ニュース
» 2009年12月04日 03時41分 公開

今年もプレイステーションの日がやってきた!――「PlayStation Awards 2009」発表&授賞式

ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパンは、青山迎賓館にて国内でヒットしたタイトルを表彰する「PlayStation Awards 2009」を開催。3つのゴールドプライズと1つのプラチナプライズを発表した。

[増山裕樹,ITmedia]

プラチナプライズは今年もあのタイトル……!?

会場のどのフロアにもスクリーンが設けられ、ライブ中継が見られるようになっている

 12月3日、ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパン(以下、SCE)は昨年(記事:12月3日はプレイステーションの日――「PlayStation Awards 2008」発表&授賞式)と同じく東京都港区の青山迎賓館にて、「PlayStation Awards 2009」を開催した。

 「PlayStation Awards 2009」は、発売から2009年10月31日までの累計出荷数に応じて贈られる賞で、今年はゴールドプライズ(累計出荷本数50万本以上100万本未満のタイトル)が3本、プラチナプライズ(累計出荷枚数100万枚以上200万枚未満のタイトル)1本が受賞した。さらに今回は「PlayStation Store 特別賞2009」が設けられ、「PlayStation Store」で発売されたダウンロード専用タイトル(ゲームアーカイブスを除く)の中からダウンロード数上位5作に対して特別賞を贈った。受賞タイトルは以下のとおり。

PlayStation Store 特別賞2009

タイトル発売日メーカー
ゴミ箱 -GOMIBAKO-2009年3月19日ソニー・コンピュータエンタテインメント
みんなでスペランカー2009年3月26日アイレムソフトウェアエンジニアリング
葛城ミサト報道計画2009年6月6日バンダイナムコゲームス
ボンバーマンウルトラ2009年6月18日ハドソン
バトルフィールド 19432009年7月9日エレクトロニック・アーツ
※タイトルは全てPS3のものです。

ゴールドプライズ

タイトル機種発売日メーカー
龍が如く3PS32009年2月26日セガ
BIOHAZARD 5PS32009年3月5日カプコン
DISSIDIA FINAL FANTASYPSP2008年12月18日スクウェア・エニックス

プラチナプライズ

タイトル機種発売日メーカー
モンスターハンターポータブル 2nd GPSP2008年10月30日カプコン

 冒頭、あいさつを行ったのはソニー・コンピュータエンタテインメントジャパンプレジデントのショーン・レーデン氏。多くの来場者に対して感謝を述べた。「色々サプライズや遊びをご用意したので、ぜひみなさんご一緒に楽しんでいただきたい」と告げ「PlayStation Awards 2009」の開催を宣言した。

 また、SCE代表取締役社長兼グループCEOの平井一夫氏は受賞者へ祝辞を述べ、今年が初代プレイステーションを発売してから15周年であることや、今までいろいろな方たちのサポートによってここまで来ることができたと来場者やユーザーへ感謝の意を表した。そして、「モンスターハンターポータブル 2nd G」は通常版、ベスト版をあわせると3年連続でプラチナプライズを受賞するアワードが始まって以来の快挙だとコメントし、これから年末商戦に対しての意気込みを述べた。「ディスクの技術はもちろんのことだが、同時にネットワークビジネスももっともっと大きいものにしていかなくてはいけないと思っています。そういった意味ではこの年末商戦を勝ち抜いて、また来年に向けてディスクもネットワークのビジネスもさらに拡大して皆様と一緒に盛り立てていきたいと考えておりますので、ぜひPS3、PSP、PS2のサポートのほどをよろしくお願い申し上げたいと思います」と来場者にメッセージを送り「PlayStation Awards 2009」を締めくくった。

昨年同様あいさつを行ったショーン・レーデン氏
「PlayStation Awards 2009」のプレゼンテーターを勤めた平井一夫氏
「PlayStation Store 特別賞」を受賞した各タイトルの制作者代表の方たち

「DISSIDIA FINAL FANTASY」シニアディレクターの荒川健氏、プランニングディレクターの高橋光則氏、メインプログラマーの池田隆児氏がステージに上がった。開発陣を代表して荒川氏は「本作はFFの20周年を記念したタイトルで、PSPの性能がなければこのようなゲームは生まれなかったと思います。そういった意味でも今回の受賞は大変嬉しいです」とあいさつ
「龍が如く3」からは、総合監督の名越稔洋氏とプロデューサーの菊池正義氏が渋滞に捕まってしまい間に合わなかったため、ディレクターの佐藤大輔氏のほか、急遽、横山昌義氏と植村幸司氏がステージに立つことに。佐藤氏は「今回は立派な賞をいただき大変嬉しく思います。また、来春発売の龍が如く4に向けても鋭意制作中ですので、また来年も立てたらと思います」と挨拶を行う予定だった名越氏に代わってコメントした

「龍が如く3」ディレクターの佐藤氏のあいさつが終わったところで、総合監督の名越稔洋氏が来場者の拍手に迎えられて到着。名越氏は「高速が渋滞しておりまして、たった今まいりました。ありがとうございます。またがんばります」と簡単にあいさつを述べた
「BIOHAZARD 5」プロデューサーの竹内潤氏とディレクターの安保康弘氏が登壇。竹内氏は「シリーズ1作目からPlayStation Awardsの舞台にずっと立ってきたわけですが、本作を担当するにあたって一番プレッシャーだったのが、ここのステージに立てなかったらということでした。ですが、なんとか立つことができて少し肩の荷が降りたかなという感じです。シリーズをご支援いただいているユーザーの皆さんとプレッシャーの中でもがんばった開発チーム一同のおかげだと思っています」とコメント

 今回、100万本以上を販売したとしてプラチナプライズに輝いた「モンスターハンターポータブル 2nd G」の受賞では、プロデューサーの辻本良三氏、アシスタントプロデューサーの小嶋慎太郎氏、プロモーション企画推進室室長の増田努氏がステージに上がった。辻本氏は「まさか今年、この場に立てることを想像していなかたったので嬉しいです。「the Best」という形で去年の10月30日に発売させていただき、ユーザー層、年齢層も幅広い人たちにプレイしていただいて、特に女性ユーザーも多くなってきました。本作は全てのボタンを使うアクションゲームですが、幅広い方々にプレイしてもらっていることを嬉しく思います。少しでもゲームユーザーの層を広げられるように今後もがんばっていきたいと思います」とコメントした。

左からSCE CEOの平井氏、プロデューサーの辻本氏、アシスタントプロデューサーの小嶋氏、プロモーション企画推進室室長の増田氏

フラワーアーティストの東信氏によって各受賞タイトルへゲームを表したフラワードームが贈られた。「DISSIDIA FINAL FANTASY」はクリスタルとその輝きを遮るカオス、その両極端な存在を青い花と赤い花で表現
「龍が如く3」のフラワードームは一人で巨大な陰謀に立ち向かっていく伝説の龍をイメージし、潔く真っ白な花を中心に使用

有害な生物が環境の中に漏れ、生態異変を起こしている様をイメージし、黒い花の裂け目から毒々しいオレンジの花があふれ出てくる形で製作した「BIOHAZARD 5」のフラワードーム
今回、プラチナプライズを受賞した「モンスターハンターポータブル 2nd G」のフラワードームは、新モンスターを含む、多数暴走するモンスターをイメージし、色とりどりのはなで埋め尽くしたそうだ

会場の外壁にはフラッグが飾られており、室内もいたるところに「○×△□」をあしらった装飾品が見られた

「PlayStation Awards 2009」を受賞した各タイトルの盾
受付もちゃんとプレイステーションらしさが出ています

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」