ニュース
» 2010年02月02日 17時06分 公開

すぐにけせ すぐにけせ すぐにけせ……「真・女神転生」の怖すぎるウワサは本当だった?日々是遊戯

「真・女神転生」の間ではわりと有名な「怖いウワサ」をご存知ですか? そのシーンを実際に再現、録画した動画が「ニコニコ動画」で話題となっています。

[池谷勇人,ITmedia]

絶対に夜、一人では見ないでください

 日常と非日常の狭間を描いた独特の世界観や、悪魔合体・悪魔会話といったユニークなゲームシステムで人気の「真・女神転生」シリーズ。そんな「真・女神転生」にまつわる、ちょっと怖いウワサをご存知でしょうか?

 ウワサの出所は、2ちゃんねるのレトロゲーム板から。ある人が昔、「真・女神転生」(初代)を遊ぼうと思ってスーパーファミコンの電源を入れたところ、いつもは流れるはずのオープニング画面がその日はなぜか出てこない。「接触不良かな?」と不思議に思っていると突然、次の瞬間、画面いっぱいに真っ赤な文字で、

すぐにけせ すぐにけせ すぐにけせ すぐにけせ すぐにけせ
すぐにけせ すぐにけせ すぐにけせ すぐにけせ すぐにけせ
すぐにけせ すぐにけせ すぐにけせ すぐにけせ すぐにけせ
すぐにけせ すぐにけせ すぐにけせ すぐにけせ すぐにけせ
すぐにけせ すぐにけせ すぐにけせ すぐにけせ すぐにけせ

と表示されたのだとか……。ちょっ、そ、それはいくらなんでも怖すぎる!!

 果たしてこれは本当だったのでしょうか? シリーズファンの間ではたびたび話題にのぼるほど有名な話ですが、その真偽についてはいまだ不明なまま。ところが最近になってついに、このシーンを実際に再現・録画してしまった動画が「ニコニコ動画」に投稿され話題となっています(※)。

 投稿者の説明によると、再現方法はごくシンプルで「“当たり”を引くまでひたすら電源のオン・オフを繰り返す」のみ。本当にそれで再現できるのか、ウワサは真実だったのか……結果はぜひ、実際に動画でご覧下さい。勇気のある方は、部屋の電気を消して、ヘッドフォンのボリュームを上げて再生してみることをおすすめします……。

 ちなみにこのウワサにはちょっとしたオマケもあって、開発者と名乗る人物がその後、掲示板に現れてウワサの真相を告白していたりします。

 それによると、このイタズラを仕込んだのは自分ともうひとりのプログラマーで、「真・女神転生」というタイトルにふさわしい隠し要素を――とメインプログラマーにも秘密でこっそり入れておいたのだそう。また当初は256分の1の確率で発生するはずだったものの、それではすぐに見つかってしまうだろう、ということで最終的には65536分の1に変更。しかしそれでも、初期ロットが出た後すぐに発見され、修正されてしまったのだそうです。

 書き込んだのが本当に開発者だったのか、書き込みの内容が真実なのかどうかは定かではありませんが、上記動画と合わせて考えると、ひととおりの筋は通っているように思えます。自分がもし「アタリ」を引いてしまったらと考えるとゾッとしますが、たまにはこういうイタズラがあってもいいかもしれません。

こちらが普通のオープニング。ちなみに「普通」の方もかなり怖いです
そしてこちらが問題のシーン (※あまりに怖すぎたのでモザイクをかけました)

※あくまでも再現であり、実際のゲーム画面とは異なるものになります。
(C)1992 ATLUS


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「くたばれ」「消えろ」 卓球・水谷隼、SNSに届いた中傷DM公開&警告「然るべき措置を取ります」
  2. 「貴さん憲さんごめん。いや、ありがとう」 渡辺満里奈、とんねるずとの“仮面ノリダー”思い出ショットが大反響
  3. 怖い話を持ち寄って涼もう→「オタバレ」「リボ払い」 何かがズレてる怪談漫画がそれはそれで恐ろしい
  4. おにぎりパッケージに四苦八苦していた五輪レポーター「日本の素晴らしい人々に感謝」 大量アドバイスで見事攻略
  5. 「助けてください」 来日五輪レポーター、おにぎりパッケージに四苦八苦 海外メディアにコンビニが大人気
  6. 「うちの子に着せたい」の声殺到 五輪会場で編み物をしていた英金メダリスト、作っていたのは「ワンちゃんの服」
  7. 五輪飛び込み金メダリスト、“手作りメダルポーチ”披露 英国と日本にちなんだデザインが「これまた金メダル級」と反響
  8. 武井壮、行方不明だった闘病中の父親を発見 「電気ついてるのに鍵閉まってて……」本人は自宅外で休憩
  9. 「涙が止まらない」「やっと一区切り」 東原亜希、夫・井上康生の監督退任で“17年分の思い”あふれる
  10. 水谷隼スタッフが一部マスコミの“行き過ぎた取材”に警告 住民を脅かすアポなし行為に「しかるべき措置を検討」

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「竜とそばかすの姫」レビュー 危険すぎるメッセージと脚本の致命的な欠陥
  2. 笠井アナ、日比谷公園で「信じられないことが…」 サンドイッチを狙う集団に「何? えーっ! まさか、それはないでしょ!」
  3. 62歳の宮崎美子、マクドナルドCMで初々しい中学生少女を見事に演じる 「暖かい目でぜひ見てください」
  4. 瀕死のスズメのヒナを助けたのに…… 「助けたヒナたちに完全にナメられた」動画がほほえましくて面白い
  5. ハート打ち抜かれました! コロンビアのアーチェリー女子選手が「かわいい」「エルフ」と注目の的に
  6. 散歩中のラブラドール、助けを求める子猫を発見→保護 親子のような仲むつまじいふたりに涙が出る
  7. 宮迫博之、美容整形から2週間のビフォーアフター公開 手術直後の腫れ&炎症だらけな顔に「暴漢に遭ったんかって」
  8. 上野樹里、“娘”の誕生日に愛情たっぷり手作りオムライス公開 「がんばろうね ママより」と祝福メッセージ
  9. 出勤時、妻にいつになく強く抱きしめられた夫→妻が家に帰ってくると…… 何気ない日常を描いた漫画にツッコミつつもジーンとする
  10. 「本人にしか見えない」「めっちゃ似てる」 霜降り明星せいや、オリンピック開会式に“ガチのそっくりさん”を発見する