ニュース
» 2009年09月25日 16時01分 公開

TGS2009:「ファイナルファンタジー」、「ドラゴンクエスト」、RPGの二大巨頭が続々と登場――スクウェア・エニックスブース

「ファイナルファンタジー XIII」の発売を12月17日に控えたスクウェア・エニックス。他にもブースでは「キングダム ハーツ」シリーズやDS版「ドラゴンクエストVI 幻の大地」などの豪華タイトルのプレイアブルが見られた。

[増山裕樹,ITmedia]

「FF XIII」は長蛇の列ができるほどの盛況ぶり!

 SQUARE ENIXブースではコンシューマー、携帯端末用ゲーム合わせて22タイトルがプレイアブル出展されている。やはり、今回注目すべきタイトルは、12月17日にPS3で発売予定の「ファイナルファンタジー XIII」だろう。これ以外にも、「光の4戦士 ファイナルファンタジー外伝」、「ファイナルファンタジー・クリスタルクロニクル クリスタルペアラー」、「ドラゴンクエストVI 幻の大地」といった「FF」、「ドラクエ」の人気シリーズの潤沢なラインアップがスクウェア・エニックスの強さを感じさせる。さらに「スターオーシャン4 -THE LAST HOPE- INTERNARNATIONAL」、「キングダム ハーツ バース バイ スリープ」、「フロントミッション エボルヴ」などの新作も充分な期待が持てる。

 また、PLAYSTATION Storeで配信予定の「テグザーネオ」、「クリスタル・ディフェンダーズ」、Xbox LIVE アーケードで配信予定の「DEATH BY CUBE」、「ジャイロマンサー」、「0 day Attack on Earth」といった安価で手軽に楽しめるタイトルも見逃せない。この他にも、iPhoneや携帯アプリといったモバイル端末向けのアプリにも「FF」シリーズや「ドラクエ」シリーズのプレイアブルが用意されている。

「ファイナルファンタジーXIII」に登場するキャラクターたちの巨大パネルが閲覧できる待機エリア
「ドラゴンクエストVI」の試遊台。こちらも「FF XIII」同様長い列を作っていた
「ドラゴンクエストIX」国勢調査データでは、全国のそうすれ違い数の統計データが閲覧できる。やはり一番すれちがい件数が多いのは東京都で、なんと総合計人数は148万人を越える

「ドラクエIX」のすれ違い通信エリアでは、「ドラクエVI」の人気キャラクターハッサンを配信している
「ドラゴンクエストIX」に登場するキャラクターに扮したコンパニオンさん。左がルイーダで右がリッカ
「鋼の錬金術師 黄昏の少女」試遊台付近では劇中に登場するアメストリス国軍制服を着ている

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.