日本、悲願の初優勝、強豪タイ・フィリピンを制す――「ラグナロクオンライン」世界最強ギルド決定戦RWC2009(1/5 ページ)

11月1日(日)にガンホー・オンライン・エンターテイメントがパシフィコ横浜で開催した、MMORPG「ラグナロクオンライン」(以下、RO)の世界最強ギルド決定戦「RWC2009」で、日本代表ギルドが優勝した。

» 2009年11月04日 14時44分 公開
[Guevarista,ITmedia]
当日の入場者数は延べ1万5000人にのぼった

 日本の優勝は大会史上初であり、Urdrワールド出身のチーム「Dekopin」は事実上3度目の世界大会出場にして、見事故郷に錦を飾ったことになる。

 RWC(Ragnarok World Championship)は2004年(ソウル)、2007年(ソウル)、2008年(マニラ)に続いて4度目の開催となるROのギルド対抗PvPの世界大会。今年は韓国、アメリカ、ロシア、フランス、日本、中国、タイ、台湾、ブラジル、インドネシア、フィリピン、ドイツ、ベトナム、シンガポール&マレーシアという合計15の国と地域で予選を勝ち抜いた代表チームが一堂に会し、世界最強ギルドの座を争った。ハイライトシーンを中心に、大会の模様をお伝えしよう。

 開会に先立って、ガンホー・オンライン・エンターテイメント 代表取締役社長 森下一喜氏は、自らの法被(はっぴ)と鉢巻姿に合わせて「おぃーす!」という掛け声とともにいつもの軽妙なノリで登壇、「ROのサービス7年目、RWC開催4回目にしてようやく日本での開催が実現した」ことに関する感慨を述べた。続いてROの開発元であるグラヴィティの共同代表 大野俊朗氏は「ROは世界66カ国、4500万人のプレイヤーを擁する世界最大のオンラインゲームであり、現在はさまざまなプラットフォームへの移植を進めているところ」であるとコメント、そして過去から現在にわたって、日本が最大の市場であることを強調して、その日本におけるRWC開催を祝した。

会場となったのはパシフィコ横浜
入場開始前は、遥か長蛇の列だ
開会を宣する、ガンホー森下氏

日本代表は、強豪が集うブロックからスタート

左からフィリピン、ドイツ、中国、ブラジル、台湾、ロシア、アメリカ、日本、インドネシア、ベトナム、マレーシア、フランス、タイ、韓国

 前日の組み合わせ抽選で決まったトーナメントカードは写真のとおり。左から、フィリピン、ドイツ、中国、ブラジル、台湾、ロシア、アメリカ、日本、インドネシア、ベトナム、マレーシア、フランス、タイ、韓国となっており、両端のフィリピンと韓国が1回戦ナシのシード枠だ。一般にライト系MMORPGのPvP競技では、欧米諸国に比べてアジア諸国に気合が入っている場合が多いものだが、例年のRWCも例外ではない。過去の優勝歴で見ると韓国およびタイが最強豪と目されており、その意味で日本の属する右ブロックは激戦区といえよう。

 RWCにおけるPvPは7人のチームで行われ、メンバー全員がそれぞれ異なる上位二次職で参加、相手を全滅させるか、制限時間に達したところで生存メンバーの多いチームの勝ちだ。スキルポイントの振り分けなど詳しいルールは大会公式ページをご覧いただくとして、チャンピオン(物理攻撃)、ハイウィザード(魔法攻撃)、ハイプリースト(回復)、プロフェッサー(広域防御)、パラディン(損害吸収)、クラウン(攻撃)、チェイサー(攻撃)という職業構成で臨むのが定番になっている。互いに、味方のプロフェッサーが展開した「ランドプロテクター」と呼ばれる広域防御の傘の下から、相手のランドプロテクターに穴を空ける魔法「ガンバンテイン」を打ち合い、空いた穴から凍結魔法「ストームガスト」を通して相手を凍らせ、チャンピオンの必殺技「阿修羅覇凰拳」で葬っていくというのが、どのチームも共通で駆使する基本的な戦術といえる。

 技の威力や掛かり具合はステータスポイントの配分によって変わるため、攻撃も防御も最強といった状態のキャラクターは存在しない。キャラクターの調整、役割分担と連携、すばやく正確な操作、そして敵の出方や味方が受けた損害に合わせた、臨機応変な戦術のアレンジという具合に、ギルドの持つ総合的な力を試されるのがRWCにおける戦闘だ。

おなじみ「ラグナロ娘」のお二人のサポートで、コスプレステージなど「ガンホーフェスティバル2009」のさまざまな催しも行われた

       1|2|3|4|5 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2405/29/news029.jpg 彼女が「ほんまやめて」と嘆く“彼氏の撮影”が1231万表示 電車で見ちゃダメな傑作に「歯磨き中に吹いた」「どう撮ったらそうなるの?」
  2. /nl/articles/2405/29/news048.jpg 夜道をさまよう子犬を見た、幼い息子の一言に「ハッとします」「何度見ても涙が…」 天使のような優しさに95万再生の反響
  3. /nl/articles/2405/28/news145.jpg 四肢欠損症のママタレント、第1子出産時に受けた“心ない言葉”明かし悲嘆「心がとても痛みました」「私は甘えたのではない」
  4. /nl/articles/2405/29/news027.jpg 1歳娘、海外赴任帰りのパパを見た瞬間…… 涙なしには見られない“再会”に「かわいすぎる!!」「よかったねえええ」
  5. /nl/articles/2405/29/news031.jpg 【今日の計算】「7−7×7+7」を計算せよ
  6. /nl/articles/2405/29/news014.jpg 土を使わずペットボトルでイチゴを育てたら…… 225日後の夢のような光景に「とんでもなかった!」「アイデアの勝利ですね」
  7. /nl/articles/2405/28/news043.jpg 大雨の中ソロキャンしてたら思わぬ客が…… そばを離れず寄り添う姿に「楽しさ100倍やん笑」「優しいひとには寄ってくる」
  8. /nl/articles/2405/29/news159.jpg 83歳・巨人OB張本勲の“激変”姿に驚きの声 「一気にお爺さんになった」「人間ってこんなに激変するものなのか」
  9. /nl/articles/2405/29/news071.jpg 浅野温子、金髪ボブの“激変”姿が話題 デコルテ露出のタイトなドレス姿に「かっけー」と注目の声も
  10. /nl/articles/2405/29/news015.jpg 子犬のころはタヌキのようだった愛犬、成長すると…… 激変のビフォーアフターに「1匹で3度美味しい」「かわいい事に変わり無い」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「これを見つけたら緊急事態」 農家が恐れる“生えると危険な雑草”の繁殖力に「悪いやつだったんですね」「よく食べてました」
  2. 「虎に翼」、ヒロインの弟役が初登場 演じた人物のギャップに驚き「同一人物なのか?」「朝ドラにも出るの凄いな」
  3. 【今日の計算】「9−9×9+9」を計算せよ
  4. スーパーで買ったレモンの種が1年後…… まさかの結果が635万再生「さっそくやってみます」「すごーい!」「手品みたい」
  5. YUKI、大胆なスリット入った近影に驚きの声 「52歳なの意味わからんな」「ここまで変わらないって本当凄い」
  6. 誰にも懐かないボス犬を、1歳娘が散歩へ連れて行くと…… 従えて歩く驚きの光景に「あの狂犬が…」「凄い…凄すぎる」
  7. 晩酌中、ふと机の下をのぞいたら…… 背筋が凍える光景に反響続々「皆様は覗かないようにしてくださいね」
  8. 小林麻耶&國光吟、600万円超する“新型外国車”購入に「中古で売る時の値段は考えてません」 高額iPadもゲットで生活フルエンジョイ
  9. 真田広之の俳優息子、母・手塚理美と“超大物司会者”に対面 最新ショットに「ご立派な息子さん」「似てる雰囲気」
  10. 「トップバリュを甘く見てた」 ジョブチューンで審査員大絶賛の“マストバイ商品5選”に反響 「買ってみよ」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 庭に植えて大後悔した“悪魔の木”を自称ポンコツ主婦が伐採したら…… 恐怖のラストに「ゾッとした」「驚愕すぎて笑っちゃいましたw」
  2. 小1娘、ペンギンの卵を楽しみに育ててみたら…… 期待を裏切る生き物の爆誕に「声出して笑ってしまったw」「反応がめちゃくちゃ可愛い」
  3. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  4. 「歩行も困難…言動もままならず」黒沢年雄、妻・街田リーヌの病状明かす 介護施設入所も「急激に壊れていく…」
  5. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 釣りに行こうとしたら、海岸に子猫が打ち上げられていて…… 保護後、予想だにしない展開に「神様降臨」「涙が止まりません」
  8. 身長174センチの女性アイドルに「ここは女性専用車両です!!!」 電車内で突如怒られ「声か、、、」と嘆き 「理不尽すぎる」と反響の声
  9. 築152年の古民家にある、ジャングル化した水路を掃除したら…… 現れた驚きの光景に「腰が抜けました」「ビックリ!」「先代の方々が」
  10. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評