ニュース
» 2009年09月25日 05時49分 公開

「Project Natal」は発明? 稲船氏、小島氏、名越氏がマイクロソフトの新システムを語るTGS2009

立体的な動きを感知するマイクロソフトの新システム「Project Natal」に関するパネルディスカッションが開かれた。Project Natalでゲームはどう変わるのか?

[遠藤学,ITmedia]
photo

 立体的な動きを感知することにより、コントローラーを必要とせずにゲームを遊ぶことができるマイクロソフトの新システム「Project Natal」(以下、Natal)についてのパネルディスカッションが開催。本ディスカッションには、カプコンの常務執行役員 開発統括本部長である稲船敬二氏、コナミデジタルエンタテインメントの専務執行役員 小島プロダクション監督である小島秀夫氏、セガのR&Dクリエイティブオフィサー CS研究開発統括部 統括部長/チーフプロデューサーである名越稔洋氏に加え、司会進行役としてマイクロソフトの執行役常務 ホーム&エンターテイメント事業本部長である泉水敬氏が登場した。

 冒頭、あいさつに立った泉水氏は、稲船氏、小島氏、名越氏が一堂に介したことを“奇跡的なこと”と表現。日本を代表するトップクリエイター3名がNatalに興味を持っていることに対し、喜びを感じているようだった。


photophoto (左から)泉水敬氏、稲船敬二氏

photophoto (左から)小島秀夫氏、名越稔洋氏

 まずはNatalを最初に見た時の印象から話がスタート。「見た瞬間にセンサーというのは分かったが、なぜマイクロソフトがセンサーを出すんだろうという気持ちがあった」と名越氏が語れば、稲船氏は「すごく忙しい時期だったので、これでしょうもないものだったら怒ってやろうと思っていた。ただ、(見て)びっくりしましたね。多分こうだろうなと勝手に想像していたものよりも、はるかに上だった。怒れませんでした(笑)」とコメント。小島氏も「とにかく衝撃でした。2Dが3Dになった時やファミコンを初めて遊んだ時と同じぐらい。魔法じゃないかなと思った」と話していた。

 続いて話題はNatalが持つ将来の可能性に。ここでは名越氏が「過去に完成していたものをもう一回、新しいコンテンツとして提供できるチャンスがある」、小島氏が「Natalはゲームだけに留まらず、将来的にはライフスタイルを変えるほどのパワーを持っている」、稲船氏が「ファミコン時代と比べてゲームは恐ろしく進化しているが、操作という部分ではグラフィックに比べて遅れていたと思う。Natalは“感情”という要素をゲームに取り入れられる可能性がある」とコメント。稲船氏の語る“感情”というキーワードには名越氏も心を動かされたようで、「日本人は引っ込み思案ですけど、Natalによって日本人の感情表現が変わってしまうかもしれませんね」と応じていた。

 また、Natalは直感的に操作できるためか「カジュアルゲームは当然出てくる」と小島氏。ただ、小島氏自身はコアなゲームユーザーにアプローチしたいと考えているようで、「Natalを使って誰よりも早く良いものを作りたいと思いますけど、これまでのユーザーを置いていきたくない。車でいえば、いきなり飛行機になってしまうのではなく、空飛ぶ車ぐらいのイメージで作りたい」と語ってくれた。

 なお、稲船氏、名越氏も小島氏と同じ考えのようで、それぞれ「(これまでのユーザーが)驚きすぎてもダメだけど、期待するある程度のものは入っていないといけない。距離感を大事にしながら面白さを示していきたい」(稲船氏)、「いきなりボンッと渡すのではなくて、ステップを踏んで理解してもらえるような形にできればスムーズにいくのではないか。そういう意味では既存ユーザーも育てなければいけない」(名越氏)とコメントしていたのが印象深かった。

photo

 Natalでゲームの作り方は変わるのか? という泉水氏からの質問に対しては、稲船氏が「考え方次第だと思う」と回答。曰く「(クリエイターの力の)差が出るデバイスなので、単純に“(体を)こう動かせば”ということだけを考えてしまうと面白くないものになる。そこで先ほど言った感情を取り入れようと考えれば、まったく違ったゲーム性が生まれる。目に見えないだけで“上ならYボタン、右ならAボタン”では面白くない」とのこと。名越氏も同じ意見のようで「作るものに対するハートの差が出る。良いものを作ろう、伝えようという気持ちが強い人が、より良い形でゲームを生み出せるデバイスだと思う」と話していた。

 本ディスカッションではこのほか、「コントローラは両手が必要となるため、手が不自由な人などは遊べなかった。これまでゲームを遊べなかった人たちにも親切なのがNatal」(稲船氏)、「エンターテインメントだけでなく、医療やソロバンなど、Natalは何にでも使える」(小島氏)といった意見が飛び出した。特に小島氏はNatalを“発明”と言い切るほどの熱の入れようで、「僕らがサンプルなので、失敗すれば(医療やソロバンに利用する)未来がなくなってしまう」とまで語っていた。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 勝手に「サービス終了ゲーム総選挙」をやったら6700票も集まってしまったので結果を発表します 2位の「ディバインゲート」を抑えて1位に輝いたのは……
  2. ママとの散歩中、田んぼにポチャンした柴犬さんが帰宅後…… パパに一生懸命アクシデントを報告する姿がいとおしい
  3. “26歳年の差婚”の菊池瑠々、第4子妊娠を発表「もう、とにかくうれしいです!」 年上の夫も満面の笑み
  4. 桐谷美玲、隠し撮りに「絶対ヤバい顔」 “ほぼ半目”な不意打ち写真に「100点満点に可愛い」と全力フォローの声
  5. 村田充、3匹目の愛犬の存在明かす 神田沙也加さんから引き取ったブルーザーとは「数日で仲良くなりまして」
  6. 三浦孝太、母・りさ子誕生日に“家族4ショット”でお祝い キングカズも笑顔の写真に「家族が1番!」
  7. バレー日本代表の清水邦広の再婚に盟友・福澤達哉さん「相手は私ではございません」 元妻は中島美嘉
  8. 「駅の待合室をバケモンが占領している」→“謎の生き物”の正体について大分県立美術館に話を聞いた
  9. 滝沢カレン、倖田來未の“バックダンサー”になりすまし 感極まって「人一人洗えるくらい泣きました」
  10. 宮崎駿愛用の「電動消しゴム」が故障 → サクラクレパス公式が倉庫の奥から発掘 Twitterが繋いだ温かな展開が話題に

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」