ニュース
» 2009年12月04日 20時13分 公開

日々是遊戯:「藤崎詩織」や「怒首領蜂」も一発変換――意外にゲームマニアだった「Google日本語入力」先生に萌える (5/5)

[池谷勇人,ITmedia]
前のページへ 1|2|3|4|5       

まとめ

 さて、そんなわけでいろいろと試してみましたが、いかがだったでしょうか?

 ATOK使いの筆者もかれこれ1日半ほど使用していますが、こうして原稿を書いていても違和感はほとんどなく、使い勝手は上々。特にゲーム関連の単語や用語のカバー率はすさまじく、いっそこのまま完全移行してしまってもいいかとさえ思っているほどです。Google先生恐るべし。

 まだ「ベータ版」ということで、利用についてはあくまで自己責任となりますが、今のところ「怒首領蜂」が一発変換できる日本語入力システムを、筆者はこれ以外に知りません。インストールの手順も簡単なので、気になった人はぜひ一度触ってみてはいかがでしょうか?

今回はあくまで「デフォルトの辞書で一発変換できるか」についてしか触れていませんが、学習機能の高さも特徴のひとつ。例えば最初は一発変換できなかった「ならずものせんとうぶたいぶらっでぃうるふ」も……

一度変換を確定してしまえば、次からは「なら」で「ならず者戦闘部隊ブラッディウルフ」が第一候補に上るようになります。いちいち辞書登録などを行う必要もなし

こんな単語も、2回目以降は「こうそ」の3文字で変換できるようになります。入力しようとしている単語を、先読みでどんどん表示してくれるのが気持ちイイ

前のページへ 1|2|3|4|5       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「彼氏に撮ってもらった」→窓ガラスに写った真実は…? アクロバティックな詐欺写真に「笑った」「器用な彼氏」
  2. 「俺も昔はワルだった」「へぇ〜 今日は当時の被害者を呼んでます」 女子高生がかわいさ全開で鉄槌をくだす漫画「正義のミカたん」
  3. 叶恭子、美女に擬態した『鬼滅の刃』鬼舞辻無惨コス マーベラスな着物姿に「すごい…妖艶すぎる」「完璧」
  4. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  5. 「助かりました」「早速実践します」 小児科医が教える“はがれにくい絆創膏の貼り方”が使えると話題に
  6. ステキな週末のパパ……! 荒ぶる子猫たちに囲まれたパパ猫の“無”の表情に「わかる」「私だ」と共感の声
  7. ClariS、デビュー10周年でメディア初の顔出し ファンからは「やっぱり美人さんやん!」「かわいい〜〜!!!!」
  8. 鮭ってこんなに種類あったのか! サーモン会社が投稿した「鮭の比較」画像が「買い物に便利」と話題
  9. 「貴方ならもっといける」「絶対に神絵師になれる」 応援コメント糧に10カ月で神絵師へと成長した人が話題に
  10. 中村江里子、フォロワー10万超のインスタが消滅 「どうにもならない気持ちでいっぱい」「一体、何の目的で?」