ニュース
» 2009年11月11日 19時11分 公開

日々是遊戯:ドリキャスはまだまだ終わらない! またもや「最後のドリームキャスト用ソフト」が登場 (1/2)

間もなく発売から丸11年を迎える、セガの据え置き型ハード・ドリームキャスト。今回はそんなドリームキャストで発売された、歴代「最後のソフト」を振り返ってみます。

[池谷勇人,ITmedia]

いまだに新作がリリースされていることに驚き

 今度こそ本当に「最後のソフト」となるのでしょうか……。

 海外のインディーズ系ディベロッパー・TDGModsは11月6日、レトロテイストのホラーFPS「HYPERTENSION」を発表しました。ゲーム内容自体はよくあるFPSといった感じでそれほど珍しいものではないのですが、対応ハードの欄にはなんと「SEGA Dreamcast」の文字が! なぜ今ごろドリームキャストで……といった疑問はさておき、実際に発売されれば、これが事実上「ドリームキャスト最後のソフト」ということになります。

 とは言えこのニュースを見て、「またか!!」と思った人もけっこう多いのではないでしょうか。日本では、2007年3月に発売された「カラス」が事実上の「ドリームキャスト最後のソフト」と言われていますが、海外ではその後も年に何本かの新作がしぶとく発売され続けており、そのたびに「今度こそ最後!」と壮絶なチキンレースを繰り広げているからです。

 果たして「HYPERTENSION」は今度こそ「最後のドリームキャスト用ソフト」の座を射止めることができるのか!? 今回はそんな「HYPERTENSION」も含め、歴代「ドリームキャスト最後のソフト」を振り返ってみます。

懐かしの「DOOM」を思わせるレトロなグラフィック。逆にこれくらいの方がより「怖さ」が強調される気も

「Last Hope」(2007年)

  • メーカー:Redspotgames
  • ジャンル:シューティング
  • 内容:後に「カラス」に更新されたものの、当初「ドリームキャスト最後のソフト」という触れ込みで発売された「R-TYPE」風横スクロールシューティングゲーム。本作を発売したRedspotgamesは、この後もいくつかのドリームキャスト用ソフトを発売。

「Wind and Water: Puzzle Battles/時空五行風水大戦」(2008年)

  • メーカー:Redspotgames
  • ジャンル:アクションパズル
  • 内容:画面いっぱいに敷き詰められたパネルを回転させ、ひし型に4つ並べて消していくアクションパズルゲーム。もともとは韓国の携帯ゲーム「GP2X」向けに発売されていたものを、ドリームキャストへと移植。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  3. 圧倒的疾走感ッ! 深田恭子、ドローン撮影のサーフィン動画が「うわぉ カッコいい!」「水を得た魚のよう」と反響
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. 印刷した紙がプリンタから次々消失 → 原因を突き止めた動画に爆笑 「紙隠し」「ピタゴラスイッチだ」
  6. 「イチャイチャ感半端ない」 ヒロミ、妻・松本伊代をヘアカットする動画が130万回再生超えの大反響
  7. 「パワポで作った」 離れると意味が分かる岐阜新聞の「Stay Home」広告が話題、制作したのはデザイン経験のない営業社員
  8. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  9. 「私も撮りたい、貸して!」と言われて娘にカメラを渡したら―― 26万いいねを集めた衝撃写真を御覧ください
  10. 「レターパックプラスがボロボロの状態で郵便受けに入ってた」 受領印必須のサービス、明らかな過失でも補償なし? 日本郵便に聞いた