インタビュー
» 2009年08月17日 18時31分 公開

コンセプトは、いちから作り直す“モンスターハンター”「モンスターハンター3(トライ)」開発者インタビュー(3/4 ページ)

[仗桐安,ITmedia]

―― カメラ周り、当たり判定などが旧作と比べて改善されたように感じましたが、どうでしょうか?

藤岡氏 アクションゲームということもあり、カメラが不自由になればなるほど遊びにくくなります。カメラはいつも、少しでも改善しようとしてきました。今回は、カメラ操作がより安定するようになっていると思っています。今の段階ではいいカメラワークになっているのかな、と。当たり判定については、ゲーム的に成り立っているんであれば、きれいについているほうがプレイヤー的にも納得がいくし面白いですよね。面白い方向にいくんであれば、きれいについている方がいい。ある程度はプレイヤーが納得するものに近づいているのかなと思います。まだまだベストとは言えませんが。

辻本氏 これに関してはいつもなんです。いつも気にはしているんです(笑)。

藤岡氏 いちから作れたからこそできた部分でもありますね。今までのものをいきなり当たり判定だけを修正かけすぎるとバランスを崩してしまう。モンスターの設計としても、その当たりがないと困ったりする。そういうのもあり、そんなに思いきってさわりにくい部分でもありました。そういった面でも、今回、いちから作り直せたというのは非常に意味があったと思っています。

モンスターのリアルな生態、ハンターのリアルな生活

―― モンスターの生態、ハンターの生活感が更に増しているように感じました。何かこだわった点はありますか?

藤岡氏 そもそもモンスターハンターは、プレイヤーが主人公というよりはモンスターが主人公なんです。強いキャラクター性を持っているのがモンスターで、自分はそこに第三者として入っていって、その中で生活をする。ですので特にモンスターに関してはキャラクター性を強くしたい、生態を描きたい、と思ってて。今まで以上にモンスターがモンスターを意識していたりとか、そのへんをもっと描くことでその世界にもっと没頭できるんじゃないかと。その生態を逆手にとって何かしてみようと思ったりして、ユーザーの考え方がどんどん発展していく。そういうのがいいな、と思ってます。

―― 今回の新要素である、モンスターのスタミナが切れるとよだれが出る、というのも面白いですよね。

藤岡氏 「今よだれ垂らした!」とか言いながらプレイして「スタミナ切れたらこうなるんだよ」と教えてもらったりして、1人のときに試してみたりとか、それを今度は自分なりに利用していこうとか、そういう流れになってくれるといいですよね。ゲーム性にはねかえるような内容で、モンスター同士が向き合ってるとか、モンスターがより生き物らしく反応してくれるというのを入れたかったんです。今までの要素に足そうとすると入れるのも難しかったことが、いちから考え直したこのタイミングで入れることができた。そもそもそういう欲求がたまっていたんですね。もっと生態的に世界を描けないか、それが楽しさにならないか、というところを。

辻本氏 今まではモンスターとハンターだったのが、モンスターとモンスターとモンスターとハンターという、みな対等な感覚になってます。ゲーム性としてもこだわったところです。

村はハンターたちの癒しの空間でありたいと両名

藤岡氏 インタラクティブに何かが起こって、そこに何かしていけるんですよ。ゲーム性という意味では本当に意味のないものも入っているんですけどね。村ではプーギーをだっこできたりとか。でも、そういう空間で癒されることがあって楽しんでもらえたらいいなあ、と。運んだからって何もないんですけどね(笑)。

辻本氏 癒しですね(笑)。

藤岡氏 癒しです。癒されるなあ、というだけでいいんです。そういう要素も大事だと思っていますし、村とかは特にそういう空気感が強いと思います。

―― 村で面白いのが、クエストカウンターにいるギルドの看板娘のセリフです。あのキャラ設定とかセリフの量とか、書いた人はすごいですよ。

辻本氏 はっちゃけたやつがいるんですよ。面白いスタッフがいまして(笑)。

藤岡氏 頭の中で考えたキャラクター設定をバーッと吐き出すコがいて、今までのタイトルだと、教官とかのセリフも書いている人です。ノリがどこまでもすごいことになっているんですよ。

辻本氏 たまに行きすぎるんですけどね(笑)

藤岡氏 モンスターとやりとりするっていうのは、ゲーム的にはストイックじゃないですか。重量級のものとやりとりをして疲れて帰ってくる。その時、その周りはほわあっとしているというか、ゆる〜い感じで受け止めてくれる方が、生活している分には気持ちいいんだろうなという気がしてるんです。

―― 確かに村に帰るとホッとしますね。

藤岡氏 それがいいなと思って。逆にそういう村があるからクエストにも行ける。その循環がいいんじゃないかなと僕は思ってます。周りのキャラクターたちがいろんな事をしゃべってくれるので、楽しいと思いますよ。さまざまなキャラクターがいるので、いろんな人に話しかけて体感してもらえたらいいなと思ってます。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2402/22/news147.jpg つんく♂、「僕の大好きな妻」と元モデル妻の貴重ショット公開 「めちゃくちゃお綺麗」と反響
  2. /nl/articles/2402/23/news013.jpg 生後3カ月赤ちゃん、人生初の証明写真撮影で“キメ顔”を披露! 撮影風景と仕上がりに「たまらん」「かわいすぎるー!」
  3. /nl/articles/2402/21/news158.jpg 業務スーパーの“高コスパ”人気冷凍商品に「基準値超え添加物」 約1万5000個販売……自主回収を実施
  4. /nl/articles/2402/21/news017.jpg 庭にアジサイがあるなら知っておくべき!? 春になる前に急いでやりたい“大きな花を咲かせる”お手入れ術に反響続々
  5. /nl/articles/2402/10/news023.jpg 焼肉きんぐの会員ランク、「なんで警察なんですか」 SNSで注目の疑問、運営元に聞いてみた
  6. /nl/articles/2402/23/news045.jpg チョコザップなのにジムがない!? まさかの“ジムなし”店舗に驚きの声 なぜなのかライザップに聞いた
  7. /nl/articles/2402/22/news035.jpg 歩けないカエルが3年間溜め込んだ“大”の量に爆笑!! 想像絶する規格外サイズに「思っていた10倍」「言葉を失った」
  8. /nl/articles/2402/23/news008.jpg 7歳娘に将来の夢を聞いてみたら…… まさかの回答が爆笑必至「真面目に言ってるのが最高」「どんな夢でも応援します!」
  9. /nl/articles/2402/23/news080.jpg 武尊、キックボクシング世界王者との激闘でヒザを2カ所骨折 対戦直後には強烈ローキック受けた脚が腫れ上がる
  10. /nl/articles/2402/23/news009.jpg ツーリング先の人けのない山、段ボール箱を開けると…… 助けを求める子猫たちに「鳴き声聞いて涙が」「許せません」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 8歳兄が0歳赤ちゃんを寝かしつけ→2年後の現在は…… 尊く涙が出そうな光景に「可愛すぎる兄妹」「本当に優しい」
  2. 犬が同じ場所で2年間、トイレをし続けた結果…… 笑っちゃうほど様変わりした光景が379万表示「そこだけボッ!ってw」
  3. 宿題する8歳娘と、邪魔しつづける猫を1年記録したら…… 490万再生の愛がつまったやりとりに「最強の名コンビ」
  4. 真田広之の俳優息子、母の手塚理美がエール「彼なりに頑張ってる」 両親ゆずりのルックスに「イケメン」「男前」の声
  5. 野生の鯉を稚魚から育て4年後、判明した事実に飼い主「僕は今まで何を…」 激変した姿に「爆笑してしまいました」
  6. 1歳妹を溺愛する18歳兄、しかし妹のひと言に表情が一変「ちがうなぁ!?」 ママも笑っちゃうオチに「かわいいし天才笑」「何度も見ちゃう」
  7. 食用でもらった車エビ、4歳息子に「育てたい」と懇願され…… 水槽で飼育した貴重な記録に「可愛い姿見せてくれてありがとう」
  8. 2歳娘とパパ、愛と平和しかないやりとりに「100億年分のストレスが消滅した」 涙が出るほど幸せな会話に称賛の声
  9. 3歳双子姉妹、17歳お姉ちゃんを修学旅行で見送ったら…… 寂しくて号泣する様子に「もらい泣きです」「愛されてますね」
  10. 1人遊びに夢中な0歳赤ちゃん、ママの視線に気付いた瞬間…… 100点満点のリアクションにキュン「かわいすぎて鼻血出そう!」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「天までとどけ」長女役、芸能界の「負の連鎖」訴え 主演俳優の“お誘い”拒否し「他の演者やスタッフからも無視」「本当の事なんか誰も話さない」
  2. 田代まさし、南部虎弾さん通夜で“一団”に絡まれる騒動へ……にらみ合いの末に「ちょっと来い」「止めろよお前」
  3. 妊娠中の英俳優、授賞式での“金太郎”ドレスが賛否両論 「半裸の妊婦なんて見てられない」「ホットなママ」
  4. 「変わんないもん俺のと」 所ジョージ、ホンダ軽を超速カスタムで高級外車と“まったく同じ”外見に 「朝から楽しいよ」「完璧!」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「意識もうろう」「何も食べられない」 すい臓がんステージ4の森永卓郎、痩せた顔出しで“最悪の時期”告白 息子は「『死ぬ』が冗談に聞こえなかった」
  7. 授業参観の度に「かっこいい」と言われた父親が10年後…… 「時間止まってる?」と驚愕の声がやまない父子の姿が870万再生
  8. 65歳マドンナ、ワールドツアー中のダンスが“おばあちゃん”だと視聴者衝撃 「もうやめなよ」「こんなふうに終わりを迎えるなんて」
  9. 人気ブロガー医師が4年の闘病の末に42歳で逝去 夫が伝える「素敵な女性がいたということを皆様の心に残していただければ」
  10. 能登半島地震により海底が“隆起”→すさまじい様子を収めた写真に「自然の脅威を感じる」