ニュース
» 2010年01月22日 08時30分 公開

torne(トルネ)体験会:「torne」はテレビの未来を変える黒船か? 「torne」体験会で見たこと、感じたこと (2/5)

[池谷勇人,ITmedia]

「torne」の真価は専用アプリケーションにあり!

実際にPS3のコントローラでデモンストレーションを行う西沢氏

 テレビ番組の視聴や録画は、付属のディスク(BD-ROM)から専用のアプリケーションをインストールして行う。インストールが終了すると、XMB(クロスメディアバー)に「テレビ」という項目が新しく加わり、以降はディスク不要でテレビ番組の視聴や録画が可能となる。

 今回はじめて公開されたこの「専用アプリケーション」こそが、実は「torne」のカギとなる部分である。機能面ではいまのところ、一般的なデジタルレコーダーと比べて際立って「スゴい!」と言えるような部分はないが、白をベースに、随所に鮮やかなパステルカラーを織り交ぜた「torne」独特のインタフェースに一度触ってしまうと、従来のテレビやレコーダーのUIがどれほど分かりにくく、不親切なものだったかと驚かされるだろう。

 あらゆる動作を最小限のボタン数で実現し、そして何より「触っていて気持ちいい」。すべてのメニューは秒間60フレームの滑らかさでヌルヌルと動き、ボタンを押せば「カチッ、カチッ」という小気味よいフィードバックが返ってくる。このあたりの設計は、いかにもゲームメーカーといった感じで拍手を送りたくなった。

 では、具体的にはどういったことができるのか、そしてどんなインタフェースなのか、機能別に見ていってみよう。

すべてのインタフェースは滑らかにアニメーションし、それでいてキビキビと反応してくれる。ちょっと大げさだが、まるで未来のテレビを見ているかのような感動がある

トップメニュー

「torne」のメインメニューとも言える画面で、テレビや番組表、番組検索といった「torne」の各機能にはすべてここからアクセスする形となる。8つのアイコンはリング状に並んでいて、プレイヤーの操作に合わせてクルクルと回転し、○ボタンで決定。非常に直感的でわかりやすく、はじめて触る人でも操作で迷うことはないだろう。

 またトップメニューに限らず、「torne」では基本的にどの画面でも、○ボタン(決定)と×ボタン(キャンセル)だけでほとんどの操作を行えるようになっている。もちろん他のボタンを使うこともあるが、そのときは画面下に表示された「各ボタンの機能説明」を見れば一目瞭然なのでご安心を。


メニューの項目は「テレビ」「番組表」「予約確認」「チャート」「ビデオ」「設定」「操作方法」「番組検索」の8つ。ちなみにバックに見えるコインのようなアイコンには、録画した番組のサムネイルが表示される仕組みになっているのだそう

テレビ

 読んで字のごとく、テレビ番組を視聴するモード。○ボタンでチャンネルパネル、□ボタンで番組表、△ボタンでメニューをそれぞれ呼び出すことができ、チャンネルの切り替えや番組の録画といった操作を直感的に行うことができる。

 ここでのインタフェースも非常によく考えられていて、例えばチャンネル切り替えの際には、局名だけでなく番組名、番組の残り時間、その番組を録画している&見ている人の数(トルミル情報)まで表示してくれるという親切さ。地デジではチャンネル切り替えに時間がかかるため、切り替えてみる前に「あ、あと5分でこの番組終わりだ」とか、「この番組は見てる人が多いな」といった情報を見られるのは非常にありがたい。チャンネルを切り替える場合も、「つなぎ」がわりに局名と番組名をタイトル画面のように表示してくれるなど、地デジ特有のもっさり感を感じにくいよう工夫が凝らされている。

現在選択中の「テレビ太陽」に注目。局名の上に表示された「○○トル」はその番組を録画している人数を、放送時間の横にある人型のアイコンは、その番組を見ている人の多さをそれぞれ表している。また水色のバーはその番組の残り時間で、バーが長いほど「まだはじまったばかり」で、バーが残り少ないと「もうすぐ終わりそう」ということになる

 そのほか、視聴中に気になった単語があれば、その場でブラウザを立ち上げて検索できる「見ながらネット」機能もユニーク。本来の使い方である「検索」からはちょっと外れるが、例えばテレビを見ながらTwitterにアクセスする――といったことももちろん可能で、使い方次第ではかなり面白いこともできそうだ。

 なお残念ながら「torne」はBS・CS放送およびデータ放送には非対応。見られるのはあくまで地上デジタルのみに限られるので注意してほしい。

視聴中の番組録画なども、メニューから簡単に行うことができる。このとき、録画先のHDD選択や、繰り返し録画などの設定ももちろん可能

「見ながらネット」機能を使うと、左側にテレビの画面が、右側にブラウザがそれぞれ表示された状態に。使い方は「検索」だけに限らない……?

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「彼氏に撮ってもらった」→窓ガラスに写った真実は…? アクロバティックな詐欺写真に「笑った」「器用な彼氏」
  2. 「俺も昔はワルだった」「へぇ〜 今日は当時の被害者を呼んでます」 女子高生がかわいさ全開で鉄槌をくだす漫画「正義のミカたん」
  3. 叶恭子、美女に擬態した『鬼滅の刃』鬼舞辻無惨コス マーベラスな着物姿に「すごい…妖艶すぎる」「完璧」
  4. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  5. 「助かりました」「早速実践します」 小児科医が教える“はがれにくい絆創膏の貼り方”が使えると話題に
  6. ステキな週末のパパ……! 荒ぶる子猫たちに囲まれたパパ猫の“無”の表情に「わかる」「私だ」と共感の声
  7. ClariS、デビュー10周年でメディア初の顔出し ファンからは「やっぱり美人さんやん!」「かわいい〜〜!!!!」
  8. 鮭ってこんなに種類あったのか! サーモン会社が投稿した「鮭の比較」画像が「買い物に便利」と話題
  9. 「貴方ならもっといける」「絶対に神絵師になれる」 応援コメント糧に10カ月で神絵師へと成長した人が話題に
  10. 中村江里子、フォロワー10万超のインスタが消滅 「どうにもならない気持ちでいっぱい」「一体、何の目的で?」