ニュース
» 2009年09月26日 13時10分 公開

ステージイベントでは2大タイトルプロデューサーの対談や女子高生演歌歌手が熱唱――コーエーテクモホールディングスブースTGS2009

ブースではPS3「NINJA GAIDEN Σ2」やPS3、Xbox 360で発売される「真・三國無双 MULTI RAID Special」などのタイトルがプレイアブル出展。ステージイベントではトークセッションや、発売予定の新作発表が行われた。

[増山裕樹,ITmedia]

「無双」シリーズ、「NINJA GAIDEN」最新作、PCタイトルも盛りだくさんのコーエーテクモホールディングブース

 今年の4月にコーエーとテクモが合併してできたコーエーテクモホールディングス。ブースは1階と2階に別れており、1階は、「NINJA GAIDEN」シリーズや「無双」シリーズのナンバリングタイトルの他、PS3で発売予定のアクションゲーム「QUANTUM THEORY」、海外ドラマ仕立てのDS専用アドベンチャーゲーム「AGAIN 〜超心理捜査官〜」などがプレイアブル出展されている。2階では「大航海時代 online」、「三国志大戦 online」、「信長の野望 online」などのPCオンラインゲームが試遊できる。


1階ブースでは、外側にPS3、Xbox360用タイトル、ブース内部では主にPSP専用タイトルが展示されていた
コーエーテクモホールディングスブースではグレーを基調としたコンパニオンさんが笑顔で出迎えてくれる
ブース2階ではオンラインゲームの他に、iPhone専用アプリのコーナーも

テクモコーエーの2大タイトルのプロデューサー対談

 テクモコーエーホールディングスブースにて、トークセッションや新作発表のステージイベントが開かれたので、ここでいくつか紹介していきたい。1つ目は「NINJA GAIDEN Σ2(以下、ニンジャガシグマ2)」のプロデューサー林洋介氏と「真・三國無双 MULTI RAID Special(以下、三國無双MULTI RAIDO)」のプロデューサー小笠原賢一氏による対談が行われた。まず両タイトルの注目点についての紹介で、小笠原氏は「PS3、Xbox 360のハード性能の向上によって表現力が大幅に強化できた」と話す。次に林氏はニンジャガシグマ2について、「今までのTECMOでリリースしてきたアクションゲームの集大成である」と語った。

 続いて、ゲーム開発の苦労話として、三國無双MULTI RAIDOでは味方AIの調整が大変だったと小笠原氏。プレイヤーがCPUの味方武将を引き連れていく際に、強すぎてはプレイヤーの出番が無いし、弱すぎても役立たずになってしまう。この点の微調整が非常に難しく最後まで頭を悩ませていたが、問題はクリアできたとのこと。ニンジャガシグマ2では、「障害を乗り越える喜び」をプレイヤーに伝えることを第一に考え、難易度の調整に苦労したが、ここに時間をかけたおかげでアクションゲームにあまり触れたことの無い初心者からコアなアクションゲーマーまで幅広く楽しめるようになったと林氏は述べた。

 さらに、この両作品の見所の一つに、ニンジャガシグマ2と三國無双MULTI RAIDOがコラボしているという点がある。ニンジャガには、各キャラクターのコスチュームに無双に登場するキャラクターのものが用意されており、無双の方では、特定のクエストをクリアするとニンジャガのキャラクターの武器を受け取ることができる。最後に小笠原氏は「PS3、Xbox 360での新しい爽快感を楽しんでください」。「NINJA GAIDENシリーズは、今まで難易度が高めのアクションタイトルだったが、ファンもそうでない人もこのタイトルに触れてほしい」と林氏が締めた。

「真・三國無双 MULTI RAID Special」プロデューサーのプロデューサー小笠原賢一氏
「NINJA GAIDEN Σ2」のプロデューサー、林洋介氏
「NINJA GAIDEN Σ2」に登場するレイチェルと紅葉もブースで待ってます

女子高生演歌歌手「カレンちゃん」が登場し、新作タイトルムービーが上映

 テクモスペシャルプレゼンテーションは、23日にビクターエンターテインメントからデビューしたばかりの女子高生演歌歌手カレンちゃんのミニライブから始まった。デビューシングルに収録されている「泣くなオカメちゃん」、「未練坂」を熱唱し、その歌唱力に観客は度肝を抜かれていた。

 その後、ゲームアイドルの多田あさみさんが登場。さらに「AGAIN 〜超心理捜査官〜」の山口プロデューサーも登壇し、プロモーションムービーが上映された。そして山口浩一プロデューサーが降壇した後に放映されたムービーは、ステージが時間の経過につれ地形が変化するという特徴を持つ、ダークなテイストのアクションゲーム「QUANTUM THEORY」が登場。次に「アンデッドナイツ」プロデューサーの柴田剛平氏とグラビアアイドルの谷桃子さんがステージに上がる。「アンデッドナイツ」は敵として現れるゾンビを自分の僕として扱い、敵を倒したり、マップの仕掛けをといていくアクションゲームだ。これらの発表されたタイトルはコーエーテクモホールティングスブースにて体験プレイができる。

カレンちゃんはなんと16歳! コブシをきかせた歌いまわしでブースに訪れた来場者を魅了した
昨年もTGSに登場した多田あさみさん。「ゲームはまかせて!」と自負していた
「ペ・ヨンジュン」に似ているとゲストの女性に言われてご満悦の「AGAIN 〜超心理捜査官〜」山口浩一プロデューサー

遅れてやってきたグラビアアイドルの谷桃子さん。「NINJA GAIDEN Σ2」に出てくる女性キャラクター達のプロモーションにドキドキ!?
ゾンビを操って敵を倒す「アンデッドナイツ」のプロデューサー柴田剛平氏
最後にシーツを使って「NINJA GAIDEN Σ2」に登場する女性キャラクターのように胸を強調してくださいと司会者の要望にテレながらも応じる谷桃子さん

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2109/27/news084.jpg 星野さんどこ……? 「どん兵衛」、鬼気迫るどんぎつねさんが“眼鏡”を放り捨てる意味深CMがもう「リアルごちゃ混ぜ」
  2. /nl/articles/2109/26/news028.jpg 才賀紀左衛門、“親密な女性”の初顔出しショット公開 パッチリした目にスッキリした鼻筋で「想像通り美しい」「綺麗な方!」
  3. /nl/articles/2109/22/news088.jpg 「生クリームは飲み物」通販が一時中止に 保健所からの指摘受け 製品名も変更
  4. /nl/articles/2109/26/news047.jpg かっぱ寿司で「入店20時間待ち」表示 全皿半額キャンペーンで全国に大混雑、入店困難な状態に
  5. /nl/articles/2109/26/news018.jpg 窓拭きお兄さんの恋を同僚おじさんたちが全力で応援するラブコメ漫画 「転職したい」と反響多数
  6. /nl/articles/2109/26/news027.jpg 「BotW」足跡モードで「ゼルダの伝説」を描く偉業 ガーディアンに襲われながらも“41日間の旅”を完走した作者にインタビュー
  7. /nl/articles/2109/26/news053.jpg 娘がダイソーで買ったニワトリ風船がなんかおかしい…… ナナメ上のビジュアルに「吹いた」「おなか痛いw」
  8. /nl/articles/2109/25/news064.jpg 森尾由美、長女の結婚をレアな母娘3ショットで報告 「美人親娘」「姉妹みたいや」と反響
  9. /nl/articles/2109/27/news028.jpg 夫が3カ月の育休を取ったら、新生児がいても8時間睡眠を確保できた 「シフト制」を取り入れた育休のレポート漫画が参考になる
  10. /nl/articles/2109/27/news060.jpg 徹夜でゲーム! 10時間爆睡! 起きたら夕方! “丁寧な生活”もいいけど「バカの生活」やっぱり気持ちいい! という漫画に共感

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」