進化を続けてきた3D対戦格闘ゲーム、「鉄拳6」がマルチプラットフォームで登場「鉄拳6」レビュー(1/3 ページ)

プレイステーションとともに歩み続けてきた、といっても過言ではない人気シリーズの最新作が今回はプレイステーション 3とXbox 360で同時発売となった。全世界を巻き込んだ親子ゲンカの決着やいかに!?

» 2009年11月12日 00時00分 公開
[松井悠,ITmedia]
※本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

鉄拳シリーズの歴史とその魅力

 1994年にアーケード版「鉄拳」がリリースされてから「鉄拳2」、「鉄拳3」、「鉄拳TAGトーナメント」、「鉄拳4」、「鉄拳5」、「鉄拳6」とバンダイナムコゲームスの看板タイトルとして人気の本シリーズ、アーケードでは現在最新バージョンの「鉄拳6 BLOODLINE REBELLION(BR)」が絶賛稼働中だ。

 鉄拳シリーズは、その独特なキャラクター設定と、美麗なグラフィック、四肢に対応した直感的な操作、そしてコンボの壮快感がウリで、初代プレイステーションで発売されて以来絶大な人気を誇り、「鉄拳2」、「3」ではPS版がミリオンヒットを記録していたが、対戦格闘ゲームのブームが下火になるにつれて、家庭用版徐々にその売上を落としていた。しかし、アーケードを中心にその人気は根強く、現在も日本各地のゲームセンターで行われる大会には多くのプレイヤーが集っている。


鉄拳3で初登場した風間仁。今回のストーリーも彼が重要な役割を果たしている

 今回発売された「鉄拳6」は、アーケードで稼働中の「鉄拳6 BR」をベースにしたもので、PS3、Xbox 360でパッケージ発売されるシリーズの最新作にあたる。なお、PS以外のゲームハードで正式な鉄拳シリーズが発売されるのは初めてのことだ(ゲームボーイアドバンスとワンダースワンで外伝的なタイトルも発売された)。ちなみに、現在、PlayStation Storeで「鉄拳5 DARK RESURRECTION ONLINE」、「鉄拳2」がダウンロード販売されている。

 なお、実際に両方のバージョンでプレイをしてみたところ、ロード時間に若干の差がある程度で、プレイの感覚自体に大きな差は見受けられなかった。自分の所有しているハード、あるいはゲーム仲間が多い方を選んでもいいと思われる。それでは、早速ゲームの中身に触れていこう。

鉄拳5で登場した風間飛鳥と、そのバージョンアップ版で登場したリリ。いずれも人気の高いキャラクターだ
次世代機で実現したさらに美しいグラフィックにも注目

総勢40キャラクターが登場。豊富なカスタマイズ要素でオリジナルキャラも作れる

 鉄拳シリーズの魅力といえば、その濃いキャラクターたちの存在がまず一番に挙げられるだろう。本作で使用できるキャラクターの数はシリーズ最大の総勢40キャラクター。アーケードの初代鉄拳で使用できたキャラクターがわずか8キャラのみだったことを考えると、感慨深いものがある。

 本作のストーリーは、三島平八、三島一八による三島一族の親子ゲンカに一八の息子、風間仁が参入、三代にわたって世界中を巻き込む骨肉の争いに、平八の血を引くという新キャラクターのラース・アレクサンダーソンが登場。さらに、相変わらず仲の悪いニーナとアンナのウィリアムズ姉妹、相変わらず何かを悪巧みしているポールとロウなど、おなじみの面々も参戦している。

 前作にあたる鉄拳5からの追加キャラクターは、鉄拳5DRでリリ、ドラグノフ、アーマーキングが追加。鉄拳6でボブ、ザフィーナ、レオ、ミゲルが追加。鉄拳6BRで登場したラース、アリサの7人で、いずれも個性的な技を持っている面々だ。なお、PS3版の鉄拳5 DARK RESURRECTION ONLINEで使用できた三島仁八は本作に登場していない。

 家庭用の鉄拳シリーズでおなじみの人気作家によるエクストラコスチュームはCLAMPやいのまたむつみ、岸本斉史、大暮維人、皆川亮二、さらには山口貴由が参加し、鉄拳オリジナルのデザインに負けずと独特の世界観を作り出している。また、鉄拳5から導入されたキャラクターのカスタマイズ要素はアイテム数、カスタムの幅ともに増加していて、今回はさらに髪型のアレンジまでもが可能。カスタマイズが可能な場所は、頭、顔、メガネ、上半身、下半身、腕、足などとさまざま。ほぼ無限大ともいっていいキャラクターカスタマイズにはまり込んでしまう人も多そうだ。

登場キャラクターの数はシリーズ最大。自分のキャラクターを探すのも一苦労か
キャラクターをカスタマイズすることで、さらに使用キャラクターへの愛着が増す

ヘアースタイルやノーマル衣装はカラーの変更も可能。オリジナルカスタマイズの奥は深い

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2405/19/news005.jpg 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  2. /nl/articles/2405/18/news066.jpg 「なぜ今になって……」 TikTokで“15年前”の曲が大流行 すでに解散の人気バンド…… ファン驚き 「戸惑いが隠せない」
  3. /nl/articles/2405/18/news004.jpg 「現場を知らなすぎ」 政府広報が投稿「令和の給食」写真に批判続出…… 識者が指摘した“学校給食の問題点”
  4. /nl/articles/2405/19/news014.jpg ソファに座る息子を見ると……→“まさかのもの”を食べる姿が585万表示 ママ絶叫の光景に「あああ!!」「バイタリティがすごい」
  5. /nl/articles/2405/19/news058.jpg 本田真凜、ショートパンツのスウェット姿に注目の声 「かわいいー!」「スタイルよすぎる」
  6. /nl/articles/2405/16/news066.jpg 伝説のスポーツカーが朽ちている……!? ある田舎の風景を描いた精巧なジオラマに「リアルすぎる」「ホンモノかと」驚きの声
  7. /nl/articles/2405/19/news036.jpg 「ウンコ食い」という毒魚に刺され“骨に激痛”→その40時間後…… ゾッとする経過報告に「えげつない」「何かの病気になりそう」
  8. /nl/articles/2405/19/news019.jpg 車両置き場から何かの鳴き声→探しても見つからずフォークリフトの中をのぞいたら…… まさかの正体に「困ったもんだ(笑)」「ここはマズイ」
  9. /nl/articles/2405/21/news018.jpg 側溝の泥に埋もれて瀕死の子猫→救助されて1年後…… 涙あふれるビフォーアフターに「良かった……良かったです」「奇跡ってある」と182万表示
  10. /nl/articles/2405/18/news068.jpg 『HUNTER×HUNTER』の冨樫義博がXで怒り 立て続く“誤配”で「三度目です」「次はもう知らん」
先週の総合アクセスTOP10
先月の総合アクセスTOP10
  1. 庭に植えて大後悔した“悪魔の木”を自称ポンコツ主婦が伐採したら…… 恐怖のラストに「ゾッとした」「驚愕すぎて笑っちゃいましたw」
  2. 小1娘、ペンギンの卵を楽しみに育ててみたら…… 期待を裏切る生き物の爆誕に「声出して笑ってしまったw」「反応がめちゃくちゃ可愛い」
  3. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  4. 「歩行も困難…言動もままならず」黒沢年雄、妻・街田リーヌの病状明かす 介護施設入所も「急激に壊れていく…」
  5. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 釣りに行こうとしたら、海岸に子猫が打ち上げられていて…… 保護後、予想だにしない展開に「神様降臨」「涙が止まりません」
  8. 身長174センチの女性アイドルに「ここは女性専用車両です!!!」 電車内で突如怒られ「声か、、、」と嘆き 「理不尽すぎる」と反響の声
  9. 築152年の古民家にある、ジャングル化した水路を掃除したら…… 現れた驚きの光景に「腰が抜けました」「ビックリ!」「先代の方々が」
  10. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評