ニュース
» 2009年09月04日 19時14分 公開

「テトリス」をプレイすると頭が良くなる? 最新の研究結果で明らかに日々是遊戯

アメリカ・ニューメキシコ州の研究機関によると、「テトリス」を3カ月間、1日30分ずつプレイすると、脳の灰白質が増大し、また活動も活発になることが明らかになったそうです。

[池谷勇人,ITmedia]

ゲームで脳もレベルアップ

 ゲームファンのみなさま、お喜びください。最新の研究論文によると、「テトリス」を継続的にプレイすることで大脳皮質が増大し、また脳の活動能力も向上することが明らかになったそうです。

 この研究をまとめたのは、アメリカ・ニューメキシコ州の研究機関・Mind Reserach Network。「BMC Reserrch」に発表された論文によると、十代の女性26人を対象に、3カ月間毎日30分ずつ「テトリス」をプレイさせたところ、プレイしなかったグループに比べて、プレイさせたグループでは脳の灰白質の厚みが増し、また活動能率も向上していたとのこと。

 詳しくは下の図を参照。図の赤くなっているところは灰白質が増加していた部分で、青い部分は活動効率が向上していた部分をそれぞれ示しています。

赤と青で塗られた部分に、特に顕著な成果が見られました

 最近では研究により、脳のどの部位が何をつかさどっているのかが、少しずつ明らかになってきています。今回のケースでは、特に視覚や聴覚といった感覚器官の統合や、複雑な動作を司る部分で灰白質の増加が顕著で、また思考や言語などを司る部分で活動効率の向上が目立ったそうです。

 これはつまり、「テトリス」をプレイすることで、単にゲームが上手くなるだけでなく、思考や動作といった日常私たちが行っている他の行動においても、機能や能力の向上が期待できるということ。また研究者によれば、高齢化による脳の衰えの防止などにも役立つ可能性があるとのことです。

 とかく世間では悪者にされることが多いゲームですが、こうした「プラスの効能」を少しずつ明らかにし、周知させていくことが今のゲーム業界には求められているのかもしれません。同機関では今後も研究を続け、例えば「テトリス」のプレイをやめた後、今回増大が見られた部分がどのように変化していくかなどを継続して調査していきたいとのこと。もっと研究が進めば、いつかは「もっとゲームしなさい!」と言われるような日もやってくるかもしれませんね。

 なお、今回の論文はPDF形式で公開されていますので、もっと詳しく知りたい方はそちらをどうぞ。

Mind Research Networkのサイトに掲載された調査論文

関連キーワード

| テトリス | 論文 | 研究機関 | 日々是遊戯


(C) J. Haier et al, BMC Research Notes 2009


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 葉月里緒奈、美人な元マネジャーと“再会2ショット” 「共演した俳優さん達は私ではなく彼女を口説いてました」
  2. docomo×進撃の巨人キャンペーンの商品「リヴァイ兵長フィギュア」が悲惨な出来だと話題に → 公式が謝罪「対応方法を検討しております」
  3. 有吉弘行、妻・夏目三久との“イラストショット”を公開 蛭子能収からのプレゼントに「下書きも消さずにうれしい!!」
  4. 「印象が全然違う!」「ほんとに同じ人なの!?」 会社の女性に勧められてヘアカットした男性のビフォーアフター動画に反響
  5. 梅宮アンナ、父・辰夫さんの看板が黒塗りされ悲しみ 敬意感じられない対応に「残酷で、余りにも酷い行為」
  6. 子猫が、生まれたての“人間の妹”と初対面して…… 見守るように寄り添う姿がキュン死するほどかわいい
  7. 工藤静香、バブルの香り漂う33年前の“イケイケショット” ファンからは「娘さんそっくり」「ココちゃん似てる」
  8. 板野友美、エコー写真とそっくりな娘の顔出しショットを公開 ぱっちり目の美形な姿に「こんな美人な赤ちゃん初めて見た」
  9. 後藤晴菜アナ、三竿健斗との2ショット写真で結婚を報告 フジ木村拓也アナ、鷲見玲奈アナからも祝福のコメント
  10. 「とりあえず1000個買います」 水嶋ヒロ、妻・絢香仕様の“白い恋人”に財布の紐が緩みまくる