ニュース
» 2009年09月18日 10時00分 公開

ライブ、大喜利、質問コーナー、サプライズゲスト――内容盛りだくさんのアイマス4周年ツアー 大阪公演 (2/3)

[ふじたけ,ITmedia]

落合祐里香さん、沼倉愛美さん、若林直美さんがビデオメッセージで登場

 お昼のスケジュール(テレビ出演)のライブコーナーに向けて、お着替えタイムで出演者たちがステージを後にしている間に、萩原雪歩役の落合祐里香さんと、我那覇響役の沼倉愛美さんと、秋月律子役の若林直美さんからのビデオメッセージが放映された。この嬉しいサプライズには、観客も喜びを隠せないようだった。

撮影者の若林さんに、ファンへの告白を求められ赤面する沼倉さん

 インターバルも盛り上がってのライブ1発目は仁後さんの「キラメキラリ」。今回のステージでは関連CD「THE IDOLM@STER MASTER SPECIAL」シリーズと同様に、2人1組となって楽曲が披露されていった。仁後さんと一緒に原さんもステージに登場し、「魔法をかけて!」でのデュエットなどを歌うと、会場にほんわかした空気が満ちていく。



大阪出身の原さんのご家族が会場にいらっしゃっているようで……

家族が来てくれたことの喜びを語る原さん

 MCで大阪出身の原さんは「この辺は庭です。去年は12回帰省したりと頻繁に帰ってきてますけど、お仕事で帰ってこれるのはほんまに、めっちゃ幸せや。実は今日、お父さんとお母さんとお姉ちゃんと、そして念願のおばあちゃんも会場に来てくれてるんです! おばあちゃんはめっちゃ喜んでくれてると思うんで、ほんまによかったなー、と思います。こういう姿をおばあちゃんに見てもらうのは初めてやから、ドキドキはありますけど(笑)」と、笑みを浮かべて語った。

 会場の温かな空気を受けて、今度は中村さんと平田さんが登場! 2人はMCにて無理やり関西弁で話そうとするが、自分たちには無理だと思ったのか断念……。しかし、メンバーをリードする役割のコンビだけあって、見事なパフォーマンスを披露した。





 続けてダンス審査員が「いよいよ本日最後のアイドルの登場だ! 胸が貧しくても、20代後半でも、立派なアイドルだ!」と紹介すると、「何だか微妙に失礼な物言いの気がします」(今井さん)、「心のダメージが大きくて、ただでさえ人前で歌うのは厳しいのに、こんなテンションじゃ、もう……無理ぽ」(滝田さん)と、2人のテンションがすっかりダウンしてしまう。そんな2人を元気付けるために、今度は大喜利コーナーが始まる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.