ニュース
» 2009年09月27日 21時57分 公開

すべてはユーザーのために――驚きの進化を遂げた「Forza Motorsport 3」インタビュー

東京ゲームショウでプレイアブル展示されていた「Forza Motorsport 3」の開発元、Turn 10 Studiosのシニアゲームデザイナーを勤める谷口潤氏にその進化のほどを聞いてみた。

[ITmedia]
谷口潤氏

 マイクロソフトが10月22日に発売する予定のシリーズ最新作「Forza Motorsport 3」(以下、「Forza 3」)を来る10月22日に発売する。東京ゲームショウでもプレイアブル展示されており、遊んだ方も多いことだろう。「Forza 3」では、400車種以上のカーラインアップをはじめ、従来のシリーズに登場したコースを再収録、100以上のコースが用意される。よりオンラインでのコミュニティを重視した作品となっている。主な特徴として挙げられるのは以下の点だ。

  • フェラーリやポルシェなど国内外50を超える自動車メーカーの400車種以上のカ―ラインアップ
  • シリーズ登場済みのコースを含め、100以上のコースが収録される
  • グラフィックはHD1080p/D5対応で、秒間60コマ描写。内装まで忠実に再現している
  • ブレーキ操作から解放される「オートブレーキアシスト機能」、ミスした前の走行状態に巻き戻る「リワインド機能」、最適のアップグレードを選択装備してくれる「クイックアップグレード機能」などのアシスト機能搭載
  • 車体へのペイント、カスタム、チューニング機能を進化。チューナーやペインターのラインキングも用意。
  • シングルプレイ用に220種類のイベントを用意
  • Xbox 360 ワイヤレス レーシング ホイールのフォースフィードバック機能に完全対応

 発売日当日には「Forza Motorsport 3 リミテッド エディション」も発売される。こちらには、特製USBメモリー(2GB)や特製キーチェーンが同梱されるほかに、5種類のスペシャルカーパック、Turn 10 Studiosがペイントした歴代のパッケージ掲載車が収録されたゲーム追加コンテンツダウンロードカードも付属する。


 今回、開発元であるTurn 10 Studiosでシニアゲームデザイナーを勤める谷口潤氏がインタビューに答えてくれた。谷口氏は前述した特徴を紹介したのち、シリーズ一貫したリアルの追及を強調。全車種にコックピットビューを実現した点やレースの臨場感だけでなく、さらに一歩踏み込んだユーザー間のコミュニケーションでも充実した内容となっていると説明する。

 例えばレースシミュレーターとしてならば、クラッシュやミスをした前の走行状態に巻き戻す「リワインド機能」がいつでも任意に使用できる点は、ユーザビリティの強化としてうれしい機能だろう(ただし、ランキングなどには機能を使用した旨が表示される)。縁石に乗り上げるなどして起こる「ロールオーバー」(横転)などで、車体がダメージを受け、見た目も走行にも影響を及ぼすなど、よりリアルを追及したものの実装されている。もちろん、横転してもアクセルを踏み込めば復帰するのでご安心を。

 「リワインド機能」に代表されるユーザビリティでは、ほかにも「オートブレーキアシスト機能」や「オートチューニング機能」など、オンオフが切り替えられるおなじみの機能もより進化している。こうした機能を存分に生かせるのが開発元がリスペクトしてやまない峠のコース「Fujimi Kaido(富士見街道)」にほかならない。

 「富士見街道」は、北関東にある富士山が見える架空の道路をモデルにしており、前作の2倍の長さを誇る。ドリフトに特化したといっても過言ではないコースで、「頭文字D」に登場する秋名山を再現したような場所もあるのだとか。Forza 3では、方向パッドの左を押すことでいつでもドリフトモードに切り替えることができる。ドリフト時のスピードと角度、それからコースの内側外側とサジェスティッドラインに対するプロクシミリティ(近接度)、によてポイントが算出される。もちろんマルチプレイにも対応しており、ランキングにも反映。いかに高いポイントを加算していくかでめまぐるしくランキングが変化していくことが予想される。コースにはドリフトゾーンという見えない設定がなされており、直線でむやみにドリフトしても、加算されない。また、一度走ったところを戻って走行してもやはりドリフトポイントは加算されない。まさに職人技がさえる走行シーンはプレイデータを配信したり、動画で公式サイトにアップロードすることもできる。


 取材中に、特別にセッティングされた6画面での環境で、この富士見街道を挑戦できる機会を得たが、オートブレーキングを外した瞬間にすべるすべる……。これはけっこう手ごわい。この富士見街道を華麗に走行するドリフトパフォーマンスがあるので、こちらを見てほしい。

 今作では、「ストアフロント」を注力したと谷口氏。デザインエディターやオークション、ハウス、チューニング、ガレージを使用し、すべての収録車種をペイント、カスタムすることが可能なのだが、さらにXbox LIVEを通じて世界中の人々と共有できる。

 カーペイントで使えるレイヤー数は4100枚に増加し、ペイントに使える基本パーツも400種類以上用意されている。なお、本作からペイントは「デザイン」と「バイナル」という2つに分けられている。「デザイン」は、車両に施されたペイントそのものを指し、デザインそのものを販売・配布することができる。同車種間であればまさにはめ込むかのようにデザインを利用することができるわけだ。また、「バイナル」は、車両の形に関係なく販売・配布することが可能なデザインパーツで、シールのようなものと思っていただければ分かりやすい。他車種間でも自由に流通させることができる点では自由度も高い。

 評価の高い有名プレイヤーのチューニングなどを販売・配布することも可能だ。これも拡張した「ストアフロント」で可能。ユーザーは「マイストアフロント」でショップを開き、任意で販売価格、配布可能数などを設定することができる。検索システムを強化した「レーティングシステム」では、各ユーザーが販売・配布しているユーザーに対して5つ星で評価することができる。これを利用してユーザーは効率的にアイテムを探すことができるようになるだろう。

 最後に谷口氏は、前作の「キャリアモード」に変わる、「シーズンプレイ」について説明してくれた。本作では、プレイヤーのレベルや所有する車のクラスなど現状を鑑みて、その時々に合わせたイベントを提案してくれる「オート・イベント・セレクション」機能を搭載している。すべてのイベントを体験したいという欲張りなプレイヤーには、「イベントリスト」も用意されているので、リストを埋めていきながらイベントをこなすことも可能だ。220もあるイベントをクリアしていくだけでも時間はいくらあっても足りないことだろう。

 なお、ダウンロードコンテンツの予定もあると谷口氏。車種やコースの追加はもちろんだが、ほかにもなにかしらのサービスも考慮しているとのこと。



(C) 2009 Microsoft Corporation. All Rights Reserved.

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2201/16/news037.jpg 勝手に「サービス終了ゲーム総選挙」をやったら6700票も集まってしまったので結果を発表します 2位の「ディバインゲート」を抑えて1位に輝いたのは……
  2. /nl/articles/2201/13/news170.jpg 「駅の待合室をバケモンが占領している」→“謎の生き物”の正体について大分県立美術館に話を聞いた
  3. /nl/articles/2201/17/news109.jpg 滝沢カレン、倖田來未の“バックダンサー”になりすまし 感極まって「人一人洗えるくらい泣きました」
  4. /nl/articles/2201/17/news112.jpg 杏、ロングヘアを20センチの大胆カット 最強の“ショート美女”が完成で「何しても可愛い!」「ますます素敵に」
  5. /nl/articles/2201/16/news032.jpg 「受けて立ちます」 トヨタ・豊田章男社長の「Zには負けませんから」無茶振りに応える各メーカーの反応をまとめた動画が話題に
  6. /nl/articles/2201/17/news033.jpg 犬「帰らぬ!」 雪が大好きな秋田犬、吹雪の中でも帰宅拒否でふんばる表情が「頑固者」でかわいい
  7. /nl/articles/2201/17/news147.jpg 仲村トオルと鷲尾いさ子の長女・美緒、「今くら」でバラエティー初出演 高身長の“サラブレッド美女”として話題沸騰
  8. /nl/articles/2201/16/news034.jpg ビーズソファ「サイズミスって家が埋まった」 ヨギボーで家がギューギューになった光景に「笑い止まらない」「合成かと思ったw」
  9. /nl/articles/2201/16/news009.jpg お風呂大好きな猫ちゃん、待ちきれず湯船に……! 自ら入る姿に猫飼いから「可愛いすぎw」「羨ましい」の声
  10. /nl/articles/2201/17/news038.jpg 1歳弟に大事なおもちゃを汚されてしまった3歳兄、涙を流して部屋を出て行ったが…… 意外な一言にハッとさせられたパパの漫画に反響

先週の総合アクセスTOP10

  1. 東原亜希、高身長の“BIG長女”に「そういえば君はまだ小学生だったのか」 父・井上康生との2ショットに驚きの声
  2. 人気女優の顔じゃない! 川口春奈、ほぼ瀕死のグロッキー状態に心配の声「完全に目がいってます」
  3. 榎本加奈子さん、大魔神・佐々木主浩と“縁起がよすぎる”夫婦ショット 「10代20代と全然変わらない」と美貌に注目も
  4. 村田充、元妻・神田沙也加さんの愛犬を引き取り新生活 “トイレ初成功”で喜びあふれる「おおおおおお!」
  5. TBS「ジョブチューン」炎上で無関係なシェフへの中傷相次ぐ 代表「何年もかけて築いた評価が一瞬で崩壊した」
  6. 渡辺満里奈、新しい“家族”が空へ旅立ち 早すぎる別れに夫・名倉潤も「聞いたことのない声を上げて泣きました」
  7. 「千と千尋の神隠し」地上波放送でジブリ公式が視聴者の疑問に答える神企画再び 「千尋はどうやって最後お父さんとお母さんを見分けたのですか?」
  8. 「鬼滅の有吉?」「コスプレかと!」 有吉弘行、『鬼滅の刃』炭治郎になった“奇跡の1枚”に反響
  9. 水野真紀、30年前の“振袖姿”が絶世の美女 「正真正銘のキレイなお姉さん」「本当に美しい」とファンほれぼれ
  10. 「もうひとつ、ご報告」神田沙也加、父・神田正輝に新たな家族を抱っこしてもらう

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」