ニュース
» 2010年02月01日 16時46分 公開

日々是遊戯:ゲームデザイナー・桝田省治氏がTwitterで「俺屍2」の構想をつぶやき中

マーズの代表取締役社長であり、ゲームデザイナーの桝田省治氏がTwitterを開始し、話題となっています。

[池谷勇人,ITmedia]

個人的には「リンダキューブ」も大好きです

 「リンダキューブ」や「俺の屍を越えてゆけ」などの産みの親として知られる、ゲームデザイナーの桝田省治氏が最近になってTwitterを開始し、ファンの間で話題となっています。

 桝田氏と言えば、ひとクセもふたクセもある物語・世界観や、奥の深い練り込まれたゲームシステムなどが持ち味。決して万人向けではないのですが、その独特の作風にハマる熱狂的ファンも多く、開始から3日ほどでフォロワー数は2000人近くにまで増加しました。


 特に桝田氏のツイートで面白いのが、書き込みの中で「俺屍(俺の屍を越えてゆけ)2」の企画案をつぶやいている点。桝田氏によれば「あくまで企画書をまとめるためのイメージスケッチみたいなもの」であって、「制作が決まったわけじゃない」そうですが、一連のつぶやきを読んでいるだけで「早く遊んでみたい!」と体がウズウズしてくるあたり、Twitterでもいつもの桝田節は健在と言えそうです。

 「俺の屍を越えてゆけ」は1999年にプレイステーションで発売されたRPGで、「短命の呪い」と「種絶の呪い」をかけられた一族が、神々と交わりながら種を強化していき、仇敵・朱点童子の打倒を目指すというもの。現在はゲームアーカイブスでも配信されていますが、一時はダウンロードランキングの1位に輝くなど、桝田氏の作品の中でも特に評価が高い名作として知られています。

 一連のつぶやきによれば、「俺屍2」では東北が舞台となり、プレイヤーは逆賊として朝廷から追われる立場になるとのこと。そのほかにも「拠点となる町が複数存在し、投資により成長」、「ただし戦闘や災害によって被害を受ければ投資が無駄になることも」、「世代を超えて継承可能なオリジナル武器が作成可能」、「ただしその武器を装備して敗北すると、一定確率で次世代が呪われる」――などなど様々なアイデアが公開されており、「俺屍」ファンにとってはかなり興味深い内容となっています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. Excel上で「ドラクエ3」を再現した勇者に「最大の変態」「控えめに言って天才」と称賛 一体どうやって?
  3. 「降板を言い渡されて……」 小林麻耶、「グッとラック!」でのいじめを“笑顔”で主張 事務所とも突然の契約終了
  4. オンラインクレーンゲーム「トレバ」、景品獲得されそうになると“スタッフが裏操作”していたと発覚 被害者と運営会社を取材
  5. 加藤紗里、カフェ店員の前でパンケーキをたたきつぶす 衝撃動画に「これは笑えない」「何がしたいのか分からない」
  6. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  7. 「落選が内定」と開き直る金爆に「不甲斐ない」とAKB、謝罪する演歌歌手も 紅白出場逃した歌手の嘆き
  8. タイツメーカーのアツギ、「タイツの日」PRイラストで炎上 絵師25人以上とコラボ 「性的搾取」など関連ワードがTwitterトレンド席巻
  9. 「とうとうその日が来た」 AKB48、紅白落選で衝撃 メンバーは“言い訳のできない現実”を受け止める
  10. Koki,&cocomi、若かりし父・木村拓哉とのラブラブショットで48歳バースデーを祝福 「いつまでもカッコイイ父上でいてください」