「ITmedia Gamez」は2011年3月31日をもって終了しました。今後のゲーム情報については、「ITmedia ガジェット」をご活用頂ければ幸いです。



天下統一が実現する「新星の章」が実装!――「信長の野望 Online」の拡張パック第4弾発表会 (2/2)

前のページへ 1|2       

気になる運営計画が発表

 今村氏による新要素の発表が終わると、再び渡辺氏がマイクを持ち、プレイ方法やアップデートなどの運営計画の発表が行われた。まず、プレイ方法だが、既存ユーザーに向けた「新星の章」アップグレードチケットは2940円(税込)。新規ユーザーに向けた「新星の章」パッケージ版は8190円(税込)(60日間のプレイチケットのほかに豪華特典ゲーム内アイテム同梱)、オンラインチケット販売の「新星の章」スターターチケット(30日間おプレイチケット付き)は5355円(税込)で販売される。また、今すぐ始めたいというユーザーに向けて、先行スターターチケットを8190円(税込)で12月に販売予定とのこと。先行スターターチケットは、始めたときから2010年3月31日までプレイでき、「新星の章」へのアップグレードや全オプションサービスがつく。

 アップデート計画では、今回からチャプター制が導入されることが公開された。これにより、今まで以上の大規模なアップデートが行われるほか、「独眼竜の野望」のクエストシナリオを定期配信していくという。さらに、「新星の章」までのアップデート計画も明かされ、大型アップデートの「一門の刻」では、「新星の章」に先駆けて一門が実装されるとのこと。その後、「新星の章」をより楽しめるようにプレイベントも開催されるそうだ。また、「信長の野望 Online」最大級の合戦になる「天下分け目の戦い」をより多くのプレイヤーで盛り上がれるようにワールド統合が実施されるほか、2010年にプレイステーション 3版が発売予定であることも発表された。

 その後、渡辺氏、今村氏と「信長の野望 Online」の記事を掲載しているメディアを交えた「パネルディスカッション」、プレイヤーの質問に渡辺氏、今村氏が答える「開発陣に訊け」、来場したプレイヤーが参加した「職業対抗クイズ大会」も行われた。

wk_091130nobuon20.jpgwk_091130nobuon21.jpg

 白熱したクイズ大会が終わると、ステージには「信長の野望 Online」の初代プロデューサーを務めた、コーエーテクモホールディングス代表取締役社長の松原健二氏が登場。松原氏は「信長の野望 Online」のこれまでの歩みを振り返ったあと、「今まで一度も成し遂げられなかった天下統一。これをユーザーの皆さんが楽しんでいただける、またワクワクしていただけるようなシステムになるよう考えています」と「新星の章」の実装に向けた思いを語ってくれた。

 最後に、渡辺氏と今村氏が登場し、渡辺氏は「『信長の野望 Online』は7年目を迎えるところですが、10年、20年、ずっとずっと皆様に愛される『信長の野望 Online』を作っていきたい」、今村氏は「皆様の期待に応えられる内容にできるように、年末年始も休まずに開発していきますので、皆様どうぞご期待ください」とコメントし、発表会は幕を閉じた。

wk_091130nobuon22.jpg クイズ大会にサポート役として登場した“歴ドル”の美甘子さん(左)と小日向えりさん(右)
wk_091130nobuon23.jpg コーエーテクモホールディングス代表取締役社長の松原健二氏
wk_091130nobuon24.jpg 意気込みを語る渡辺氏(右)と今村氏(左)

(C)2003-2009 KOEI Co., Ltd. All rights reserved.


前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.