の総合アクセスTOP10
  1. フワちゃん、弟の結婚式で卑劣な行為に「席次見て名前覚えたからな」 めでたい場でのひんしゅく行為に「プライベート守ろうよ!」の声
  2. 親が「絶対たぬき」「賭けてもいい」と言い張る動物を、保護して育ててみた結果…… 驚愕の正体が230万表示「こんなん噴くわ!」
  3. 水道検針員から直筆の手紙、驚き確認すると…… メーターボックスで起きた珍事が300万再生「これはびっくり」「生命の逞しさ」
  4. フワちゃん、収録中に見えてはいけない“部位”が映る まさかの露出に「拡大しちゃったじゃん」「またか」の声
  5. スーパーで売れ残っていた半額のカニを水槽に入れてみたら…… 220万再生された涙の結末に「切なくなった」「凄く感動」
  6. 桐朋高等学校、78期卒業生の答辞に賛辞やまず 「只者ではない」「感動のあまり泣いて10回読み直した」
  7. 「これは悲劇」 ヤマザキ“春のパンまつり”シールを集めていたはずなのに…… 途中で気づいたまさかの現実
  8. 「ふざけんな」 宿泊施設に「キャンセル料金を払わなくする方法」が物議 宿泊施設「大目に見てきたが厳格化する」
  9. がん闘病中の見栄晴、20回以上の放射線治療を受け変化が…… 「痛がゆくなって来ました」
  10. 食べ終わったパイナップルの葉を土に植えたら…… 3年半後、目を疑う結果に「もう、ただただ感動です」「ちょっと泣きそう」