ニュース
» 2009年12月04日 20時13分 公開

「藤崎詩織」や「怒首領蜂」も一発変換――意外にゲームマニアだった「Google日本語入力」先生に萌える日々是遊戯(1/5 ページ)

Googleが先日リリースした「Google日本語入力」。果たしてGoogle先生は、どこまでゲーム関係の単語を一発変換できるのか?

[池谷勇人,ITmedia]

さすがの変換精度

 Googleが去る12月3日にリリースした「Google日本語入力(ベータ)」、みなさんはもう試してみましたか?

 Webと連動した豊富な変換候補と、ユーザーの入力パターンに合わせて予想される変換候補を提示してくれる「サジェスト」機能が特徴の「Google日本語入力」。すでにブログや掲示板などでは「こんな単語も変換できた!」といった報告が盛り上がっているようですが、遅ればせながら筆者もゲーム用語を中心に実験してみることにしました。なお、一応入力履歴などはすべてクリアした上で実験していますが、もしかしたら環境によって結果に違いが出るかもしれませんのでご了承ください。

例えば「よろし」と入力するだけで「よろしくお願いします」などが候補に。これが「サジェスト」機能です。さて、Google先生のゲームマニア度やいかに?

ステージ1:ゲームのタイトル

 まずはパッと思いつくところで、ゲームのタイトル名から行ってみましょう。ゲームのタイトルって、けっこう奇をてらったものが多かったりしますが、さて……。

○すーぱーま→スーパーマリオ

まずは小手調べ。このへんはクリアできて当然でしょう

○どらごんく→ドラゴンクエスト

当然、「ドラクエ」も行けます

ふぁいなる→ファイナルファンタジー

「ドラクエ」とくればこっちも忘れてはいけません

○ふぁいふ→ファイファン

「ファイファン」じゃなくて「エフエフ」!! でも出ます

○ほしぞ→星空の守り人

サブタイトルだってGoogle先生なら余裕です

○ゆうしゃ→勇者のくせになまいきだ

だんだん難易度を上げていきますよ

○めがみい→女神異聞録デビルサバイバー/→女神異聞録ペルソナ

どっちも出ました。さすが!

○どどん→怒首領蜂

MS-IMEもATOKもダメだった「どどんぱち」を一発変換!

○さらまんだ→沙羅曼蛇

となれば当然こっちも行けます。つづりが分からなくなっても安心

○うみは→海腹川背

川背さんも知ってるGoogle先生さすがです

○たけしのち→たけしの挑戦状

レトロゲームも行けます。「たけしの」まででは第5候補でした

○らぴゅ→ラ・ピュセル

ちゃんと「・」を補完してくれる心遣いがニクい

○おでかけれす→おでかけレスターれれれのれ

じゃあもっとマニアックに……と思ったのになぜ出る!

○げんせいきょ→幻世虚構精霊機導弾

うおっこれも出た! 読み方は「げんせいきょこうせいれいきどうだん」

△こんとら→魂斗羅

「コントラスト」「コントラバス」などに阻まれ、第17候補でようやく登場

×ならずものせんとうぶたいぶらっでぃうるふ→変換できず(ならず者戦闘部隊ブラッディウルフ)

さすがにこれは無理でした

×のうをきたえるおとなのDSとれーにんぐ→変換できず(脳を鍛える大人のDSトレーニング)

途中でアルファベットが入るのもダメみたい

       1|2|3|4|5 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」