ニュース
» 2010年01月29日 20時33分 公開

あのエキサイトバイクが昔の雰囲気を残したままかっこよくなって帰ってきた――「エキサイトバイク ワールドレース」

ファミコンで発売された横スクロールの「エキサイトバイク」に、甘酸っぱい懐かしさを覚える方に朗報です。

[ITmedia]

世界中のコースを舞台に、最速タイムを目指す

 任天堂は、ターボ、ジャンプ、着地、ウィリー、レーンチェンジ、と様々なテクニックを駆使しながら最速タイムに挑戦する「エキサイトバイク」が、「エキサイトバイク ワールドレース」となってWiiウェアに登場する。十字ボタンと2つのボタンのシンプルな操作系は昔のまま。世界各地に設置された16のコースが舞台に、白熱するバイクレースが展開する。もちろん、自分だけのコースを作って楽しむことだって可能。Wi-Fiを通じて、友だちや、見知らぬライバルと対戦することもできる。


世界のコースを爆走

1人用の「エキサイトレース」では、世界各地のコースをめぐり、すべてのコースでSグレードを取ることを目指す。

4つのカップが存在する「エキサイトレース」
コースは世界各地に点在
様々な景色の中でレースを楽しめる

ゴールすると、 タイムに応じてグレードが付与される
色々な角度からリプレイを見ることも

自分だけのコースを作る

 「コースエディット」では、様々なパーツを組み合わせ、世界に1つだけのオリジナルコースを作成することができる。作ったコースをWiiフレンドに送信して、シェアすることも可能だ。

地形やジャンプ台などを組み合わせ、 オリジナルのコースを作成
Wiiフレンドにコースを送信。 自分のベストタイムが付くので、 挑戦状にもなる

Wiiリモコンを横持ちで操作

 本作は、Wiiリモコンを横持ちし、十字ボタンと2つのボタンで操作する。 操作方法には、バイクの傾きを、Wiiリモコンを左右に傾けて操作する「ノーマル操作」と、1984年のファミコンソフト「エキサイトバイク」と同様 に、バイクの傾きを十字ボタンの左右で操作する「ファミコン操作」の2種類。なお、レース中の視点も、斜め視点とファミコン風の横視点に切り替えることができる。ファミコン世代は感動すること請け合い!

地形を変化させる新アイテム

 新要素として、コース中にある「トリガーアイテム」を取れば、ジャンプ台が出現したり地形が変化する。活用すればタイム短縮につながるかも?

黄色いトリガーアイテムを取ると……
地面が隆起して、斜面に変化

Wi-Fiで4人対戦も可能

 ニンテンドーWi-Fiコネクションに接続すれば、世界中のプレイヤーと最大4人で対戦プレイすることができる。フレンドコードを交換していない相手とでも、マッチングが可能だ。

「だれかとレース」を選べば、 見知らぬ対戦相手と競える
4人までの多人数対戦

「エキサイトバイク ワールドレース」
対応機種Wii(Wiiウェア)
ジャンルバイクレース
サービス開始予定2010年2月2日
Wiiポイント1000P
プレイ人数1人(Wi-Fi対戦時:2〜4人)
CEROA(全年齢対象)
(C)2009-2010 Nintendo ・特記事項 ニンテンドーWi-Fiコネクション対応


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」