コンセプトは、いちから作り直す“モンスターハンター”「モンスターハンター3(トライ)」開発者インタビュー(2/4 ページ)

» 2009年08月17日 18時31分 公開
[仗桐安,ITmedia]

藤岡氏 これをどう使ってくるんだろうと思われてるものを、うまく使えるとうれしいじゃないですか。そういうのってチャレンジしがいがあるんですよね。ユーザーの想像もできないものにチャレンジして、実際さわってもらったらこれいいな、と思ってもらえるようなものにする。それはチャレンジしがいのあることでした。

―― Wiiでモンハンって聞いた時に、例えばハンマー振り回す時にWiiリモコン振り回すのかなとか、思ってた人はいると思うんですけど、そういうスポーティーな方向ではなく、うまく落とし込んでますよね。

藤岡氏 あくまでもコントローラとして見て、それをいかに面白く楽しく、長時間遊んでも楽しさが持続するものにしていくかというのは吟味しました。アナログ的な感覚とデジタル的な感覚。いろんなアプローチができるようになってます。

辻本氏 コントローラとして見ているんです。例えば振動機能がついているとします。それはスパイスとして使いますよね。このタイミングで使えば気持ちいいだろうということで振動機能を利用したりします。でも「絶対に振動を使わなくてはならない」からはじまってはいないんです。ヌンチャクもその発想です。まずはコントローラとして考えて、それについている機能を、ここでこう使ったら面白い、というように使っています。使っても面白くないということであれば、いっさい振ってなかったかもしれないですね。

藤岡氏 ユーザーの方が長時間遊ぶだろうということは、これまでのいろんな方の話を聞いていても考えさせられる部分だったので、2時間、3時間遊んでも疲れないということを考えないといけない。そこから考えをぶらさずに徹底してやりました。

辻本氏 今回のヌンチャク操作は、いい意味で予想外だったと思います。

水中狩猟に慣れれば、新しい世界が広がる

―― お気に入りのモンスターはいますか?

ラギアクルス

藤岡氏 僕はラギアクルスです。単純にかっこいいというのもありますし、一番長く触ったモンスターでもあるので。水中という新しい環境に対して特化していて、水中を体現してくれているモンスターです。一番のお気に入りですね。

―― ラギアクルスいいですよね。まさに“竜”って感じです。

藤岡氏 そうですね。ああいう感じの動きって今まであまりなかったんですよ。モーションをつけてくれたスタッフにとっても思い入れが深いモンスターなんです。モンスターハンターでモンスターの動きはここまでできるんだというのを提案してくれたモンスターでもあり、ラギアクルスは作って本当によかったな、と僕はすごく思ってます。

辻本氏 あのグネグネ感がいいですよね

藤岡氏 グニャッというあの感じが今までにはなかったんです。ああいう動きが入ると他のモンスターにも動きの表現として伝染していくというか、もっと動きをこうしてやろうという、ひとつの土台として生まれたモンスターですね。「3(トライ)」の中心的モンスターです。

辻本氏 僕が好きなモンスターは……“ものすごくおおきなやつ”です。“ものすごくおおきなやつ”がいるんですよ(笑)。

―― 旧作のラオシャンロン的なモンスターですか?

“ものすごくおおきなやつ”についての資料を見ながら。はたしてどんなおおきなやつなのか? 登場を待ちたい

辻本氏 ネタばれになるといやなので、名前は伏せておきます。

―― どのようなモンスターなんでしょうか?

辻本氏 僕はインパクトが好きなんです。「3(トライ)」の中でインパクトを一番持ってくれているのが、その“おおきなやつ”ですね。やってみてうんぬんじゃなくて、見ただけでインパクトがあります。圧倒されますよ。シチュエーションが通常のクエストとは違います。こんなことできるのか、あんなことできるのかっていうのがいっぱい詰まっています。開発当初にイメージイラストをみて、当時からすごく好きでして。その絵を飾ったりしていたくらいなんです。シチュエーション的に「本当にできるの?これできたら絶対すごいよ!」というのが実現したモンスターです。

本作にはクルペッコやドスジャギィなど、特徴的なモンスターが多数登場する

―― 本作の新要素である水中での狩りについてはどうでしょうか? 開発は大変でしたか?

藤岡氏 大変は大変でしたね。シームレスに行き来したいというのも込みで、どのあたりまで割り切らないといけないかというところでやってました。最悪、陸と海でエリアを変えなくてはならないかもしれなかったんですが、同じエリア内でシームレスに行けた方が絶対楽しいじゃないですか。それに対してモンスターも対応しなきゃいけないし、課題が多かったです。結果、うまく水中と陸を行き来しつつモンスターとの立ち回りを可能にできたのは、苦労もあったんですが、苦労を乗り越えて今の形になって本当によかったと思ってます。

辻本氏 大変なのは分かってたんですよ、水中での狩猟を入れた時点で。

藤岡氏 感覚的にも今までは平面だったものが立体的になるんで、アクションゲームとして難しい部類のチャレンジになるとも思っていました。ユーザーみんながそれらをコントロールしきれるかというのが不安でした。でも気持ちよく触れるようになると新しい世界が広がるんで、楽しいものになるだろうな、というのはありました。そこに至るまでの壁をどれくらいなくしてあげるか。楽しいですよーというところだけがいかに抽出できるか。操作性もそうだし、モンスターとプレイヤーの関わりもそうです。

―― 水中での不自由さと、慣れれば慣れるほど立ち回れるようになるバランスがよいと思いました。

藤岡氏 小気味よくやりとりできるようになっていくんです。どこまでそれが早い段階でユーザーの中に芽生えるかというのが勝負どころですね。そこにいたる嫌な部分をなるべく排除していくことが大事なことだと思っています。

―― 水中での狩りはロアルドロス、チャナガブル、ラギアクルスという段階的な流れがありますよね。

海綿状のウロコが特徴のロアルドロス

藤岡氏 そうですね。ちょっとずつ水中に慣れてもらうという作りにしています。いきなり本気の水中での狩りではなく、ロアルドロスのように狩猟の終盤で水中に逃げるモンスターがいるわけです。少しずつ水中に慣れてもらえたら、と思って段階的な設計になっていると思います。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10
  1. 小泉進次郎、生後3カ月の長女を抱く姿に「貴重なパパの顔」 2023年末には小泉元首相の“幸せじいじ姿”も話題に
  2. 庭にアジサイがあるなら知っておくべき!? 春になる前に急いでやりたい“大きな花を咲かせる”お手入れ術に反響続々
  3. 生まれたばかりの孫に会いに来た両親、赤ちゃんを見た瞬間号泣し…… 幸せあふれる光景に「一緒に泣いちゃいました」
  4. つんく♂、「僕の大好きな妻」と元モデル妻の貴重ショット公開 「めちゃくちゃお綺麗」と反響
  5. 小泉純一郎元首相、進次郎&滝クリの第2子“孫抱っこ”でデレデレ笑顔 幸せじいじ姿に「顔が優しすぎ」「お孫さんにメロメロ」
  6. 「ずっと手を触って」「強烈な口説きが」 グラドル、元K-1王者のセクハラ行為を“告発”→反論しバトルに 「引っ込んどけよロバは」謎の容姿罵倒で流れ弾も
  7. 2歳娘、帝王切開で入院するママの前では強がっていたが…… 離れてから号泣する姿に「いじらしくて可愛くて朝から泣いた」
  8. 業務スーパーの“高コスパ”人気冷凍商品に「基準値超え添加物」 約1万5000個販売……自主回収を実施
  9. 長女と赤ちゃんの夜のルーティンが「可愛いしか言えん」 愛が強すぎな姉から逃げる姿に「嫌いじゃないのねw」「素敵な姉妹」
  10. 「ほんと愛でしかない」「心から尊敬します」 “6男7女の大家族”うるしやま家のスーパーママ、“15人分のお弁当作り”が神業レベルで称賛の声
先月の総合アクセスTOP10
  1. 釣れたキジハタを1年飼ってみると…… 飼い主も驚きの姿に「もはや、魚じゃない」「もう家族やね」と反響
  2. パーカーをガバッとまくり上げて…… 女性インフルエンサー、台湾でボディーライン晒す 上半身露出で物議 「羞恥心どこに置いてきたん?」
  3. “TikTokはエロの宝庫だ” 女性インフルエンサー、水着姿晒した雑誌表紙に苦言 「なんですか? これ?」
  4. 1歳妹を溺愛する18歳兄、しかし妹のひと言に表情が一変「ちがうなぁ!?」 ママも笑っちゃうオチに「かわいいし天才笑」「何度も見ちゃう」
  5. 8歳兄が0歳赤ちゃんを寝かしつけ→2年後の現在は…… 尊く涙が出そうな光景に「可愛すぎる兄妹」「本当に優しい」
  6. 1人遊びに夢中な0歳赤ちゃん、ママの視線に気付いた瞬間…… 100点満点のリアクションにキュン「かわいすぎて鼻血出そう!」
  7. 67歳マダムの「ユニクロ・緑のヒートテック重ね着術」に「色の合わせ方が神すぎる」と称賛 センス抜群の着こなしが参考になる
  8. “双子モデル”りんか&あんな、成長した姿に驚きの声 近影に「こんなにおっきくなって」「ちょっと見ないうちに」
  9. 犬が同じ場所で2年間、トイレをし続けた結果…… 笑っちゃうほど様変わりした光景が379万表示「そこだけボッ!ってw」
  10. 新幹線で「高級ウイスキー」を注文→“予想外のサイズ”に仰天 「むしろすげえ」「家に飾りたい」