ニュース
» 2010年01月26日 17時58分 公開

舞台は日本へ――長編映画「屍病汚染 DEAD RISING」制作中

カプコンの稲船敬二氏が、はじめて監督する長編映画が制作中。「DEAD RISING 2」の世界観を映画で昇華する!

[ITmedia]

屍病汚染は映画へと拡大したようです

 全世界を恐怖に落とし込んだあの“ウィラメッテ事件”後、“ゾンビ化=屍病汚染”は世界各地へと飛び火した……。

 カプコンから発売されているゾンビパラダイスアクションゲーム「DEAD RISING」が映画化されることになった。しかも、監督はゲームの開発にも携わった稲船敬二氏が務める。「DEAD RISING 2」を原案とする本作は、ウェブなどで2010年に公開される予定だが、Xbox 360ではさらに先行で配信されるとのこと。世界中へと拡大した屍病汚染が、ついに日本へと飛散。映画では舞台を日本へ移し、自分の存在をかけたゾンビからの逃亡劇が描かれる。


 ――アウトブレイクが起こった地域に対し、各国政府は厳しい対応を実施。該当エリアの住民を隔離する策を取る。閉じ込められた人々は、脱出を図ろうとするもの、建物に閉じ籠もるもの、いずれも自分の存在をかけて戦うこととなる。そう、ここ日本でも……。

 シンとジョージの兄弟は、不幸にも隔離された地域に取り残された住民であった。物語は、2人がこの閉鎖されたエリアから脱出を試みるところから始まる……。限りなく不可能に近い脱出行。ゾンビがさまよう街から、2人が身を守るために逃げ込んだのは、とある倉庫街だった……。

  • 「屍病汚染 DEAD RISING」
  • 公開:ウェブ他で2010年日本公開予定(※Xbox 360先行配信)
  • 製作:カプコン
  • 制作プロダクション:デジタル・フロンティア
  • 監督:稲船敬二
  • 脚本:稲船敬二、池原実
  • キャスト: 吉田大輝、矢崎広、安藤聖、尾上寛之、渋川清彦
(C)CAPCOM CO., LTD. 2010 ALL RIGHTS RESERVED.
※本作品予告編映像には暴力シーンやグロテスクな表現が含まれます。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2105/07/news100.jpg スタバやドトールの「コーヒー1杯の値段に対する気持ち」を表した図に共感の声 味にこだわらない人はこう思ってる?
  2. /nl/articles/1705/18/news140.jpg 「秋頃に母になる予定です」 元競泳選手・田中雅美、再婚&妊娠を報告
  3. /nl/articles/1911/28/news078.jpg 「10代には見えない」「オーラが違います!」 アンミカ、約30年前の“バブリーショット”が圧倒的な大人っぽさ
  4. /nl/articles/2105/08/news035.jpg 「良い味出してる」「すんごい欲しい」 目を離したら「うわぁっ!」っとなるカップ麺の蓋ストッパーが話題に
  5. /nl/articles/2105/08/news004.jpg 猫がお風呂で熱心に湯もみをするワケは…… お湯をペロッとする姿に「楽しそう」「かわいすぎる」の声
  6. /nl/articles/2105/07/news106.jpg ジョージ・クルーニーの行き過ぎブラピ愛「食べているだけで最高なんだ」 チャリティー寸劇が「笑い死ぬ」「映画を作って」と反響
  7. /nl/articles/2105/08/news007.jpg 「好きです」「彼女に立候補します」アピールし続けて2年 押しが強い女の子がかわいい漫画にキュンとなる
  8. /nl/articles/2105/07/news093.jpg 千原ジュニア、所ジョージの贈り物に感激「こんな素敵な歳の貰い方したい」 粋な心遣いに「全てがカッコいい」と称賛の声も
  9. /nl/articles/2105/03/news021.jpg 賀来賢人、写真週刊誌による“子どもの盗撮”に警告 「私は本当に怒ります」「もうやめてくれませんか?」
  10. /nl/articles/2011/13/news037.jpg 【漫画】「アレクサ!! ゲゲゲのチョク(曲)かけてっ」 子どものリクエストにアレクサが応えた結果が予想外