ニュース
» 2009年07月15日 11時46分 公開

母なるアーケードの海からとれた、懐かしくも新鮮なピッチピチの名作をどうぞさんろく丸でゲームの海を大航海(第3回)(3/3 ページ)

[仗桐安,ITmedia]
前のページへ 1|2|3       

小粒だけど懐かしくも面白い、往年の名作――400MSポイント

「コミックスゾーン」――アメコミの中で繰り広げられる、独特の2Dアクション

  • 開発元:Backbone Entertainment
  • 価格:400MSポイント

 メガドライブの晩年に発売された2Dアクションゲーム「コミックスゾーン」が、Xbox LIVE アーケードでいよいよ登場だ。

 本作の主人公は、自らがデザインしたコミックの世界に迷い込んだ人気マンガ家「スケッチ・ターナー」。ターナーはコマからコマへと移動しつつ、手強いミュータントたちと戦うことになる。

 全編アメコミ調で貫かれた世界観は、そのテイストが好きな人にはたまらないだろう。敵キャラは、ミュータントの黒幕「モータス」の手で描かれることで登場する。クセのあるミュータントたちの動きを読んで、拳を叩き込んでいこう。迫り来るミュータントを、豊富なコンボでビシバシとなぎ倒していくさまは“快感”の一言。小気味よいアクションと絶妙な謎解きにドップリはまれば、あなたもコミックスの世界に入ってしまうかも?

 なお、ターナーが進むコマによって展開の分岐があるので、ご注意を。自分の書いたマンガの中のことだとはいえ、自分の思い通りにはならないのだ。果たしてターナーは無事にコミックの世界から抜け出せるのか? すべてはあなたの手にかかっている。


「ソニック・ザ・ヘッジホッグ3」――音速のハリネズミ、仲間のテイルスとともに3度目の冒険に旅立つ

  • 開発元:Backbone Entertainment
  • 価格:400MSポイント

 言わずと知れたセガの代表キャラ、音速のハリネズミ・ソニックが活躍するハイスピードアクションの第3作。1994年にメガドライブで発売されたタイトルの異色作だ。本作では、ソニックとテイルスが巨大要塞デスエッグの墜落した伝説の浮遊島・エンジェルアイランドを舞台に、大暴れする。

 カオスエメラルドを巡るドクター・エッグマンとの戦いに、ソニックのライバル、ナックルズ・ザ・エキドゥナも遂に参戦!物語の展開はヒートアップしていく。各ステージの高速コース、ルート分岐などのギミックもよりバリエーション豊かになり、ショートカットや隠し部屋を探すやり込みプレイもますます充実している。

 アイテムを取得することで得られるファイアバリア、アクアバリア、サンダーバリアという3つのバリアが特徴的。また、ソニックのダブル回転アタック、テイルスの空中飛行や泳ぎなど、前作までにはなかった新しいアクションも、ゲーム性を豊かにしていると言っていいだろう。スピード感溢れるアクションゲームの真髄を堪能できるタイトルだ。


「ファンタシースターII -還らざる時の終わりに-」――セガのRPGの原点にして、SFファンタジーRPGの古典的名作

  • 開発元:Backbone Entertainment
  • 価格:400MSポイント

 「ファンタシースターII」は、セガの人気RPG「ファンタシースター」シリーズの第2作だ。1989年にメガドライブで発売された本作は、その後、セガサターン、PS2、Wii、携帯アプリなどさまざまなハードに移植されている。そして今回、満を持してXbox LIVE アーケードでもプレイできるようになったのだ。

 「ファンタシースター」から約1000年の月日が流れた、AW1284年のアルゴルという架空世界が舞台。この世界には、政治・経済の主導権を握るニューエリート達が住む第1惑星パルマ、マザーブレインにより構築されたシステムでアルゴル全体に食糧を供給できる、緑豊かな星へと生まれ変わった第2惑星モタビア、荒涼とした氷の大地が広がる第3惑星デゾリスが存在する。

 モタビアの州政府エージェントである主人公のユーシスは、人々を襲うバイオモンスター発生の謎を解くため、妹のネイや仲間たちとともに調査に乗り出すことになる。物語は進むにつれドラマチックに展開していき、プレイヤーに衝撃を与えることだろう。シリーズおなじみの、武器や魔法を駆使したアニメーション戦闘が楽しい。レトロではあるがいまだ色褪せない、RPGの古典の1つだ。


さらば、さんろく丸! また逢う日まで 逢える時まで

 3回に渡って、この夏Xbox 360でプレイできるゲームを紹介してきた夏期集中連載、いかがだっただろうか。

 7月に入って、いよいよ夏本番到来。暑い日は外で遊ぶのもいいけども、クーラーの効いた部屋でゲームをやるってのもいいものだ。ド迫力な最先端のゲームを夜な夜なやるもよし、寝る前や起き抜けのふとした時間にカジュアルゲームで気分転換するもよし。ゲームは多様化した生活の隙間にスッと入ってくる。どうか楽しきゲームなサマーを。度を越した夜更かしにはご注意を。そして願わくば、また別の海で逢いましょう。

グッドラック!

前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2110/20/news075.jpg 「シーンとなった球場に俺の歌声がして……」 上地雄輔、後輩・松坂大輔の引退試合で“まさかのサプライズ”に感激
  2. /nl/articles/2110/19/news191.jpg 【その視点はなかった】古参オタクがネタバレしないのは、優しさではなく単に「初見にしか出せない悲鳴」を聞くために生かしているだけなのでは説
  3. /nl/articles/2110/19/news190.jpg 亀田家の末っ子が「ずっとしたかった鼻整形」公表 「パパは了承すみ?」と父・史郎を気にかける声殺到
  4. /nl/articles/2110/20/news101.jpg 中尾明慶、“新しい家族”の誕生にもう「超カワイイ」 6万円超の赤ちゃんグッズ代にも満面の笑顔 「喜んでくれたらいい」
  5. /nl/articles/2110/20/news089.jpg 保田圭、転倒事故で“目元に大きな傷”を負う 「転んだ時に手をつけなかった」痛々しい姿に心配の声
  6. /nl/articles/2110/19/news043.jpg 「学校であったつらいこと」を市役所に相談したら対応してくれた――寝屋川市のいじめ対策が話題、監察課に話を聞いた
  7. /nl/articles/2110/20/news081.jpg 篠田麻里子、前田敦子とともに板野友美の出産祝い 赤ちゃん抱っこし「こんな小さかったっけ〜ってもう懐かしい」
  8. /nl/articles/2110/19/news188.jpg ポンと押すだけで転売対策できる“転売防止はんこ”登場 「転売防止に役立つハンコは作れませんか?」の声から商品化
  9. /nl/articles/2110/18/news113.jpg 「ちびちゃん自分で書いたの?」 賀来賢人、“HAPPY”全開なイラストへ反響「愛情かけて育てているのが伝わります」
  10. /nl/articles/2110/19/news139.jpg 梅宮アンナ、父・辰夫さんの“黒塗り看板”が1日で白塗りに 今後の対応は「弁護士を入れて双方話し合い」

先週の総合アクセスTOP10

  1. 葉月里緒奈、美人な元マネジャーと“再会2ショット” 「共演した俳優さん達は私ではなく彼女を口説いてました」
  2. docomo×進撃の巨人キャンペーンの商品「リヴァイ兵長フィギュア」が悲惨な出来だと話題に → 公式が謝罪「対応方法を検討しております」
  3. 有吉弘行、妻・夏目三久との“イラストショット”を公開 蛭子能収からのプレゼントに「下書きも消さずにうれしい!!」
  4. 「印象が全然違う!」「ほんとに同じ人なの!?」 会社の女性に勧められてヘアカットした男性のビフォーアフター動画に反響
  5. 梅宮アンナ、父・辰夫さんの看板が黒塗りされ悲しみ 敬意感じられない対応に「残酷で、余りにも酷い行為」
  6. 子猫が、生まれたての“人間の妹”と初対面して…… 見守るように寄り添う姿がキュン死するほどかわいい
  7. 工藤静香、バブルの香り漂う33年前の“イケイケショット” ファンからは「娘さんそっくり」「ココちゃん似てる」
  8. 板野友美、エコー写真とそっくりな娘の顔出しショットを公開 ぱっちり目の美形な姿に「こんな美人な赤ちゃん初めて見た」
  9. 後藤晴菜アナ、三竿健斗との2ショット写真で結婚を報告 フジ木村拓也アナ、鷲見玲奈アナからも祝福のコメント
  10. 「とりあえず1000個買います」 水嶋ヒロ、妻・絢香仕様の“白い恋人”に財布の紐が緩みまくる