ニュース
» 2009年10月08日 18時43分 公開

中国産パチモノハード「PXP-2000」がPSP goにそっくりすぎると話題に日々是遊戯

まだ日本では発売されていないPSP goですが、中国では早くもPSP goのパチモノが出回っているそうです。

[池谷勇人,ITmedia]

外見はほとんどPSP goそのまんま

 いろんな意味でハイクオリティなパチモノハードを次から次へと送り出すことで定評のある中国から、またもやメルヘンチックなマシーンが登場しました。その名もPXP-2000。

 細かく見ていけば多少の違いは確認できるものの、外見はほとんどPSP goそのまんま。スライド式のボディデザインをはじめ、ボタンの配置や質感なども瓜二つで、何も言われずに手渡されたら「あれ、PSP goだ」と思ってしまいそうなほど。これまでにも「似てる」レベルのパチモノハードはありましたが、さすがにこれは……。

 PSP go同様、UMDスロットは付いていませんが、内蔵のエミュレーターによりファミコン、ゲームボーイ、ゲームボーイカラー、スーパーファミコン、メガドライブ用ゲームの動作をサポート。もちろん音楽や動画の再生も可能で、ざっくりと言うなら「PSP goによく似たマルチメディアプレーヤー」といったところでしょうか。ちなみに内蔵メモリは2GBで、追加で4GBまでのSDカードが使用可能となっています。

 そのほか公開されている仕様を見ると、ビデオカメラやFMラジオをはじめ、画像再生、英中辞典、電子ブックリーダー、音声メモなど多彩な機能を備え、なおかつテレビ出力も可能なのだとか。液晶ディスプレイの解像度こそ320x240とやや心許ないものの、機能的にはおいしいところどりな製品と言えるかもしれません。

 気になる価格は149.99ドル。販売元ではさらに66ドルOFFの83.99ドルでも販売していたりしますが、いろいろとグレーな商品であることは間違いないため、利用や購入はくれぐれも自己責任でお願いします。

スライド式のボディデザインなど、外見はPSP goをほぼ完璧にコピー
ボディを閉じたところ。本来PSPロゴがある部分には、「MP5」の文字が
ここまでそっくりだと、もはや間違い探しのレベル

メニュー画面。カメラやボイスレコーダー、時計などのアイコンが確認できます
スーパーファミコン世代までですが、一応ゲームも動作する模様
背面はこんな感じ。右上に付いているのはおそらくビデオカメラのレンズ

関連キーワード

PSP go | 中国 | 日々是遊戯


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響