ニュース
» 2010年02月09日 21時03分 公開

すぎやま先生がルイーダの酒場に来た! 「ドラクエIX」で序曲が変わったのは「新しいシリーズのはじまりだから」日々是遊戯

六本木にオープンした、「ドラゴンクエスト」シリーズのオフィシャルバー「ルイーダの酒場」。その2階にて、作曲家・すぎやまこういち先生を迎えた「交響組曲 ドラゴンクエストIX 星空の守り人」の発売記念イベントが行われました。

[池谷勇人,ITmedia]

当然、「ドラクエIX」は全員レベル99だそうです

シリーズの楽曲を手がける、おなじみ作曲家のすぎやまこういち先生

 「ドラゴンクエスト」シリーズの音楽を毎回手がけている、作曲家のすぎやまこういち先生によると、「ドラクエIX」で「序曲」のイントロが一新された理由は「新しいシリーズのはじまりだから」だそうです。

 2月10日に発売となる「交響組曲 ドラゴンクエストIX 星空の守り人」の発売を記念して、キングレコードは2月9日、六本木のレストラン「バハマール」(ルイーダの酒場の2階)にて、すぎやまこういち先生をゲストに迎えた試聴会を開催しました。上記コメントは、そこですぎやま先生の口から実際に語られたもの。

 何を今さら! と言われるかもしれませんが、実は「ドラクエIX」では「序曲」のイントロ部分が久々に変わっていたのに気付きましたか? 「ドラクエ」シリーズの代名詞としておなじみの「序曲」ですが、イントロ部分に手が加えられたのは「ドラクエIV」以来実に19年ぶりのこととなります。

 これについてすぎやま先生は、「『ドラクエIV』の時には堀井さん(堀井雄二さん)から、ロト三部作が終わって新しいシリーズがはじまるからイントロも新しくしてほしいと言われたんです」と説明。今回も同じように堀井さんから「『ドラクエIX』からはまた新しいシリーズがはじまるから」ということで、イントロを一新するようお願いされたのだそうです。Wi-Fiマルチプレイをはじめ、クリア後のやり込み要素やすれ違い通信など、これまでのシリーズにない要素を数多く盛り込んだ「ドラクエIX」ですが、「序曲」ですでに節目の作品となることが語られていたわけですね。ソフトが手元にある人は、あらためて「ドラクエIII」までの「ロト三部作」バージョンと、「ドラクエIV」以降の「天空シリーズ」バージョン、そして最新作である「ドラクエIX」バージョンと、3種類のイントロを聞き比べてみても面白いかもしれません。


途中、4月発売予定の最新作「ドラゴンクエストモンスターズ ジョーカー2」の序盤についてうっかり口を滑らせしまい、「いまの忘れて……」と苦笑いする場面も

 またすぎやま先生と言えば、毎回自分が関わった作品はきっちり遊ぶ「やり込み派」としても有名ですが、「ドラクエIX」については現在プレイ時間170時間ほどで、レベルは当然のように「全員99」だそう。また先日発売されたばかりのDS版「ドラクエVI」についても聞かれると、「やってますとも! 当然です」と嬉しそうに発言。「けっこう忘れてるもので、新しいゲームをやるような感じで楽しんでます。『ドラクエIX』はあがる(クリアする)まではスーッと行けて、その後のやり込みが長かったんだけど、『ドラクエVI』はあがるまでの道のりが長くて面白いよね」などとノリノリで回答してくれたのでした。さ、さすがですすぎやま先生……。

 また気になる最新作「ドラクエX」の制作状況については、「実はまだスタートしていません」と正直に告白。まだ正式に作曲をお願いされてもいないのだそうで、「もしかしたらボクにやらせてくれない可能性だってあるからね(笑)」などと発言し、広報さんにあわてて「そんなことないですよ!」とツッコまれる一幕も。とりあえず「ドラクエX」でも引き続きすぎやま先生の曲を楽しめそうで、まずは一安心といったところでしょうか。

 なお今回発売される「交響組曲 ドラゴンクエストIX 星空の守り人」は、キングレコードより2月10日に発売予定、価格は3000円(税込)となっています。おなじみ東京都交響楽団による壮大なオーケストラサウンドで、「ドラクエIX」の楽曲を思う存分楽しめる本アルバム、興味のある方はぜひチェックしてみてください。

会場に訪れたファンと握手を交わすすぎやま先生。イベントは終始なごやかな雰囲気で進んでいきました
イベント会場はあの「ルイーダの酒場」の2階。取材が終わって帰ろうとすると、すでに入店待ちの人が外に大勢並んでいました

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「くたばれ」「消えろ」 卓球・水谷隼、SNSに届いた中傷DM公開&警告「然るべき措置を取ります」
  2. 「貴さん憲さんごめん。いや、ありがとう」 渡辺満里奈、とんねるずとの“仮面ノリダー”思い出ショットが大反響
  3. 怖い話を持ち寄って涼もう→「オタバレ」「リボ払い」 何かがズレてる怪談漫画がそれはそれで恐ろしい
  4. おにぎりパッケージに四苦八苦していた五輪レポーター「日本の素晴らしい人々に感謝」 大量アドバイスで見事攻略
  5. 「助けてください」 来日五輪レポーター、おにぎりパッケージに四苦八苦 海外メディアにコンビニが大人気
  6. 「うちの子に着せたい」の声殺到 五輪会場で編み物をしていた英金メダリスト、作っていたのは「ワンちゃんの服」
  7. 五輪飛び込み金メダリスト、“手作りメダルポーチ”披露 英国と日本にちなんだデザインが「これまた金メダル級」と反響
  8. 武井壮、行方不明だった闘病中の父親を発見 「電気ついてるのに鍵閉まってて……」本人は自宅外で休憩
  9. 「涙が止まらない」「やっと一区切り」 東原亜希、夫・井上康生の監督退任で“17年分の思い”あふれる
  10. 水谷隼スタッフが一部マスコミの“行き過ぎた取材”に警告 住民を脅かすアポなし行為に「しかるべき措置を検討」

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「竜とそばかすの姫」レビュー 危険すぎるメッセージと脚本の致命的な欠陥
  2. 笠井アナ、日比谷公園で「信じられないことが…」 サンドイッチを狙う集団に「何? えーっ! まさか、それはないでしょ!」
  3. 62歳の宮崎美子、マクドナルドCMで初々しい中学生少女を見事に演じる 「暖かい目でぜひ見てください」
  4. 瀕死のスズメのヒナを助けたのに…… 「助けたヒナたちに完全にナメられた」動画がほほえましくて面白い
  5. ハート打ち抜かれました! コロンビアのアーチェリー女子選手が「かわいい」「エルフ」と注目の的に
  6. 散歩中のラブラドール、助けを求める子猫を発見→保護 親子のような仲むつまじいふたりに涙が出る
  7. 宮迫博之、美容整形から2週間のビフォーアフター公開 手術直後の腫れ&炎症だらけな顔に「暴漢に遭ったんかって」
  8. 上野樹里、“娘”の誕生日に愛情たっぷり手作りオムライス公開 「がんばろうね ママより」と祝福メッセージ
  9. 出勤時、妻にいつになく強く抱きしめられた夫→妻が家に帰ってくると…… 何気ない日常を描いた漫画にツッコミつつもジーンとする
  10. 「本人にしか見えない」「めっちゃ似てる」 霜降り明星せいや、オリンピック開会式に“ガチのそっくりさん”を発見する