ニュース
» 2010年02月04日 18時39分 公開

それぞれの物語、幻闘編のシンとトキの場合――「北斗無双」

コーエーより3月25日に発売されるPS3/Xbox 360「北斗無双」の幻闘編を紹介。ジュウザやフドウなど、南斗五車星も登場。

[ITmedia]

 3月25日に発売予定のプレイステーション 3/Xbox 360用ソフト「北斗無双」。今回はケンシロウではなく、幻闘編としてシンとトキのあらすじを紹介する。ちなみに、初回同梱ダウンロードコンテンツが「ケンシロウ 原作コミック・コスチューム」ダウンロードシリアルに決定している。

南斗獄屠拳(なんとごくとけん)
使い手はシン。跳躍し相手とすれ違いざまに四肢の腱を一気に断つ。シンのこの技により動きを封じられたケンシロウは胸に七つの傷を刻まれてしまう
南斗千刺貫手(なんとせんしかんしゅ)
使い手は、シン。北斗無双オリジナル奥義: 前方の敵を目にも留まらぬ速さで連続して突く
北斗有情拳(ほくとうじょうけん)
使い手:トキ。敵に苦痛を与えず、死ぬ間際に天国すら感じさせてしまうという、トキが得意とする北斗神拳の技の総称

幻闘編

「シン」

 シンはユリアを失い、サザンクロスで再びユリアの許に立つ事を考えていた。しかし、ラオウの圧倒的な強さからユリアを守る力はない。ケンシロウの成長度合いを知ったシンに湧き上がる闘志。力がほしい。ラオウにもケンシロウにも負けぬ、ユリアを守り通す力が。そう考えるシンであった。

 力を得ることに悩むシンはユリアの所在を嗅ぎ回っている連中がいるとの報告を受け、シンが自ら出向く1面。そこには、ケンシロウのためにユリアを探すマミヤと、それを助けるジュウザがいた。マミヤ、ジュウザと戦い、難なく勝利を収めたシン。ユリアの願いが「乱世を終わらせ、争いのない平和な世界にする」ということだと聞かされるシン。

 ラオウに匹敵する力を欲するシンはサウザーの力を奪うことで、強い軍団を作ろうと考える。シンは激闘の末に牙大王を撃破すると、シュウのレジスタンスと聖帝軍はともにジードも撃破する。この力こそがユリアへの思いを実現する方法なのだと確信するシンが描かれるのが2面となる。




トキ

 カサンドラに幽閉され、瞑想を続けるトキ。余命いくばくもない重病人が集まった、見捨てられた村でトキは北斗神拳による医療活動を行い、人々から人望を集めていた。

 1面のトキは、拳王支配下の村で医療活動を行っている。そこに、アミバが野盗の大群を率いて村へと侵攻してくる。ラオウとトキは、村人達を守ろうと敵へと向かっていくのだが、トキは村への侵攻を許してしまう。そのとき、村の危機を知ったリュウガが援軍にかけつけ、トキの窮地を救う。トキとともに覇を唱えたいというラオウの真意を理解したリュウガは、トキの手助けをするために、同行するのだった。


ジュウザ(変幻自在の雲)

 南斗五車星一星「雲」の男。ユリアの異母兄で「我流の拳」の使い手。かつて拳の才能はラオウとトキに匹敵していた。 我流の拳と称する自由奔放の拳を駆使し、五車星最強の実力を持つ。当初ラオウの野望を食い止めんとする、南斗五車星としての務めにはまったく係わろうとしなかった。しかし、南斗六聖拳・最後の将の正体を知り、死を賭してラオウに挑む。


フドウ(山の闘士)

 南斗五車星の一星「山」の男。かつては親を知らず人の命の重さも知らずに育ったが故に、人の命を虫ケラとしか思わず、修行時代のラオウも恐怖を覚えたという「鬼のフドウ」、「悪鬼のフドウ」と呼ばれた暴虐の徒であった。しかし、幼い頃のユリアとの出会いで、彼女の持つ「慈母の星」の光に触れ、命の重さを知る。その後は武具を封印し、万民に愛される善人へと改心して五車星の一員となる。また、多くの孤児たちを養子として引き取っている。


 五車兵

 南斗正統血統のユリアを守護する海・山・雲・炎・風の五星によって、構成されている南斗五車星の兵。


「北斗無双」
対応機種プレイステーション 3/Xbox 360
ジャンルアクション
発売予定日2010年3月25日
価格(税込)8190円(TREASURE BOX:1万3440円)
プレイ人数1〜2人
CEROD

関連キーワード

北斗無双 | Xbox 360 | PS3 | 原作 | コーエー


(C)武論尊・原哲夫/NSP 1983 版権許諾証KOI-001
(C)2010 KOEI Co., Ltd.All rights reserved.
※画面は開発中のものです。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「くたばれ」「消えろ」 卓球・水谷隼、SNSに届いた中傷DM公開&警告「然るべき措置を取ります」
  2. 「貴さん憲さんごめん。いや、ありがとう」 渡辺満里奈、とんねるずとの“仮面ノリダー”思い出ショットが大反響
  3. 怖い話を持ち寄って涼もう→「オタバレ」「リボ払い」 何かがズレてる怪談漫画がそれはそれで恐ろしい
  4. おにぎりパッケージに四苦八苦していた五輪レポーター「日本の素晴らしい人々に感謝」 大量アドバイスで見事攻略
  5. 「助けてください」 来日五輪レポーター、おにぎりパッケージに四苦八苦 海外メディアにコンビニが大人気
  6. 「うちの子に着せたい」の声殺到 五輪会場で編み物をしていた英金メダリスト、作っていたのは「ワンちゃんの服」
  7. 五輪飛び込み金メダリスト、“手作りメダルポーチ”披露 英国と日本にちなんだデザインが「これまた金メダル級」と反響
  8. 武井壮、行方不明だった闘病中の父親を発見 「電気ついてるのに鍵閉まってて……」本人は自宅外で休憩
  9. 「涙が止まらない」「やっと一区切り」 東原亜希、夫・井上康生の監督退任で“17年分の思い”あふれる
  10. 水谷隼スタッフが一部マスコミの“行き過ぎた取材”に警告 住民を脅かすアポなし行為に「しかるべき措置を検討」

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「竜とそばかすの姫」レビュー 危険すぎるメッセージと脚本の致命的な欠陥
  2. 笠井アナ、日比谷公園で「信じられないことが…」 サンドイッチを狙う集団に「何? えーっ! まさか、それはないでしょ!」
  3. 62歳の宮崎美子、マクドナルドCMで初々しい中学生少女を見事に演じる 「暖かい目でぜひ見てください」
  4. 瀕死のスズメのヒナを助けたのに…… 「助けたヒナたちに完全にナメられた」動画がほほえましくて面白い
  5. ハート打ち抜かれました! コロンビアのアーチェリー女子選手が「かわいい」「エルフ」と注目の的に
  6. 散歩中のラブラドール、助けを求める子猫を発見→保護 親子のような仲むつまじいふたりに涙が出る
  7. 宮迫博之、美容整形から2週間のビフォーアフター公開 手術直後の腫れ&炎症だらけな顔に「暴漢に遭ったんかって」
  8. 上野樹里、“娘”の誕生日に愛情たっぷり手作りオムライス公開 「がんばろうね ママより」と祝福メッセージ
  9. 出勤時、妻にいつになく強く抱きしめられた夫→妻が家に帰ってくると…… 何気ない日常を描いた漫画にツッコミつつもジーンとする
  10. 「本人にしか見えない」「めっちゃ似てる」 霜降り明星せいや、オリンピック開会式に“ガチのそっくりさん”を発見する