ニュース
» 2010年01月29日 17時20分 公開

恒例のマジコン対策、「ドラゴンクエストVI」にもやっぱり搭載されていました日々是遊戯

1月28日に発売された「ドラゴンクエストVI 幻の大地」ですが、ネット上ではその「マジコン対策」の内容に注目が集まっています。

[池谷勇人,ITmedia]

マジコンユーザーとの戦いは続く……

 1月28日に発売となった、スクウェア・エニックスのニンテンドーDS用ソフト「ドラゴンクエストVI 幻の大地」。原作にあたるスーパーファミコン版の発売から数えて、実に14年越しとなる「初リメイク」として話題を集めている本作ですが、一部ではその「マジコン対策」の内容にも注目が集まっているようです。

 ブログや掲示板の情報によると、今回の「ドラゴンクエストVI」にもやはりマジコン対策は施されており、マジコンを使って起動した場合、物語冒頭のあるシーンから先に進めず、パーティメンバーが焚き火を囲んで語り合う最初のシーンにまた戻されてしまうとのこと。一部ではすでに「焚き火ループ」という呼び名が浸透していたりもするそうです。

 「ドラクエ」シリーズにおけるマジコン対策は、「ドラゴンクエストV 天空の花嫁」で施されたのが最初。このときは多くのマジコンユーザーから「オープニングで船がいつまで経っても港に着かない」という悲鳴が次々と上がり、きちんと購入して遊んでいるユーザーからは「スクエニよくやった!!」と快哉が叫ばれたものでした。同様に、昨年発売された「ドラゴンクエストIX 星空の守り人」でもやはり、マジコンで遊ぶと「オープニングのイザヤールが驚くシーンでホワイトアウトし、そのままフリーズしてしまう」という対策(通称:太陽拳)が施されており話題を集めました。今回の「焚き火ループ」もおそらく、スクウェア・エニックス対マジコンユーザーの戦いの1ページとして、今後永く語り継がれていくことになるのではないでしょうか。

 マジコンが抱える問題についてはこれまでにも何度か触れてきましたが、コピーやダウンロードなど不正な手段で手に入れたゲームソフトを遊ぶことは当然ながら違法。また2010年1月からは著作権法の改正により、映像や音楽などを含む著作物についてはダウンロードするだけでも違法となっていますので、くれぐれもゲームソフトで遊ぶ際には、正規の手段で、お金を払ってプレイするようにしてください。


(C)2010 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/ARTEPIAZZA/SQUARE ENIX All Rights Reserved.
※画面はすべて開発中のものです。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2106/14/news065.jpg 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. /nl/articles/2106/14/news048.jpg 大好きなお父さんが帰宅すると、猫が駆け寄って…… 寄り添って甘える猫ちゃんのお出迎えがうらやましい
  3. /nl/articles/2106/14/news051.jpg 日本マクドナルド50周年で歴代人気バーガー3種が復活! 「ジューシーチキン 赤とうがらし」「テキサスバーガー2021」「トリチ」
  4. /nl/articles/2106/15/news015.jpg 留守番中の愛犬を、ペットカメラで見てみたら…… ヨガをしながらこちらをチラッと見るワンコに飼い主驚き
  5. /nl/articles/2106/14/news129.jpg 【そんなことある?】最強の研究会で飛び出した「素人質問で恐縮ですが〜」を上回る恐怖のパワーワード 「その理論をつくったのは私なのですが〜」
  6. /nl/articles/2106/14/news117.jpg 上原浩治の容姿に言及したコラム記事 批判受け掲載元が一部削除、謝罪へ
  7. /nl/articles/2106/13/news025.jpg アントニオ猪木、腸の病気で再入院も“闘魂”消えず 「本当に強い人」「復活劇の始まり」と不屈の姿に反響
  8. /nl/articles/2106/15/news035.jpg イスラム教のお宅で作法を知らずにお祈りを…… 「宗教より気持ち」と受け入れてくれた漫画に心が温かくなる
  9. /nl/articles/2106/14/news020.jpg ニワトリ「コケェー!!」子猫「ギャーッ!!」 強気で追いかけまわすニワトリと子猫の関係性が面白い
  10. /nl/articles/2106/14/news128.jpg いま劇場でもっとも輝いている“衝撃作” 「劇場版 少女☆歌劇 レヴュースタァライト」レヴュー

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10