ニュース
» 2010年01月26日 20時02分 公開

当初のタイトルは「大人のオンナの占い手帳」!? 隠れた大ヒット作「トモダチコレクション」の秘密日々是遊戯

いつの間にやら250万本を突破し、2009年のヒットタイトル第3位にまで躍り出ていた「トモダチコレクション」。そんな「トモコレ」の開発にまつわる、「ええっ!?」と驚いてしまうようなエピソードをまとめてみました。

[池谷勇人,ITmedia]
※本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

隠れた2009年のヒットタイトル

 2009年でもっとも売れたゲームは、お馴染み「ドラゴンクエストIX 星空の守り人」、第2位は「NewスーパーマリオWii」でした。では、第3位はなんだったか知っていますか?

 意外かもしれませんが、3位はDSの「トモダチコレクション(以下、トモコレ)」なんです。自分のマンションに友達や有名人のMiiを住まわせて、そこで巻き起こる様々な人間関係を楽しむ――という「トモコレ」。コアなゲーマー層からは「何が面白いのかよく分からない」などと言われることも多い本作ですが、結果的には年間で約250万本を販売する大ヒット作となりました。

 実は筆者も、「そんなに売れてるのなら……」と年末年始を利用して遊んでみたんですが、これが面白いんですよマジで! 今では片っ端から知人のMiiを登録し、何かイベントが起こるたびに写真や動画を撮ってはTwitterで送りつける――という独自(?)の楽しみ方を編み出し、一部の知人からは「うぜぇ」などと疎まれつつも、すっかり「トモコレ」漬けになっている毎日だったりします。

 まあ、僕のハマりっぷりについてはどうでもよくて、今日はTouch-DS.jpの「社長が訊く『トモダチコレクション』」と、「任天堂ゲームセミナー2009」公式サイトの「社長が訊く ゲームセミナー2009 -トモダチコレクション-」から、「トモコレ」にまつわる秘密やエピソードをまとめてみました。一見地味な印象もある「トモコレ」ですが、実はみんな知ってる“あの要素”も、「トモコレ」がなければ生まれなかったって知っていましたか?

1:初回発注はたったの10万本だった

 累計では250万本以上を販売している「トモコレ」ですが、岩田社長によれば小売店から集まった初回発注はたったの10万本だったそうです。通常、ゲームソフトは初週でドカンと売れて、あとはそれきり――という売れ方をすることが多いのですが、「トモコレ」はまさに究極の「ジワ売れ」ソフトと言えるかもしれません。

2:当初のタイトルは「大人のオンナの占い手帳」だった

 本作のディレクターを務めた企画開発部の高橋隆太郎氏によると、もともと「トモコレ」は「大人のオンナの占い手帳(以下、占い手帳)」というタイトルで開発されていたんだそうです。ゲーム内容も今とはだいぶ違っていて、知人の名前や誕生日を入れると、互いの相性や運勢などを占ってくれるというもの。ただ、それだけでは味気ないよね、ということで「似顔絵を入れるのはどうだろう」という案がスタッフから挙がった。これがきっかけとなって「占い手帳」プロジェクトは、思わぬ方向へと転がっていくことになります。

3:Miiの原型は「トモコレ」だった

 Wiiユーザーにはおなじみの似顔絵アバター機能「Mii」ですが、実はこれの原型こそが「占い手帳」の「似顔絵」機能だったんだそうです。

 「占い手帳」のスタッフから開発中の「似顔絵」機能を見せられた岩田社長が、すぐさまそれを宮本茂氏のところへ持って行ったところ、宮本氏は「コレや!」と、当時開発中だったWiiに急遽「似顔絵チャンネル」としてこれを実装することを決定。「占い手帳」プロジェクトは一時中断され、スタッフは全員「似顔絵チャンネル」開発のため情報開発本部へと一時的に異動になったとのことです。

4:宮本茂氏の「似顔絵」への執着

 「Mii」の実装によってようやく日の目を見た「似顔絵」構想ですが、実は宮本茂氏は20年近くも前から「似顔絵をゲームで使えるようにしたい、必ず面白いものができるはずだ」と言い続けており、そのたびに社内のスタッフからは猛反対を受けていたのだとか。実際、宮本氏はディスクシステムやゲームキューブの時代にも「似顔絵ソフト」を開発していたものの、いずれも実際に発売するまでには至らなかったそう。

 実は「Mii」誕生にあたっての最大の功労者は、そんな宮本氏の執着を知っていて、「占い手帳」スタッフと宮本氏をすぐさま結びつけた岩田社長と言えるのかもしれません。

5:「占い手帳」から「トモコレ」へ

 そんなわけで「似顔絵チャンネル」「みんなで投票チャンネル」の開発を終えたスタッフが、ようやく「占い手帳」プロジェクトに復帰したのは2007年4月。しかしこの頃になると、「占い手帳」を開発していた当時とはDSを取り巻く環境が一変しており、「わざわざ『大人のオンナ』と断る必要もなくなった」と考えたスタッフは急遽企画を練り直すことに。こうしてあらためてスタートしたのが「トモコレ」だったというわけです。

 しかし何しろ前例のないソフトだけあって、時にはスタッフから「わたしはこのゲーム、一度も面白いと思ったことがない」という衝撃発言も飛び出すなど、なかなか出口が見えず苦労したことも多かったそう。企画開発部の海野将範氏によれば、最終的な完成型が見えたのはなんとモニターが終わって、ソフトが完成する4カ月くらい前だったとのことです。

 ということで、パッと見にはチープな作りに見られることも多い「トモコレ」ですが、完成までにはかなりの紆余曲折があったことがうかがえる内容となっています。ほかにも元記事では「開発スタッフが考える『トモコレ』がウケた理由」」や、「卒業シーズンこそが『トモコレ』最大の商戦」など興味深い話が満載となっていますので、「トモコレ」にハマっている人もそうでない人も、ぜひ一度目を通してみることをオススメします。いわゆる「ゲームらしいゲーム」とはかなり毛色の違う本作ですが、偏見を捨てて遊んでみると、思わぬ面白さに気付くかもしれませんよ!


(C)2009 Nintendo


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2402/25/news016.jpg 8人目の赤ちゃんが誕生、兄姉たちとの初対面が愛にあふれている 300万再生の光景に「号泣です」「素敵すぎて、尊くて……」
  2. /nl/articles/2402/24/news060.jpg 小泉進次郎、生後3カ月の長女を抱く姿に「貴重なパパの顔」 2023年末には小泉元首相の“幸せじいじ姿”も話題に
  3. /nl/articles/2402/24/news009.jpg かなり危ういほど小さく、獣医師から「育たないかも」と告げられた子猫が豪快に成長し…… 現在の姿に感嘆「あー涙出ちゃう」
  4. /nl/articles/2311/24/news117.jpg 小泉純一郎元首相、進次郎&滝クリの第2子“孫抱っこ”でデレデレ笑顔 幸せじいじ姿に「顔が優しすぎ」「お孫さんにメロメロ」
  5. /nl/articles/2402/24/news017.jpg 雑草で荒れた庭を柴犬のために劇的ビフォーアフター 約2万円で実現した夢の自宅ドッグランが「イイお買い物」と話題に
  6. /nl/articles/2402/25/news065.jpg 「ほんと愛でしかない」「心から尊敬します」 “6男7女の大家族”うるしやま家のスーパーママ、“15人分のお弁当作り”が神業レベルで称賛の声
  7. /nl/articles/2402/25/news014.jpg 母が帰宅したと思って出迎えた猫、ふと顔をあげたら…… 想定外の事態へのリアクションに「いいねを一万個ぐらいあげたい」
  8. /nl/articles/2402/25/news059.jpg 「吉本の給料上がらず」 山田花子、“リアルな台所事情”さらし共感の嵐 割引駆使する“ママの顔”に「親近感」「見切り品も買って偉い」
  9. /nl/articles/2402/24/news007.jpg “幻の錦鯉”を入手→開封して見てみると…… 素人目でも分かる“他の鯉とは明らかに違う”姿に「こんな鯉いるのかよ」
  10. /nl/articles/2402/25/news028.jpg 赤ちゃんの目の前で横になってみたら……? 思わぬ展開に「泣いていい?」「号泣」と780万いいね【海外】
先週の総合アクセスTOP10
  1. 8歳兄が0歳赤ちゃんを寝かしつけ→2年後の現在は…… 尊く涙が出そうな光景に「可愛すぎる兄妹」「本当に優しい」
  2. 犬が同じ場所で2年間、トイレをし続けた結果…… 笑っちゃうほど様変わりした光景が379万表示「そこだけボッ!ってw」
  3. 宿題する8歳娘と、邪魔しつづける猫を1年記録したら…… 490万再生の愛がつまったやりとりに「最強の名コンビ」
  4. 真田広之の俳優息子、母の手塚理美がエール「彼なりに頑張ってる」 両親ゆずりのルックスに「イケメン」「男前」の声
  5. 野生の鯉を稚魚から育て4年後、判明した事実に飼い主「僕は今まで何を…」 激変した姿に「爆笑してしまいました」
  6. 1歳妹を溺愛する18歳兄、しかし妹のひと言に表情が一変「ちがうなぁ!?」 ママも笑っちゃうオチに「かわいいし天才笑」「何度も見ちゃう」
  7. 食用でもらった車エビ、4歳息子に「育てたい」と懇願され…… 水槽で飼育した貴重な記録に「可愛い姿見せてくれてありがとう」
  8. 2歳娘とパパ、愛と平和しかないやりとりに「100億年分のストレスが消滅した」 涙が出るほど幸せな会話に称賛の声
  9. 3歳双子姉妹、17歳お姉ちゃんを修学旅行で見送ったら…… 寂しくて号泣する様子に「もらい泣きです」「愛されてますね」
  10. 1人遊びに夢中な0歳赤ちゃん、ママの視線に気付いた瞬間…… 100点満点のリアクションにキュン「かわいすぎて鼻血出そう!」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「天までとどけ」長女役、芸能界の「負の連鎖」訴え 主演俳優の“お誘い”拒否し「他の演者やスタッフからも無視」「本当の事なんか誰も話さない」
  2. 田代まさし、南部虎弾さん通夜で“一団”に絡まれる騒動へ……にらみ合いの末に「ちょっと来い」「止めろよお前」
  3. 妊娠中の英俳優、授賞式での“金太郎”ドレスが賛否両論 「半裸の妊婦なんて見てられない」「ホットなママ」
  4. 「変わんないもん俺のと」 所ジョージ、ホンダ軽を超速カスタムで高級外車と“まったく同じ”外見に 「朝から楽しいよ」「完璧!」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「意識もうろう」「何も食べられない」 すい臓がんステージ4の森永卓郎、痩せた顔出しで“最悪の時期”告白 息子は「『死ぬ』が冗談に聞こえなかった」
  7. 授業参観の度に「かっこいい」と言われた父親が10年後…… 「時間止まってる?」と驚愕の声がやまない父子の姿が870万再生
  8. 65歳マドンナ、ワールドツアー中のダンスが“おばあちゃん”だと視聴者衝撃 「もうやめなよ」「こんなふうに終わりを迎えるなんて」
  9. 人気ブロガー医師が4年の闘病の末に42歳で逝去 夫が伝える「素敵な女性がいたということを皆様の心に残していただければ」
  10. 能登半島地震により海底が“隆起”→すさまじい様子を収めた写真に「自然の脅威を感じる」