ゲーム作りの参考になる? 「えりかとさとるの夢冒険」ゲイムマンの「レトロゲームが大好きだ」(3/3 ページ)

» 2010年01月29日 10時08分 公開
[ゲイムマン,ITmedia]
前のページへ 1|2|3       

 第4章の舞台は、“オットリ市”と“ノウチ市”。海で南北に分けられたマップの形から考えても、モデルは鳥取と高知だろう(マップ上の位置関係は、むしろ岡山と高松っぽいが)。

 関東の横浜から、東海と近畿がすっ飛ばされて、いきなり中国・四国に移っている。もしかしたら3章と4章の間に、もう1、2章挟む予定だったのかもしれない。

 もっとも、このゲームが発売されたのは1988年9月で、瀬戸大橋の開通からわずか5か月後。中四国地方に注目が集まっている時期だった。4章のマップに瀬戸大橋は描かれていないが、オットリ駅とノウチ駅は電車で行き来できる。

 この章でも、泳いで海を渡ることが可能。小学生が瀬戸内海を泳いで渡るという非現実性が、「不思議な世界」の不思議さを表している(単に「不思議な世界」の地形が、現実の中四国よりうんと狭いだけという気もするが)。

 これまで、2人一緒じゃなければ起こらないイベントは多数あったが、この4章では、えりかだけ、あるいはさとるだけでないと発生しないイベントがいくつかある。そのぶん難度が高い。

高知駅は2008年に建て替えられ、ゲーム発売当時とはまったく外観が変わった
四国八十八か所を意識してか、4章にはウソップ寺、正直寺というお寺が出てくる
「アイドル八犬伝」の「君はホエホエ娘」より1年早い、もろ電波系な歌詞のアイドル歌謡

 4章のアイドルの歌もそうだが、ほのぼのとした世界観の中に、“マンダラ”とか“チャクラ”とか“オンアビラウンケン”とか、密教系の単語が頻繁に出てくるギャップもおもしろい。

 “ヒランヤ”というのも懐かしい。当時話題となったお守りで、六芒星、つまりダビデの星の形をしている。ピラミッドパワーを持つとうたわれ、タバコを置くとマイルドになるとか、植物を置くとよく育つとか、かみそりを置くとよく切れるようになるなどと言われていた。

 実はわたしも一時期ハマって、持ち歩いていたことがある。今では考えられないけれど、と学会の「トンデモ本の世界」を読むまでは、典型的な“ビリーバー”だったのだ。

 そもそも当時は、と学会自体がまだなかった。会長の山本弘氏はこの頃、ゲームブック作家として知られていた。特に、ゴブリンがどんどん強いモンスターに変身して、人間に復讐を果たす「モンスターの逆襲」が素晴らしかった。

 ……と書いたら、また山本弘氏が書いたゲームブックが読みたくなった。ニンテンドーDS用ソフトでいいから出してくれないかなあ。

ゲーム作りってやっぱり大変なんだにょ

 最後の第5章、舞台は“クマソ市”。熊本と阿蘇と、古事記に出てくる熊襲(クマソ)国を掛けたと思われる。アセ山という火山が出てくる。

 このクマソから、北側の海を渡ったり、電車に乗ったりすると、フジという駅に着く。近くにブジ山の樹海があるから、富士駅のことなんだろう。駅が“フジ”で山が“ブジ”だから、駅名の方が誤植と思われる。

 さらに、クマソの西側から海を渡ると神社に着くが、鳥居に“いきた”と書いてある。これは神戸の生田神社のことか? 3章から4章で東海と近畿をすっ飛ばした代わりに、ここでまとめて出したということだろうか。

熊本駅はゲーム発売当時から同じ駅舎だが、1991年にリフォームされた。九州新幹線の延伸で改築される予定
コンパスを手に入れるまで、樹海を歩いても何も起こらない。開発者の方は、樹海でコンパスが使えることをよく知っていたなあ
2人はここでさすがに疲れて寝てしまう。目覚めたときどんな目に遭うかも知らずに……

 フジの誤植もそうだが、この第5章にはもっと致命的な問題がある。ゲームがクリアできなくなるバグだ。

 この章で2人は荷物を盗まれ、時計台で取り返すのだが、その後もう1回時計台に行くと、所持品が一切使えなくなることがある。こうなると、最後の地下迷宮へ入るときに必要なアイテムが使えず、クリア不可能となってしまうのだ。

 あと、終盤にツボから出てきた「生き神様」が、いったい何なのか最後まで分からなかった。出てきた途端、このゲームの大ボス的存在である、ハライソ団のボスが屈伏するくらいの重要キャラ(アイテム?)なのだが。

 ともあれ、えりかとさとるは、ブジの樹海から地下迷宮に入り、妖精に会って“時の冠”を手に入れる。そして元の世界で目を覚ます。「不思議な世界」は夢だったのか? 夢でないとすれば何だったのか? あえてはっきりさせないままゲームは終わる。

ここが問題の時計台。1回落とし穴に落ち、裏口から入り直して荷物を取ると、再度来たときにまた荷物が置いてある
ストーンサークルの周りを、四獣の石像(たぶん青龍、朱雀、白虎、玄武)が護っている。真ん中でアイテムを使えば、最後の迷宮への入口が開く
最後は家族みんなが集まって、ほのぼのとしたハッピーエンド。しかし……

 実は近年になって、このゲームに隠しメッセージが発見されたらしい。開発スタッフの本音を読むことができるという。

 実際にメッセージを出して、読んでみた。

 ……なんか、ゲーム作りって、大変なんだなあと感じた。

 こういうのを読むと、最初に挙げた某Aとか某Bとかを責めるのがためらわれる。

 わたしもゲームを作りたいと思っていたけど、趣味にとどめておいたほうが良さそうだ。無理せずに、NScripterか何かを使って簡単なアドベンチャーゲームを作り、タダで配信することから始めよう。

前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2406/18/news026.jpg 赤ちゃんがベッドから落ちた!?→あわてて行ったママが見たものは…… “うそだろ?”な衝撃寝相に「面白過ぎるやめてww」
  2. /nl/articles/2406/18/news167.jpg 人気グラドル、合成なしでヨルさんキックを完璧再現 「エナコ・フォージャー良き」「そこまで脚が上がるのがすごい」
  3. /nl/articles/2406/17/news153.jpg 数学科が切った“大小バラバラ”なピザ→わかる人にはわかる「有名定理」の再現に反響 「全然わからん!!」「声出して笑ったw」
  4. /nl/articles/2406/16/news013.jpg 【今日の計算】「8−8÷8+8」を計算せよ
  5. /nl/articles/2406/17/news029.jpg 超ロングくせ毛の小学5年生が、人生初ヘアカットをしたら…… “まるで女優さん”な激変に「めっちゃかわいい」「ストレートもウェーブもできるなんて」
  6. /nl/articles/2406/18/news009.jpg イギリスから来た両親が、初めて孫と対面して…… 感動と幸せいっぱいのリアクションに「泣いちゃいました」「最高の言葉ばかり」
  7. /nl/articles/2406/18/news108.jpg 人生正直諦めた……竹原慎二、「死を覚悟の大病」から10年で“2000万円の高級外車”を購入 10台以上乗り換えも「1番気に入ってるね」
  8. /nl/articles/2406/18/news012.jpg ママとまだ遊んでいたい赤ちゃん→必死で眠気と戦うが…… 眠りに落ちていく姿に「ママの手の魔法にはかなわない」
  9. /nl/articles/2406/18/news145.jpg 「気になるw」 大谷翔平、新ユニフォーム披露も…… “まさかの箇所”に注目集まる「全然気付かなかった」
  10. /nl/articles/2406/18/news052.jpg 「くそっ。こんなので」「ゲラゲラ笑ってる」 風情がなさすぎる“カスの枕草子”が目撃され話題に
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「最初から最後まで全ての瞬間がアウト」 Mrs. GREEN APPLE、コカ・コーラとのタイアップ曲に物議 「誰かこれを止める人いなかったのか」
  2. 「値段を三度見くらいした」 ハードオフに38万5000円で売っていた“予想外の商品”に思わず目を疑う
  3. 「え?」 “ごみだらけの道”を掃除したら…… あらわになった“まさかの正体”に世界中が驚き 「信じられない」【海外】
  4. 185センチ木村沙織、生放送で櫻坂46メンバーの横に立つと……朝8時51分に驚きの光景 「あれ? 子供が混じってる?」「親子すぎる」
  5. 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  6. 【今日の計算】「8−8÷8+8」を計算せよ
  7. フジ「アンメット」、池脇千鶴のサプライス姿が激変しすぎて“最も衝撃” イメージ覆す“肉づきたるみ顔”に「わからんかった」「びっくりして夜中に声出た」
  8. 「これどうやって使うの?」→「考えた人マジ天才」 セリア新商品の便利な使い方に「これ100円でいいんですか!?」
  9. 「この子はきっと豆柴サイズ」と言われた子柴犬、4年たつと…… 衝撃のビフォーアフターに「愛情詰まりすぎてw」「爆笑しました」の声
  10. 飼い主のことが好きすぎる超大型犬、最後は勢い余って…… 直視できないレベルの一撃に「何回見ても笑っちゃう」「襲われてる人がいます!!」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「今までなんで使わなかったのか」 ワークマンの「アルミ帽子」が暑さ対策に最強だった 「めっちゃ涼しー」
  2. 「現場を知らなすぎ」 政府広報が投稿「令和の給食」写真に批判続出…… 識者が指摘した“学校給食の問題点”
  3. 市役所で手続き中、急に笑い出した職員→何かと思って横を見たら…… 同情せざるを得ない衝撃の光景に「私でも笑ってしまう」「こんなん見たら仕事できない」
  4. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「二度と酒飲まん」 酔った勢いで通販で購入 → 後日届いた“予想外”の商品に「これ売ってるんだwww」
  7. 幼稚園の「名札」を社会人が大量購入→その理由は…… 斜め上のキュートな活用術に「超ナイスアイデア」「こういうの大好きだ!」
  8. 釣れたキジハタを1年飼ってみると…… 飼い主も驚きの姿に「もはや、魚じゃない」「もう家族やね」と反響
  9. JR東のネット銀行「JRE BANK」、申し込み殺到でメール遅延、初日分の申込受付を終了
  10. サーティワンが“よくばりフェス”の「カップの品切れ」謝罪…… 連日大人気で「予想を大幅に上回る販売」