「Project Natal」は発明? 稲船氏、小島氏、名越氏がマイクロソフトの新システムを語るTGS2009

立体的な動きを感知するマイクロソフトの新システム「Project Natal」に関するパネルディスカッションが開かれた。Project Natalでゲームはどう変わるのか?

» 2009年09月25日 05時49分 公開
[遠藤学,ITmedia]
photo

 立体的な動きを感知することにより、コントローラーを必要とせずにゲームを遊ぶことができるマイクロソフトの新システム「Project Natal」(以下、Natal)についてのパネルディスカッションが開催。本ディスカッションには、カプコンの常務執行役員 開発統括本部長である稲船敬二氏、コナミデジタルエンタテインメントの専務執行役員 小島プロダクション監督である小島秀夫氏、セガのR&Dクリエイティブオフィサー CS研究開発統括部 統括部長/チーフプロデューサーである名越稔洋氏に加え、司会進行役としてマイクロソフトの執行役常務 ホーム&エンターテイメント事業本部長である泉水敬氏が登場した。

 冒頭、あいさつに立った泉水氏は、稲船氏、小島氏、名越氏が一堂に介したことを“奇跡的なこと”と表現。日本を代表するトップクリエイター3名がNatalに興味を持っていることに対し、喜びを感じているようだった。


photophoto (左から)泉水敬氏、稲船敬二氏

photophoto (左から)小島秀夫氏、名越稔洋氏

 まずはNatalを最初に見た時の印象から話がスタート。「見た瞬間にセンサーというのは分かったが、なぜマイクロソフトがセンサーを出すんだろうという気持ちがあった」と名越氏が語れば、稲船氏は「すごく忙しい時期だったので、これでしょうもないものだったら怒ってやろうと思っていた。ただ、(見て)びっくりしましたね。多分こうだろうなと勝手に想像していたものよりも、はるかに上だった。怒れませんでした(笑)」とコメント。小島氏も「とにかく衝撃でした。2Dが3Dになった時やファミコンを初めて遊んだ時と同じぐらい。魔法じゃないかなと思った」と話していた。

 続いて話題はNatalが持つ将来の可能性に。ここでは名越氏が「過去に完成していたものをもう一回、新しいコンテンツとして提供できるチャンスがある」、小島氏が「Natalはゲームだけに留まらず、将来的にはライフスタイルを変えるほどのパワーを持っている」、稲船氏が「ファミコン時代と比べてゲームは恐ろしく進化しているが、操作という部分ではグラフィックに比べて遅れていたと思う。Natalは“感情”という要素をゲームに取り入れられる可能性がある」とコメント。稲船氏の語る“感情”というキーワードには名越氏も心を動かされたようで、「日本人は引っ込み思案ですけど、Natalによって日本人の感情表現が変わってしまうかもしれませんね」と応じていた。

 また、Natalは直感的に操作できるためか「カジュアルゲームは当然出てくる」と小島氏。ただ、小島氏自身はコアなゲームユーザーにアプローチしたいと考えているようで、「Natalを使って誰よりも早く良いものを作りたいと思いますけど、これまでのユーザーを置いていきたくない。車でいえば、いきなり飛行機になってしまうのではなく、空飛ぶ車ぐらいのイメージで作りたい」と語ってくれた。

 なお、稲船氏、名越氏も小島氏と同じ考えのようで、それぞれ「(これまでのユーザーが)驚きすぎてもダメだけど、期待するある程度のものは入っていないといけない。距離感を大事にしながら面白さを示していきたい」(稲船氏)、「いきなりボンッと渡すのではなくて、ステップを踏んで理解してもらえるような形にできればスムーズにいくのではないか。そういう意味では既存ユーザーも育てなければいけない」(名越氏)とコメントしていたのが印象深かった。

photo

 Natalでゲームの作り方は変わるのか? という泉水氏からの質問に対しては、稲船氏が「考え方次第だと思う」と回答。曰く「(クリエイターの力の)差が出るデバイスなので、単純に“(体を)こう動かせば”ということだけを考えてしまうと面白くないものになる。そこで先ほど言った感情を取り入れようと考えれば、まったく違ったゲーム性が生まれる。目に見えないだけで“上ならYボタン、右ならAボタン”では面白くない」とのこと。名越氏も同じ意見のようで「作るものに対するハートの差が出る。良いものを作ろう、伝えようという気持ちが強い人が、より良い形でゲームを生み出せるデバイスだと思う」と話していた。

 本ディスカッションではこのほか、「コントローラは両手が必要となるため、手が不自由な人などは遊べなかった。これまでゲームを遊べなかった人たちにも親切なのがNatal」(稲船氏)、「エンターテインメントだけでなく、医療やソロバンなど、Natalは何にでも使える」(小島氏)といった意見が飛び出した。特に小島氏はNatalを“発明”と言い切るほどの熱の入れようで、「僕らがサンプルなので、失敗すれば(医療やソロバンに利用する)未来がなくなってしまう」とまで語っていた。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2405/23/news213.jpg YUKI、大胆なスリット入った近影に驚きの声 「52歳なの意味わからんな」「ここまで変わらないって本当凄い」
  2. /nl/articles/2405/23/news036.jpg 【今日の計算】「9−9×9+9」を計算せよ
  3. /nl/articles/2405/24/news017.jpg 猫の見た事ない姿に「未だかつてこれ以上の2度見は見た事がありません」「可愛すぎて10回見た」 爆笑の瞬間が640万再生
  4. /nl/articles/2405/23/news204.jpg 「天才現る」 “富士山ローソン”を迷惑かけず撮影できる!? “持ち運べるローソン”が「商品化して」と話題
  5. /nl/articles/2405/24/news143.jpg 清原翔、約4年ぶりの“顔出しショット”が雰囲気変わりすぎて「別人みたい」 脳出血&3回手術後初のヒゲ解禁姿に「ポニテかわいい」「いい感じにダンディ」
  6. /nl/articles/2405/24/news135.jpg “元めちゃイケ”三中元克、卒業後8年で見た目もスキルも「別人レベル」になっていた “クビ体験”披露する貫録たっぷりの姿に共演者「元力士」「迫力ある」
  7. /nl/articles/2405/24/news128.jpg hitomi、48歳を迎え“急激な変化”に驚き 「少ないと思っていたんだけど」「48歳だもんね〜」
  8. /nl/articles/2405/24/news020.jpg 1歳妹の「いってらったぁい」に小学生兄がもん絶して…… かわいいが連鎖する朝の光景に「かぁぁぁって声でた」「朝からホンワカ」
  9. /nl/articles/2405/24/news026.jpg 「そんなバカな」 喫茶店で“ウインナー・コーヒー”を注文→出てきた予想外の商品に驚がく「ちょっと動揺」
  10. /nl/articles/2405/22/news098.jpg 「最高過ぎる」「すげー!」 ChatGPTに“手書きメモ”をアップすると…… 仕事がはかどる“衝撃の機能”に歓喜の声
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「現場を知らなすぎ」 政府広報が投稿「令和の給食」写真に批判続出…… 識者が指摘した“学校給食の問題点”
  2. 「二度と酒飲まん」 酔った勢いで通販で購入 → 後日届いた“予想外”の商品に「これ売ってるんだwww」
  3. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  4. 「なぜ今になって……」 TikTokで“15年前”の曲が大流行 すでに解散の人気バンド…… ファン驚き 「戸惑いが隠せない」
  5. どういう意味……? 高橋一生&飯豊まりえの結婚発表文、“まさかのタイトル”に「ジワる」「笑ってしまう」
  6. サーティワンが“よくばりフェス”の「カップの品切れ」謝罪…… 連日大人気で「予想を大幅に上回る販売」
  7. “世界一美しいザリガニ”を入手→開封して見ると…… 絶句を避けられない姿と異変に「びっくり」「草間彌生作のザリガニみたい」
  8. 「誰かと思った」 楽天・田中将大の“激変した風貌”にファン驚き…… 「一瞬わからなかった」
  9. 複数逮捕&服役の小向美奈子、“クスリ”に手を出した理由が壮絶すぎ……交際相手の暴力で逃亡も命の危機 「バレてバルコニー伝って入られて」
  10. 耐火金庫に“溶岩”を垂らしてみたら…… “衝撃の結果”に実験者も思わず「なんだって!!!」と驚愕【海外】
先月の総合アクセスTOP10
  1. 庭に植えて大後悔した“悪魔の木”を自称ポンコツ主婦が伐採したら…… 恐怖のラストに「ゾッとした」「驚愕すぎて笑っちゃいましたw」
  2. 小1娘、ペンギンの卵を楽しみに育ててみたら…… 期待を裏切る生き物の爆誕に「声出して笑ってしまったw」「反応がめちゃくちゃ可愛い」
  3. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  4. 「歩行も困難…言動もままならず」黒沢年雄、妻・街田リーヌの病状明かす 介護施設入所も「急激に壊れていく…」
  5. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 釣りに行こうとしたら、海岸に子猫が打ち上げられていて…… 保護後、予想だにしない展開に「神様降臨」「涙が止まりません」
  8. 身長174センチの女性アイドルに「ここは女性専用車両です!!!」 電車内で突如怒られ「声か、、、」と嘆き 「理不尽すぎる」と反響の声
  9. 築152年の古民家にある、ジャングル化した水路を掃除したら…… 現れた驚きの光景に「腰が抜けました」「ビックリ!」「先代の方々が」
  10. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評