ニュース
» 2009年11月19日 14時51分 公開

ボールは友達週間ソフト販売ランキング

今週はもうひとつのサッカーゲームがランクイン。

[ITmedia]

週間ソフト販売ランキング

2009年11月9日〜2009年11月15日

順位機種タイトルメーカー発売日価格(税込)販売本数累計本数
1PSPJ.LEAGUE プロサッカークラブをつくろう!6 Pride of Jセガ2009年11月12日6090円8万50008万5000
2NDSポケットモンスター ハートゴールド/ソウルシルバーポケモン2009年9月12日4800円6万3000298万
3PS3ドラゴンボール レイジングブラストバンダイナムコゲームス2009年11月12日7329円5万80005万8000
4NDSトモダチコレクション任天堂2009年6月18日3800円5万6000163万9000
5WiiWiiフィット プラス(同梱版含む)任天堂2009年10月1日2000円5万300090万3000
6PS3ワールドサッカー ウイニングイレブン 2010(同梱版含む)KONAMI2009年11月5日7980円4万900026万7000
7NDSイナズマイレブン2 〜脅威の侵略者〜 ファイア/ブリザードレベルファイブ2009年10月1日4980円3万700060万7000
8Wiiファイナルファンタジー・クリスタルクロニクル クリスタルべアラースクウェア・エニックス2009年11月12日7340円3万50003万5000
9NDSロックマン エグゼ オペレート シューティングスターカプコン2009年11月12日3990円2万30002万3000
10PSPペルソナ3ポータブルアトラス2009年11月1日6279円1万700015万8000

メディアクリエイト調べ


 前回は、「ワールドサッカー ウイニングイレブン 2010」が1位に、そして今回は「J.LEAGUE プロサッカークラブをつくろう!6 Pride of J」と、サッカーがアツイ! 2010年ワールドカップ南アフリカ大会予選が先ごろ全日程を終了し、出場する全32チームが決定。いよいよ来年6月11日に開幕する本大会に向けて、盛り上がりを見せている。

 期せずして1週違いでリリースされた両タイトルだが、数字だけ見れば最初に発売されたKONAMIの「ワールドサッカー ウイニングイレブン 2010」が一歩リードしている様子。さすがにプレイステーション 2のように大台に乗せるのは厳しいようだが、まだまだ伸びしろは大きい。

 さて、11月21日にはちょっと大きくなったニンテンドーDSi LLが発売されます。小型軽量化ではなく、見やすさを重視し、ライフスタイルに合わせた製品となっています。ニンテンドーDSの販売台数はここ最近落ち着きを見せており、買い換え需要はもちろん、年末商戦を睨んでの新製品投入となります。ひとつの起爆剤になるか、注目したいと思います。やはり、ハードあってのソフトです。ハードの普及がソフトの販売本数を引き上げるという一面もあるので、期待したいところです。

「ニンテンドーDSi LL」のLLは大きいサイズの意味。11月21日発売で価格は2万円(税込)。カラーバリエーションは3色用意される

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」