ニュース
» 2009年08月18日 19時35分 公開

驚くべきテクニックで「スーパーマリオ」をクリアしていく人工知能日々是遊戯

海外で行われているAIコンテスト向けに作られた、「スーパーマリオ」を自動でクリアしてくれるAIの動画が話題となっています。

[池谷勇人,ITmedia]

ゲームがゲームをクリアする時代に?

 「New スーパーマリオブラザーズ Wii」で、初心者向けに新しく搭載されるという噂の「スキップ機能」は、もしかしたらこんな感じなのかもしれません。

 土管や砲台、敵キャラクターなど多くの障害物が設置されたコース上を、驚くべきスムーズさで、マリオがひたすら右へ右へと進んでいくこちらの動画。迫りくる敵の間を難なくすり抜けたり、パックンフラワーの間をギリギリでくぐり抜けていったりと、確かに上手いプレイであることは分かるのですが、何かがちょっと違うことに気付いたでしょうか。


 実はこれ、すべてAI制御による自動プレイ。マリオの前方に表示されている赤い放物線は、この先進むルートの候補を表したもので、どうやらこの中から安全で、なおかつ最短でゴールにたどり着けるルートを自動で選択するようプログラムされているようです。途中、何度かはヒヤリとさせられる場面もあるのですが、きわどいながらもしぶとく生き残っているあたりはさすがAIといったところでしょうか。ちなみにコースはすべてランダムで生成されているため、コースを覚えてあらかじめ動きをプログラムしておくようなことは不可能だそうです。

 もともとは海外で行われている「Mario AI Cmpetition」という人工知能コンテスト用に作られたものらしいのですが、自動でゲームをクリアしてくれるAI、というのはなかなかユニークな試み。今後このAIがもっと進化して「スーパーマリオブラザーズ」以外にも応用がきくようになれば、いずれは自分でゲームを遊ばなくても、AIが代わりにすべてクリアしてくれる時代がやってくるかもしれません。

 そもそもゲーム自体「コンピュータによって捻出された余暇を、コンピュータによって消費する」という自己矛盾的な考えのもとに成立しているわけですが、「それをさらにコンピュータが自動でクリアする」となると、もはや何が何だか……。そんな手段と目的の逆転っぷりも含め、今後の動きが楽しみな企画と言えそうです。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 葉月里緒奈、美人な元マネジャーと“再会2ショット” 「共演した俳優さん達は私ではなく彼女を口説いてました」
  2. docomo×進撃の巨人キャンペーンの商品「リヴァイ兵長フィギュア」が悲惨な出来だと話題に → 公式が謝罪「対応方法を検討しております」
  3. 有吉弘行、妻・夏目三久との“イラストショット”を公開 蛭子能収からのプレゼントに「下書きも消さずにうれしい!!」
  4. 「印象が全然違う!」「ほんとに同じ人なの!?」 会社の女性に勧められてヘアカットした男性のビフォーアフター動画に反響
  5. 梅宮アンナ、父・辰夫さんの看板が黒塗りされ悲しみ 敬意感じられない対応に「残酷で、余りにも酷い行為」
  6. 子猫が、生まれたての“人間の妹”と初対面して…… 見守るように寄り添う姿がキュン死するほどかわいい
  7. 工藤静香、バブルの香り漂う33年前の“イケイケショット” ファンからは「娘さんそっくり」「ココちゃん似てる」
  8. 板野友美、エコー写真とそっくりな娘の顔出しショットを公開 ぱっちり目の美形な姿に「こんな美人な赤ちゃん初めて見た」
  9. 後藤晴菜アナ、三竿健斗との2ショット写真で結婚を報告 フジ木村拓也アナ、鷲見玲奈アナからも祝福のコメント
  10. 「とりあえず1000個買います」 水嶋ヒロ、妻・絢香仕様の“白い恋人”に財布の紐が緩みまくる