すぎやま先生のパーティ編成は? 「ドラクエIX」コンサートですぎやま先生と「すれ違い」してきました!日々是遊戯

今回で23回目を迎えた、作曲家・すぎやまこういち先生による「ファミリークラシックコンサート ドラゴンクエストの世界」が8月5日、池袋の東京芸術劇場にて開催されました。

» 2009年08月07日 20時04分 公開
[池谷勇人,ITmedia]

アンコールではあの名曲が!

もはや恒例となった、コンサート前の囲み取材。今回は「ドラクエIX」発売後ということもあり、心なしかいつもよりすぎやま先生も饒舌でした

 去る8月5日に、池袋の東京芸術劇場にて行われた「第23回 ファミリークラシックコンサート ドラゴンクエストの世界」。いつものように、開演前には「ドラゴンクエスト」シリーズの音楽を手がける作曲家・すぎやまこういち先生の囲み取材が楽屋で行われました。

 今回の公演プログラムはもちろん、発売されたばかりの最新作「ドラゴンクエストIX 星空の守り人」から「交響組曲『ドラゴンクエストIX』星空の守り人」。オーケストラ版は今回が初披露ということもあり、当日券を求めてなんと前日から並ぶ人もいたとか。また、ちょうど「すれ違い通信」が各所で流行っていることもあり、会場でも待ち時間や休憩時間などに、ニンテンドーDSを広げて「すれ違い通信」を楽しんでいる人が多く見られたのも印象的でした。

 公演前の囲み取材ですぎやま先生は、「ドラクエIX」の楽曲制作について「すべての楽曲を書き上げるのに4年以上かかった」と振り返りながら、「開発期間が長いのは、ユーザーは困るかもしれないけれど、僕にとってはありがたい(笑)。戦闘の曲や『序曲』なんかは5回くらい書き直していて、最終的に納得できるものを選んだ」とコメント。また実際にテストROMでプレイしてから手を加えることも多いそうで、特に冒頭で流れる天使界の曲は、当初の予定ではたった1コーラスのみのごく短いものだったが、天使界の滞在時間が意外に長かったため急きょ2コーラス目を追加したり、さらに転調を加えたりしてようやく今の長さになったのだとか。しかし、おかげでこの「天の祈り」という曲は、「本作全体のテーマ曲とも言える、大切な曲」に仕上がったそうです。

 また本作の売上が好調なことについても触れると、すぎやま先生は「今はすれ違い通信が流行ってるんだってね!」と切り出し、自分自身も先ほど楽団メンバーとはじめての「すれ違い通信」を行い、「すれ違いデビュー」を果たしたことを明らかに。「こういう面白さは今までになかった。冒険の書が一箇所しかないことで話題にもなったけれど、もしもセーブ領域を増やそうとしたら、こういういろんな部分を削らなきゃならなかった。だけどこうして盛り上がっているのを見ると、結果的にはやっぱり良かったんじゃないかな」と、セーブ領域を一つに絞ってでも(実際は中断データも含め2カ所分)、新しい要素を取り入れたことに納得している様子でした。

 またセーブデータと並んで、発売前からファンの間では賛否両論だった妖精のサンディについては、「ボクはけっこう好きですよ(笑)。あの子だけ現代っぽいしゃべり方で、ほかのキャラとの落差が面白いよね」と“賛成派”であることを表明。またテストROMでプレイした際、「サンディのテーマがあまりに登場シーンの雰囲気とぴったりで、思わず笑っちゃいました(笑)」と、曲と雰囲気がマッチしていたこともお気に入りの理由のひとつとして挙げてくれました。

インタビュー終了後は、すぎやま先生の「みんなもすれ違いやってるの?」という質問をきっかけに、なんとそのまま「すれ違い通信会」に突入。記者たちもこのときばかりは、仕事を忘れてすぎやま先生との「すれ違い通信」に夢中になっていました

 ちなみにテストROMでも相当やり込んでいたというすぎやま先生ですが、現在は製品版で再び遊んでいるところで、「レベルは50くらいかな。主人公は旅芸人のままで、仲間は武闘家が2人と、僧侶が1人」だそう。4人中2人が武闘家というのは相当に偏った編成ですが、これは「敵に先に殴られるのが大嫌いだから」という理由からだとか。「戦士だと遅いから。殴られる前に先制攻撃作戦。ほしふる腕輪も装備させたりしてね(笑)」など、独自の戦術について熱く語る場面もあり、今回も相変わらずやり込む気まんまんのようでした。

 その後行われたコンサートでは、すぎやま先生は東京都交響楽団の演奏とともに「ドラクエIX」の全曲を指揮。またアンコール2曲目では、「ドラクエIII」のエンディングテーマ「そして伝説へ」も演奏され、すぎやま先生の口から曲名が発表されるや、会場から「おお〜!」という大きなどよめきと拍手が沸き起こる一面も。訪れた人も、まさか今日のコンサートであの名曲が聞けるとは思っていなかったようで、演奏が終わってもしばらく拍手が鳴り止まず、誰も席を立とうとしなかったのが印象的でした。

 なお今後のスケジュールとしては、8月29日に京都コンサートホールで「トーセ プレゼンツ ドラゴンクエスト スペシャルコンサート」が、9月21日には札幌コンサートホール kitara 大ホールにて「都響×すぎやまこういちがやってきた! 〜ヒット曲からドラゴンクエストまで〜」がそれぞれ開催される予定。またコンサートが行われた8月5日には、オリジナル版とシンセサイザー版の2バージョンを収録した「ドラゴンクエストIX」のオリジナルサウンドトラックも発売となっています。特にシンセサイザー版は、こうしたアレンジでははじめてすぎやま先生自身が実際に打ち込んだものだそうなので、ファンの方はお見逃しなく。

コンサートでは途中、すぎやま先生から客席の堀井雄二氏に「いつも発想のすばらしさに驚いています」と賞賛が送られる場面も
会場ではあちこちで、DSを広げて「すれ違い通信」に興じるユーザーの姿が見られました。
ということで、筆者の宿屋にもすぎやま先生のキャラクターが!! コメントもいかにもすぎやま先生といった感じ

(C)2008 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/LEVEL-5/SQUARE ENIX All Rights Reserved.


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2402/27/news031.jpg 生まれたばかりの孫に会いに来た両親、赤ちゃんを見た瞬間号泣し…… 幸せあふれる光景に「一緒に泣いちゃいました」
  2. /nl/articles/2402/27/news134.jpg 「ずっと手を触って」「強烈な口説きが」 グラドル、元K-1王者のセクハラ行為を“告発”→反論しバトルに 「引っ込んどけよロバは」謎の容姿罵倒で流れ弾も
  3. /nl/articles/2402/27/news032.jpg 体調が不安な愛猫を病院へ→先生に「笑われた」診察風景が244万表示! 思わぬ結果と珍しい姿に「落ち着き方すごいw」
  4. /nl/articles/2402/27/news030.jpg 1歳娘、寒い日にホットミルクを飲んだ瞬間…… しみじみ味わう爆笑の一言に「かわいすぎます」「スタバおいしそう」
  5. /nl/articles/2402/09/news148.jpg パーカーをガバッとまくり上げて…… 女性インフルエンサー、台湾でボディーライン晒す 上半身露出で物議 「羞恥心どこに置いてきたん?」
  6. /nl/articles/2402/27/news126.jpg 「ホント理想の家族」「普段から当たり前のよう」 “6男7女の大家族”うるしやま家の大黒柱パパ、“13人分の洗濯物”をテキパキたたむ姿が尊敬しかない
  7. /nl/articles/2402/27/news036.jpg 【今日の計算】「699×7」を計算せよ
  8. /nl/articles/2402/18/news016.jpg 築36年住宅のありふれた玄関を、2万円以下でDIYしたら…… 雰囲気激変の作業まとめに反響「このお値段でこのクオリティー、すごい!」
  9. /nl/articles/2402/27/news075.jpg 「すき家へ1000日以上通い続ける男」に届いたプレゼント “斜め上過ぎる中身”に困惑「何に使うんだこれ」
  10. /nl/articles/2402/26/news029.jpg 冷え込む深夜、玄関の前に何かを訴える野良猫が現れて…… 試行錯誤の保護劇に「長期戦お疲れさまです」「暖かい部屋に入れて良かった」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 小泉進次郎、生後3カ月の長女を抱く姿に「貴重なパパの顔」 2023年末には小泉元首相の“幸せじいじ姿”も話題に
  2. 庭にアジサイがあるなら知っておくべき!? 春になる前に急いでやりたい“大きな花を咲かせる”お手入れ術に反響続々
  3. 生まれたばかりの孫に会いに来た両親、赤ちゃんを見た瞬間号泣し…… 幸せあふれる光景に「一緒に泣いちゃいました」
  4. つんく♂、「僕の大好きな妻」と元モデル妻の貴重ショット公開 「めちゃくちゃお綺麗」と反響
  5. 小泉純一郎元首相、進次郎&滝クリの第2子“孫抱っこ”でデレデレ笑顔 幸せじいじ姿に「顔が優しすぎ」「お孫さんにメロメロ」
  6. 「ずっと手を触って」「強烈な口説きが」 グラドル、元K-1王者のセクハラ行為を“告発”→反論しバトルに 「引っ込んどけよロバは」謎の容姿罵倒で流れ弾も
  7. 2歳娘、帝王切開で入院するママの前では強がっていたが…… 離れてから号泣する姿に「いじらしくて可愛くて朝から泣いた」
  8. 業務スーパーの“高コスパ”人気冷凍商品に「基準値超え添加物」 約1万5000個販売……自主回収を実施
  9. 長女と赤ちゃんの夜のルーティンが「可愛いしか言えん」 愛が強すぎな姉から逃げる姿に「嫌いじゃないのねw」「素敵な姉妹」
  10. 「ほんと愛でしかない」「心から尊敬します」 “6男7女の大家族”うるしやま家のスーパーママ、“15人分のお弁当作り”が神業レベルで称賛の声
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「天までとどけ」長女役、芸能界の「負の連鎖」訴え 主演俳優の“お誘い”拒否し「他の演者やスタッフからも無視」「本当の事なんか誰も話さない」
  2. 田代まさし、南部虎弾さん通夜で“一団”に絡まれる騒動へ……にらみ合いの末に「ちょっと来い」「止めろよお前」
  3. 妊娠中の英俳優、授賞式での“金太郎”ドレスが賛否両論 「半裸の妊婦なんて見てられない」「ホットなママ」
  4. 「変わんないもん俺のと」 所ジョージ、ホンダ軽を超速カスタムで高級外車と“まったく同じ”外見に 「朝から楽しいよ」「完璧!」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「意識もうろう」「何も食べられない」 すい臓がんステージ4の森永卓郎、痩せた顔出しで“最悪の時期”告白 息子は「『死ぬ』が冗談に聞こえなかった」
  7. 授業参観の度に「かっこいい」と言われた父親が10年後…… 「時間止まってる?」と驚愕の声がやまない父子の姿が870万再生
  8. 65歳マドンナ、ワールドツアー中のダンスが“おばあちゃん”だと視聴者衝撃 「もうやめなよ」「こんなふうに終わりを迎えるなんて」
  9. 人気ブロガー医師が4年の闘病の末に42歳で逝去 夫が伝える「素敵な女性がいたということを皆様の心に残していただければ」
  10. 能登半島地震により海底が“隆起”→すさまじい様子を収めた写真に「自然の脅威を感じる」